« June 2006 | TOP | August 2006 »

July 29, 2006

「 ホテルでセレブ気分 」

最近、なんだか楽しくない。

疲れが溜まっているのか、どうもテンションが上がらない。

という事で、こんな暗い気持ちで毎日を送っていると腐ってしまう~と思い、
気分転換にホテルでゆっくり休日を過ごす事にしてみました。

ホテルを選ぶにあたってどうしても譲れなかった条件が

・関西から行きやすい場所
・リゾートホテル
・景色が良い
・温泉がある

の4点。この4点が全てマッチしていたのが琵琶湖ホテル

大阪から1時間内で行けてアクセスもJR一本でOK。
駅からちょっと遠いけど、徒歩で行ける綺麗なリゾートホテル(徒歩8分)
しかも目の前は琵琶湖のレイクビューかつ温泉付、加えてお値段も結構リーゾナブル。
窓の外にはミシガンが!!

もちろん欠点もあります。

隣にシネコンやちょっとしたレストランは数軒あるのですが、
スーパー等の施設は一切なし(ただしホテルから徒歩10分の場所に西友あり)
それ以外は、一切何もない場所。夜になると真っ暗な所でちょっと不便。

予約をする前、もちろん口コミもチェックしたのですが、
とても良いという感想が多く、迷わずここに決定。
フロントの対応が悪い等の書き込みもありましたが、一切そんな事はありませんでした。

そして驚いたのが温泉。

ルームキーはカードなのですが、大浴場にはこのカードキーがないと中に入れない
仕組みになってます。つまりこのカードを持った人=宿泊客しか利用出来ないので、
そこまで混雑しておらず、なんとも快適なバスタイム!
しかも、内装はかなり新しくモダンで清潔感があり、脱衣場にあるジュースの自動販売機は、
無料で利用出来るというサービスっぷり!!

部屋に戻ると窓から琵琶湖の花噴水が。

食事はさすがに外で済ませたのですが、ベランダで花噴水を見ながら
お酒を飲んで楽しんだりと、ちょっと贅沢な時間を過ごすにはもってこいなホテルです。

たまにはこういう週末もいいかもしれません。

by terumi : 06:06 PM

July 23, 2006

「 きらめく夜景とともに 」

創作居酒屋 風 ~foo~

モザイク前・エコールマリン18F
TEL:078-360-5321

INFOMATION


モザイク近くにある18階建て最上階にある居酒屋さん。

学生時代、ハーバーランドが大好きで毎週のように1Fに入っているフランフランによく足を運びました。

その際、こちらのビルの最上階(カラオケ、バー、そしてこちらの創作居酒屋)にも来ましたが、こちらのお店には来た事がありませんでした。というかたぶん眼中になかったのかも、、、、

さすが18Fだけあって眺望はいいです。

目の前にそびえたつ高層ビルもないので、モザイクガーデンの夜景を夕食とともに堪能出来ます。

値段も普通の居酒屋と変わらずで、神戸名物であるそばめしがとても美味でした。
なんだか普通のそばめしと違って、なんだか牛スジの煮込みが入ってたような??気のせい?

満腹だったせいか、あまり食べれなかったのですが、お酒を飲みながら景色を見ているだけでも楽しめます。オススメ!

by terumi : 12:39 PM

「 初上陸 」


チケットを頂いたので行ってきました小磯記念美術館での「石坂春生展」。

小磯美術館は神戸の埋立地”六甲アイランド”内になるんですが、
実は六甲アイランドを訪れるのは生まれて初!
想像以上の埋立地(海に浮かぶ孤島のよう)にやや驚きながらも、
それ以上にビックリしたのが六甲ライナー電車内の瞬間くもりガラス。

普通に走っている時にいきなりくもるんです!その一瞬の変わりように
最初は見間違いかとコントのように目をこすってしまいました。

このガラス。

太陽の日差しに反射して、日よけ代わりにくもりガラスになってると
思ってたのですが、どうやらそうではないようです。アイランド在住
の先輩に聞いた所、建物が密集している為、ライナー沿いのマンション内が
丸見えになってしまうらしく、プライバシーの配慮とか。なるほどねーと思いながらも、
瞬間にくもるしくみについてはわかりませんでした。

さて、小磯記念美術館では、小磯良平氏の作品も数点展示されており、
大雑把なタッチの中にも繊細なものを感じる独特の作風を心おきなく堪能しました。
独特のタ普段、美術館で好んで見る作品は、どれも海外画家のものが多く
こうした日本画家の作品には滅多に触れ合う事がないのでいい機会になりました。

そしてメインの石坂春生展はというと・・・

うーん、、なんていうか私には理解出来ないというか。

年代に分けてタッチも違うのですが、こちらのチケットにも印字されていた
独特の少女がモチーフとなった作品ははっきり言って不気味でした(--;)

だってかなり大きなキャンバスに、このフランス人形みたいな女性
(しかもどれも同じ顔)の絵がズラーっと並んでいるんですよ・・・
閉館後とか怖そう・・(勝手な意見)

好みは人それぞれなんでなんとも言えませんけど、これはこれで
とても良い勉強になりました!

