« LE CHOCOLAT DE H | TOP | 芦屋山手菓子工房 »

November 26, 2005

「 高雄にて 」

先週より風邪もちょっぴりマシになった私。
今週は高雄に紅葉を見に行きました。

本当は嵐山観光をするつもりでしたが、あまりの人ごみの多さに吐き気がし・・(先週は風邪で吐き気がしました!)

ちょうど駅前に高雄行のバスが運良く止まってたので、阪急嵐山駅から往復1000円のチケットを購入し、いざ高雄山へ。

高雄パークウェイに行くまでの道がかなり渋滞しており、約60分のプチバス旅行。
あー・・奇跡的に座れて良かった。。

高雄山に来たのは今回が初めてなのですが、結構標高ありますね。
所々山肌が紅葉しており、眼下には保津川がキレイに流れていました。
きっと今日の保津川下りはキレイだった事でしょう(物凄い混み様だったと思いますが・・)

そうこうするうちに終点に到着。
さすが、嵐山からバスで1時間程かかるだけあって、適度な人混み具合でホっ。
さっき見た嵐山の光景はなんだったのか・・・と思うくらい。

早速、神護寺にお参り。

神護寺は、真言宗の山寺らしく、高野山の説明などがされてました(高野山が真言宗の総本山であるため)。
元は、和気清麻呂が建てた愛宕五坊のひとつだったものの、824年に河内の神護寺と併合されて神護国祚真言寺になったそうです。

さて、神護寺に向かう坂の途中に、硯石亭という御茶屋さんがありました。

観光地にしては良心的な価格で、見晴らしもいいですしオススメです!
(私はこの場所にあると知らずに、違う所で微妙な昼食を終えたのですが・・・)

それにしても、神護寺まで結構な石段が続きます。
足腰弱い方にはちょっとキツイかもしれません・・・(鞍馬寺よりはちょっとマシですが)

見所は、一番奥にある金堂に安置されている国宝の薬師如来像。

仏像に詳しくないので、この部分が素晴らしい!!という風な評論は出来ないのですが、仏像を見ていて共通する事は、心が落ち着き安らかな気持ちになる所です。
若い頃は、お寺や神社、それこそ仏像巡りなんて退屈だしおもしろくないと思ってたのですが、年を重ねると変わるものですね。

さて、紅葉を見ながら更に奥にすすむと、周囲の山を一望出来る展望スペースが広がり、その断崖より小さな焼き物のお皿を投げる「かわらけ投げ」(2枚100円)が出来ます。
このかわらけ投げをする事によって厄払いが出来るらしく、ここ最近トラブル続きな私は早速試す事に。。

なんて事はない、普通の皿投げのような感じです。
あまりうまく飛ばせず、逆にストレス溜まりました(苦笑)
というか、このみんなバンバン投げまくってるお皿・・どうするんだろ・・・
土で出来たお皿=自然に帰るとはいえ、谷底にたくさん落ちているのを想像するとなんとも不思議な気持ちになりました。
と、とにかく、そんな事より、どうかうまく厄払い出来てますように・・(祈)

今年も暖冬だった為に、あまりキレイな紅葉は見れない・・という噂を聞いてましたが、今週がまさに見頃だったようでまずまずキレイでした!!

帰りのバスは残念ながら立ちっぱなしでしたが、なかなか楽しかったです。
下界におりて思った事・・やっぱ嵐山、人多すぎ。。

クラっとなりました(苦笑)さすが観光地・・。

by terumi : November 26, 2005 09:00 PM

Please your comment !




COOCKIE