« April 2006 | TOP | June 2006 »

May 31, 2006

「 MAPLE 」

スイスホテル南海大阪の1Fに入っている「グルメブティック・メープル」

いつも帰宅途中に中をチラっと覗くとすさまじい行列が出来ているのでそんなにおいしいの?と興味津々だったのですが、どうやら6時以降はパン・ケーキ・生菓子が全て50%オフになるそうな。。

今まで何度も前通ってたのにそんな事、全然知りませんでした。
そりゃ混雑するよね。

という事で、私も50%の魅力にとらわれ購入しましたホールケーキ!

名前は忘れたのですが、説明の所に「ホワイトチョコと抹茶をブレンドしたムースの中にオレンジピールをきかせたババロアをサンド」みたいな内容のものを買ってみました。

本来ならばもっと並んでるであろうケーキも時間が遅すぎたせいか、店内のパンはすっからかん、カフェオレ味のプチシューが積み上げられたケーキか、このケーキか選択肢はたったの2つだったわけであります。

コーヒーが飲めないので有無を言わさずこの抹茶っぽいケーキに決定。
関係ないけど、ここって南海サウスタワーホテル時代からMAPLEって名前なんですけど、スイスホテルに変わってからこちらのショップもスイス風になったのでしょうか?そこが気になる!
実はこのスイスホテル。あの世界で超有名ならっふるズホテルチェーンのホテルなのであります。しかも日本進出初とか!!いやでも期待が高まるのも仕方ないというか・・・

待ちに待ったケーキ入刀。

あれ?なんかムースが思ったより重い!?ような・・・

一口食べて全てを悟りました。濃い・・・濃すぎる。。

ムースというよりホワイトチョコと抹茶をブレンドしたチョコクリームが80%を占めてます。さすがの私もこの濃度の濃さにはビックリです。間には酸味がきいたオレンジ味のババロアっぽいものがサンドされてましたが、うーん。。。かなり濃すぎです。

おいしいよりも濃い!

ちょっぴり食べるならいいかも・・・でもワンカットでさえ厳しすぎるよ。。

そんなケーキ。といっても半額だから損をした気分にもならない。
次回は違うケーキに挑戦してみようかな。。

by terumi : 05:57 PM

May 30, 2006

「 咲くらでランチ 」

咲くら

阪急グランドビル27F
TEL:06-6315-7780

OFFICIAL SITE


阪急32番街「咲くら」にてランチ。
駅近&眺め良しのこのお店は、夕食時にとっても重宝してたのですが、ランチは初めて!

お昼に来てもやはり景色は最高。もちろん夜景の方が綺麗ですが。。。

ラッキーな事にガラス張りの窓際に案内してもらえました。

定食だけのランチだと思ってたのですが、3種類の中から定食のおかずを決めて、その他の副菜は全てバイキング形式。これには驚きました。バイキングは全ておばんざい。煮物がたくさん並んでおり、どれも結構おいしかったです~!!

ご飯も食べ放題&食後のコーヒーも飲み放題のなんともお得な1000円。価格もとっても良心的!

ちなみに私はお刺身定食にしました。刺身は・・うーん、いまいちでした。
おばんざいの方がはるかにおいしかった!!
他には焼き魚に天ぷら、煮魚がありましたが、出来れば焼き魚がベストかと・・

なかなかランチとしてもおすすめです♪

by terumi : 05:57 PM

May 27, 2006

「 あれから2年 」

散歩がてら中ノ島のバラ園に行って来ました。

今年は寒かったせいか、普段ならGWに一番美しいバラが今なお綺麗な姿で残ってました。

超ビル街にあるので、なんだか変な感じですが、これはこれでとても綺麗。
ちなみに、私は長居植物公園のバラ園が一番好き♪

そういえば2年前、買ったばかりの一眼レフをひっさげてバラをたくさん撮ったような(PHOTOGRAPH参照)。

あれから2年・・早いもんです。

by terumi : 11:16 PM

May 22, 2006

「 サラリーマン川柳 」

先輩のススメで冗談半分で出しちゃったサラリーマン川柳

今年に入り、100位以内に入選してた事が判明!

そして先日・・・サラリーマン川柳のランキング発表を見てみると・・・

まさかのまさか!!

ベスト10には入ってなかったものの、かなーり上位にランクインで自分でもビックリ!

え!?上位にランクインしたから何かもらえたんじゃないかって?

そこんとこ、私も知りたかったんです。
いつも朝のニュースでも流れるこの”サラ川”。

このランクインで私が得たモノ。

・「ただいま句戦中」という微妙に笑えるマウスパッド
・微妙どころか全然笑えないくらいのしつこい保険勧誘

いや~勉強になりました。

ほんと、、、世の中うまく出来てるもんです。。
保険のお姉さん、とってもいい人だったんだけど・・・
まくのに大変でした(号泣)

お姉さん、あなたのお役に立てなくてゴメンナサイ!!

by terumi : 05:47 PM

May 20, 2006

「 もつ鍋初体験レポ 」

蟻月

東心斎橋1-13-7FlagsBldg
TEL:06-6243-0656

OFFICIAL SITE

久々に同僚と飲み会。
「もつ鍋が食いてぇ~」という強い要望から、関東ではかなり有名らしい「蟻月」をセレクト。なにやら芸能人もよく来るとか・・・(関東の店舗には)??
関西の他のもつ鍋屋も調べてみたんですけど、その中でダントツ外観がオシャレだったのが蟻月。さすが芸能人御用達・・・

それにしても。。実は私・・・もつ鍋生まれて初めてなんすけど。

とりあえず、どんな味かも想像出来ないんで、色んな人の「蟻月」感想、ネットで検索しました。
そこで気になる記事発見。

「やっぱり蟻月うまいです!しかし次のお店選びに困るほど体がニンニク臭くなります。」

え!?そんなにニンニク臭くなるの?と思い、とりあえずどうでもいい服でいざ突撃。

店に入った瞬間から強烈なニンニク臭です。
これが言ってた噂のニンニクね~と思いながら白と赤(九州では赤が主流とか)をオーダー。

生まれて初めてのもつの感想は・・・

うまい~~!!!

ネットでの「蟻月」感想では、白味噌がうまいという意見の方が多かったのですが、白はどちらかというとコッテリとんこつって感じで、赤味噌はさっぱりしょうゆでおいしいです~
どちらもおいしいんだけど、私としてはちょっと白はコッテリすぎるかなぁ・・・

まぁ、どちらもうまい事には変わりないです。

約3時間、もつ鍋で盛り上がりました。いやー楽しかった。

また来よーゼ♪とルンルンでお店を出たのですが・・・

確かに臭い!ニンニク臭い!!!

2次会で使うお店選びに困るというお気持ち、ヒジョーによくわかりました。。

それにしても半端じゃないよ、この匂い。
電車の中で周囲に迷惑かけちゃうよ。

ごめんなさいーと肩身の狭い思いでちっこくなりながら帰宅。

家族から「くさい~」と非難GOGOでした。

うん、確かに臭すぎだよ。

カバンも臭くなりますって他の人のブログに書いてあったけど、コレ間違い。

カバンどころか、カバンの中身までニンニク臭です・・・が正解。

携帯までニンニクとは参りました。

カバン、財布、ポーチ、全てにファブリーズしすぎてファブリーズが一気になくなりました。
恐るべしニンニクパワー。しばらくニンニクは食べたくないかも・・・

そんなもつ鍋初体験。おいしいけど、もうニンニク臭にはコリゴリ~

by terumi : 08:47 AM

May 17, 2006

「 柳月 」

会社でお取りよせスイーツしてみました。

北海道物産展でもおなじみ”柳月

六花亭と並ぶほど有名なお菓子やさんとか・・・お恥ずかしい話、全然知りませんでした。

キッカケはバームクーヘン大好きな友人へのプレゼントを選んでいる時に発見!
おいしいバームクーヘンを探そうと、たくさんのブログをチェックしたのですが、結構バームクーヘンの種類ってあるんですねー
ビックリビックリ!!!

一番おいしいバームクーヘンを!!と張り切りまくり調べた所、ツウを唸らせるという幻のドイツ「ラビーン」のバームクーヘンを入手出来るとわかったのですが・・・

どうやらドイツから空輸になるらしく、送料がユーロ!ありえねぇ~
今回は時間がなかったので諦めました。

ちなみにバームクーヘンツウのブロガーが推薦していたバームクーヘンは
・クラブハリエ
・パティスリーMIYAMOTO
・がじゅまるの樹
・柳月の三方六

他にもたくさんあったけど忘れちゃいました。

そんな訳で、どれにしようか悩んだのですが、(北海道物産展を除き)すぐには手に入らない三方六をプレゼントしようとセレクトする事に。んでもってそのついでに他のスイーツもお友達とお取りよせしちゃいました。

取り寄せしたものは、三方六、きなこ大豆、ボンヌ、スイートロードの4点。

やっぱりプレゼントするからには試食しとかなきゃーと思ったのですが(言い訳ですが)、これがめちゃうま!!!
モンドセレクションだけあるわ~と友人とパクパク。
白樺をイメージした白と黒のマーブルチョコがかかっているバームクーヘン。

安いのに、うっすらかかったチョココーティングに、中は決して安物とは言わせないくらいしっとりやわらか上品な味。これはおいし~!!!久々のヒットです♪

他の商品もおいしかったけど、ダントツ三方六。
スイートロードもおいしかった。これは本当においしかった・・・。
濃厚な生チョコのケーキなんだけど、意外とあっさりしててGOOD。
サンドされてるカステラ生地が、パサついてなくていいです。

どちらも超オススメです!お取りよせは送料がかかるから物産展で是非是非♪

by terumi : 10:37 PM

May 13, 2006

「 あぁ悲しき第三セクター 」

前々からちょっと気になっていたATC近くにある”なにわの海の時空館”に行って来ました。

なぜ気になっていたかというと、建築物のデザイン美に惹かれたから。

存在はなんとなく知ってたのですが、以前はそこまで気にならなかったものの、去年WTCの展望台に夜のぼってみた際、ちょうどこの建物が見えたのですが・・・

この半円ドームが透明に光ってるんです!!!

メタリックな建物だとばかり思っていたので驚きました。
近づくとわかるのですが、ほぼ透明のドームなのです。

これは見に行かないと!!という事で、行って来ました時空館。

ATCから徒歩7分くらい海に向かうと到着。駅から歩かないといけないのでちょっぴり不便かな。

ドームだけあるのではなく、最初は打ちっぱなしのオシャレな美術館のような建物が入り口です。目の前にはお目当ての大きなドームがそびえたってます。そこでなんかよくわかんない通行手形?みたいなコインをもらい入場します。

エレベーターで地下に下りると・・・

怪しい光を放ったブルーのトンネルがあります。このトンネルは実は海の中に作られたもの。明り取り?として作られた天井の窓からは海の水面が見えます。

なかなかオシャレかも?

トンネルのエスカレーターを上がるとドームである時空館の入り口です。

客よりスタッフの方が目立つというくらい人っこ一人いません。なんともさみしー施設です。おかげでスタッフの人は皆とても愛想良く、ウェルカムと言わんばかりに笑顔で丁寧な説明をしてくれました。。

施設は4Fまであるのですが、真ん中は吹き抜けになっています。4Fといってもワンフロアの高さから高いので4Fといっても普通の施設の何倍もの高さです。

残念ながら雨でしたが、全てガラス張りなので目の前に広がる海を心おきなく堪能出来ます。

もちろん単なるガラスではなくたぶん特殊効果が施されてるガラスなので、透明だからといって暑いと感じる事はありませんでした。さすがです!

中はほとんど博物館のようになっています。

海の時空館と名前がついてるだけあって、海に関する歴史や知識などが盛りだくさん。
きっと普通の人が来ても・・楽しくないと思います・・(毒舌でごめんなさーい)

ただ、入場料600円と格安に加え、人ごみとは無縁、実は景色が綺麗という点では結構穴場かもしれません(ただ、ほんとにこういうのに興味がない人はただただ暇をもてあそぶ事でしょう)

私はもちろん楽しめました。
まぁ、ボーっとしてても景色がいいですからね~

おもしろかったのは、海の上で時間を計る道具「ノクターン」の使い方とか、大航海時代の船の中身がどうなってるか、また水兵の生活などがわかりやすいパネル絵で展示されており、これはおもしろかったです。今までそんな事考えた事なかったですからね~。今でこそ、クルージングなんてセレブなイメージがありますが、昔は冷蔵庫さえない時代ですからね。凄いですよー!保存がきかないので、食料とする牛や鶏は船の中で飼われてたそうです。もちろん飼育係りもいます。食べる時に・・・という事です。ある意味、鮮度は100%マックスですが、あまりの生々しさにビビってしまいました。。

順路としては4Fから下に順番に下りてくるのですが、最後のフィナーレを飾ってくれるのがドーム真ん中にドドーンと飾られた菱垣廻船の復元船。

とにかく”凄い”の一言です。

実はこの復元船にたどり着くまでに、この船の設計から作成に至るまでのパネル説明があったのですが、それを見ているだけになんとも複雑な気持ちになりました。これにかかった時間と経費は相当なものかと思われます。船を見学する際、さらに驚きの説明が!この船は平成11年にこの南港を試験運転しているのですが・・・(これは展示場の中でもビデオ映像で流れてました)この試験運転をした直後にそのままこの南港に入港させ、上からスッポリこの時空館を建設したそうです。つまり、もう二度と運行する事はないという事です。展示するためだけの船という事だったのでしょうか?誰や~!!こんなアホな事考えたやつ~と最後の最後にちょっと腹立ちました。なぜなら、この施設は個人ではなく、ご存知の通り大阪市の第三セクターなんですよね~呆れてモノが言えません。。。これだけ立派な船をなんのために建設したのか・・何考えてるのかわかりません~

帰宅してからHPをチェックしたのですが、平成元年に市制100周年記念事業として建設が決定されたらしく、それから実に11年の歳月をかけてこの船が作られたのかと思うとゾっとしました。。これほど無駄な行為はあるでしょうか・・(汗)これが満員御礼ならいいのですが、スタッフの方が多いです!というか、客数って指折り数えるくらいしかいなかったし・・

経費の無駄を考えるとなんとも悲しくなってしまいました。。国民が汗水垂らして働いたお金なんですから、もう少しお金の使い方、考えて欲しいものです。

といいつつ、施設はまずまず個人的には気に入ったので、次は是非とも夜に来てみたいと思いました。こういう博物館が好きな方にはゆっくり出来ますし、お勧めです。

by terumi : 12:17 AM

May 06, 2006

「 奈良にて 」

奈良県立美術館で開催されているスコットランド国立美術館展に行ってきました。

こちらの奈良県立美術館。。

幼い頃、よく美術館好きの両親に連れられ訪れたらしいのですが・・・

全く記憶になし(苦笑)

しかしながら、きっと幼い頃に見た物・感じた事は潜在意識として後々自分の人生に影響を与える事になるような気もするので、両親に感謝しないといけないかもしれません。

さて、全く記憶になかった奈良県立美術館なのですが、「え!?これが奈良の美術館?」といった具合。
なんだか公民館のようなつくりにビックリ。。

ここ最近行っていた美術館は、

京都市美術館国立国際美術館(シーザー・ぺリ設計)和歌山近代美術館(黒川紀章設計)天保山ミュージアム(安藤忠雄設計)、兵庫県立美術館(安藤忠雄設計)

等々。。

確かに新しいものがほとんどなので、古い奈良県立美術館と比較するのは間違いかもしれないけれど・・・ちょっぴし驚きました。

中も比較的普通でしたが(私、何様!?(笑))、予想以上の広さプラス絵をじっくり見すぎたせいか気付くと昼食も食べずに2時間近くも美術館にいました。

さて美術館展なのですが、フランス印象画がほとんどだったものの、それぞれの画家の作風が出ておもしろかったです。

いわずと知れたモネやルノアールの作品も展示してましたが、3~4点と少なくこちらはちょっと不満。。(苦笑)

チケットの絵にもなっているヒュー・キャメロンの「画家の娘」は、本当に愛らしくてかわいかったです。

振り返ってみてインスピレーションがわくほどのコレ!という作品はなかったのですが、やはり大好きなモネの「積み藁、雪の効果」の柔らかな色合いと、今までの作風とはちょっと違ったギュスターヴ・クールベの「峡谷の川」のブルーの美しいみずみずしさが素敵でした。

  

勉強不足ゆえあまり知らない画家の作品もありましたが、作品数も多く楽しめました。

次はシャガール展に行きたいなぁ。。

by terumi : 02:09 PM

May 05, 2006

「 FMラジオ 」

ここ最近、FMラジオにハマってます。

今までは好きな曲をヘビーローテでかけながら、部屋でのパソコンライフを楽しんでいたのですが、ここ最近どうもマンネリ化。。

そこで目をつけたのがFMラジオ。

FMラジオというと、以前はSundayServerを毎日のように聞いていたのですが、それと平行して聞いてるのが1.FMの「Chillout Lounge」。

アンビエント系大好きな人にはオススメでーす!

by terumi : 03:33 PM

May 03, 2006

「 淡路プチ旅行 」

早朝から淡路島に行ってきました。

予想通り、GW後半第一日目というだけあって、大渋滞~
7時半過ぎには大阪を出発したものの、淡路に着いたのはななんと11時過ぎ(苦笑)

早速、以前花博の会場でもあって淡路夢舞台に行きました。

道は大渋滞だったものの、夢舞台は人も少なく、強い日差しと混雑している食事処を覗いては快適に園内を見学出来ました。とにかくちょうど来た季節が良かったのが色んな花が満開~特に色とりどりのチューリップやデイジーの絨毯にうっとり~

 

その後、現在エーゲ海フラワーショーが催されている奇跡の星の植物園へ。
美しいバラから珍しい植物まで、ちょうどいい大きさの植物園でとっても満足。


植物園を堪能し、お次は安藤忠雄建築の展望テラスを抜け(シンプルで洗練された感じ。ここから見渡す海がステキ♪)、山の斜面に沿って作られた百段苑という箱型の花壇へ。

それにしてもかなり広い園内。
ウェスティンホテルをバックに、海が見渡せる絶好のロケーションの夢舞台に、奇跡の星の植物園の入園料を含め800円とはかなりお手頃。かなりオススメです!!次はウェスティンホテルに泊まって夜景も見てみたいものです。
まだまだじっくり見る場所はあるものの、時間が押している為、次の行程に。

夢舞台のレストランはあまりにも混雑していたので、あえて避けて以前淡路旅行で訪れた「もへいじ」目指して渋滞の道を走ること1時間ほど・・・
3時にしてようやく昼食。ここに来たからにはコレっしょ!という事で、以前にも食べた「麦とろ定食:950円」。

前は気付かなかったのですが、さぬきうどんのお店だったようです。
麦ごはんは独特の食感にトロロとおだしが絡み合い今まで食べた事がない味で絶妙、一緒についているうどんも結構コシがあり、おいしかったです~

麺処もへいじ:洲本市下加茂2-502-5

満腹にもなった事だし、改めて島の最南端を目指す事に。

うず潮でおなじみの鳴門海峡~
この最南端の所に道の駅・うずしおがあり、お土産を買うもよし、散歩して遠くからうず潮を見るのも良しで、大きな鳴門海峡大橋を目の前に観光にはもってこいのスポットでした。
迫力を求める方は、もちろんうず潮クルーズをオススメします!
ちなみに以前、淡路島を訪れた時したクルージング「ヘリオス」は、小型の船で間近でうず潮が見れてとっても良かったです。

晴れていたおかげで、対岸の四国はもちろんの事、大阪や和歌山も見渡す事が出来たのですが・・・黄砂の影響か、まっ黄色のモヤがかかってるんですよ~これには驚きました。。黄砂には有害物質も多く含まれていると言われるだけあって怖くなりました。

最後は夕日を見るために慶野松原に。

時間のせいかそんなに混雑はしていないものの、多数のキャンプ客がテントを張り、バーベキューのおいしそうな匂いが海岸に漂ってました。

2.5キロにも及ぶ海岸沿いの松林。ここは何度訪れてもステキな場所です。
ぞれにしても夕日が沈む瞬間なんて最後に見たのはいつかな?というくらい久しぶり。
たまにはこういうゆっくりした時間の使い方をしてもいいかもしれません。

最後は、淡路牛で超有名なレストラン「ビーフランド大公」にて夕食タイム。

7時過ぎに到着したのですが、お昼にチラっと(といっても3時くらいに)見た時には、店外まで行列が出来ていたのですが、運良く店内で待つことが出来、”そんなに待ち時間かからないんじゃないの~ラッキ~”と思ってたのは大きな間違いでした。

数々の雑誌にも掲載されるほどの有名店に加え、予約は一切不可能、その上回転率が悪い・・とは事前に聞いていたのですがここまで遅いとは・・・

前に4組ほど待っていたのですが、気付いたら1時間半以上も待ってました。。ほんと良く待ったものです(苦笑)
9時閉店なのですが、9時で切り上げられたらどうしようかと冷や冷やしておりましたが、なんとかそこは大丈夫だったようでセーフ。

それにしてもこのお店・・これだけ大繁盛&混雑してるにもかかわらず、常に入り口でお客を案内するのもお勘定するのも全て同じ女性ただ1人。

途中から、まさか1人でこれだけの店舗をまわしてるとか??と思うと、恐れ入ると同時に回転率悪すぎるのは当然と呆れるやら・・

しかもこの女性、赤ちゃんをおんぶして仕事してるんですよ~
もう根性としか言い様がありません。。。

ようやく9時過ぎに席についたのですが、中にはもう1人、この女性の母親とおぼしき人物がオーダーを取っていたのでややホっとしたのですが、どうやら家族経営のレストランのようで、このGWの大繁盛の時期に80~100の席数をたった4名ほどでよく切り盛りできるなぁ~と関心しました。普段はわかりませんが、ありえない光景です。。

さて、気を取り直して。。

マイナーながらも知る人ぞ知る実は高級で美味な淡路牛のステーキセットですが、お肉の部位や質によってランクが分けられており、値段も2000円~10000円とピンキリ。手軽に楽しめる価格の定食もあるという事で、これにはとても助かりました。

遅めの昼食のせいで、そこまで空腹になってなかったせいか、2000円の和食ステーキセットをオーダー。

どうでもいい部分のお肉らしいですが、これはこれでおいしかったです。しかも結構なボリュームで、これで2000円はかなりリーゾナブルだと思います!しかも石焼プレートなので最後までアツアツ。お肉の下にひかれている淡路名産のあまい玉ねぎがとってもおいしかったです。

お勘定の時、思わずおかみさんに「大変ですね・・」と言ってしまったところ、「これから洗いモノが大変なんです。夜中の3時くらいまでかかるもんで・・」と苦笑い。確かに、トイレに続く廊下には山積みにされた食器類があったような。。いやはやお疲れ様です。

そんなこんなで帰りは明石海峡大橋のライトアップを見ながら終了。

とても充実した1日でした。

橋の通行料はやや高めですが、意外と見所満載の淡路島。
プチ旅行にはおすすめの場所です~

by terumi : 12:29 AM