それにしてもやっぱり美術館は落ち着くから好きです。

by terumi : 08:47 AM

July 21, 2006

「 OL買い 」

ここ最近忙しかったせいか、バーゲン時期なのに全く覗いてなかったデパートメント。

ちょっと頼まれ物で帰宅途中に寄ってみると・・・所々で70%オフの文字が!!

70%・・・この文字を見るとなぜか血が騒ぐ私。
いてもたってもいられなくて、ショップに飛び込む事1時間。。

ちなみに、、毎回だったら毎日でもデパートに通い詰めて吟味しながら、いかに良い品物を安く買うかをモットーにショッピングするものの、今年は色々あったせいで買物する気力も沸かず今まであまり買物をしてなかったせいで大変な事に!

なんていうか、ダムの放流みたいな感じ(相変わらずアホな私)

止めどなく溢れる購買スイッチが作動し、もう誰にも止められない世界。。

いや、確かに思い返せば買物をしてないというのはありえないのです。ただ、ちょこちょこ購入してるせいか、”買った実感”がないとあまり買物をしてない妄想にとらわれ、ドカーンと使っちゃってもいいんじゃないの~?みたいな強気になっちゃう性格らしく。。いけませんねぇー・・・

という事で、なぜかラックごと買い占めようかしら・・というくらいの勢いに乗り、片っ端から試着しまくるしまくる・・・次から次へと洋服が運ばれ、着せ替え人形ごとく試着室で活動する私。

これと、これと、これと~あっそれも全部下さい。

とマイケルジャクソンの買物風景のごとくポンポン商品を置いていく。

いつもなら無愛想な店員もこの時ばかりは満面の笑顔。

あぁ~なんて買物って楽しいんだろう~幸せ~

と一人で思いながらお会計の額を見てビックリ。
70%といえどもやりすぎた・・・・と思った時には後の祭り。

半分顔を引きつらせながら帰宅した私でしたー(苦笑)

みなさん、お買物は計画的に♪

by terumi : 12:43 PM

July 18, 2006

「 久々の再会 」

北堀江のギャラリーマイナスケイプスで開催されているイラストレーター・チバサトコちゃんの個展に行ってきました。

透明のドアを開けるとそこはアートの世界。
たくさんの作品がシンプルなアトリエに並んでいてそれだけでワクワク感マックス♪

ドキドキしながら2Fに続く階段を上ると、そこにはサトコちゃんが!


久しぶり~元気~??とドキドキしながら再会を喜ぶ私。


思い返せば実に2年ぶりの再会。
2年前と変わらずサトコちゃんは元気いっぱいのキューティーガールでした☆

展示会は、ingectar-eサンとのコラボでサトコちゃんのイラストを楽しみながらingectar-eさんのイラストも楽しめるというまさに一石二鳥状態!

キャッチコピー通り”ポップでキュート”な作品がい~っぱい。
ほわわんとしていて幸せな気分になりました。
しかも、テーマが「植物園」という事で、自分達でその木を加工して額装したとか!!
こんな細かい部分までテーマとリンクしてるなんてさすがだなぁ・・・と関心してしまいました。(カメラ持って行ったくせにいきなり死んでしまったせいであまりいい写真が撮れなくて残念。)

お次は、1F奥で個展をされていたBOTCHサンコーナーへ。

ビビッドカラーが超クールなパンク&メルヘン世界。
ご兄妹で制作というなんともアーティスティックなご家族で羨ましい限り。
兄方デザイナー”だ”サンがちょうどギャラリーにいたので色々トーク。
やっぱりデザイナーの視点は違うわ~と色んな所から感激しまくり!!

その後夕食をともにしたのですが、他業界の方々の話を聞くのは死ぬほどおもしろい!
興味のある世界だから余計おもしろい。
売れっ子デザイナーの話や某テレビ局のお仕事話は、普段の生活ではなかなか聞けないもの。本当にありがとうございました!!

それにしても、夢を追いかけて確実にステップアップしているサトコちゃん。
それに比べヤル気はあるものの、なかなか行動に移せない私・・・あぁ情けない。。
そうは言っても無常に時は過ぎ去るもの。
今回の個展で得たたくさんの刺激を今後の活動に生かせるようがんばりたいものです。

by terumi : 12:14 AM

July 17, 2006

「 かわいいベイビー 」

3連休はやっぱり楽チン。

今日は友人Tちゃんが赤ちゃんを連れて我が家に遊びに来ました!
この前会った時は、確か・・・3ヶ月目くらいだったような。
確か、あの時はまだ首がすわってなかったから、恐る恐るだっこしたなぁ。。

まさに7ヶ月真っ只中のT君。
もう首もすわってお目目も見えるようになったせいか、じぃーっとこちらを
見て時たまニコっとしてくれる。
やっぱり赤ちゃんってかわいー♪♪

それにしてもママって大変!

食事をする間もないってこの事か~と納得。

たった4時間しか一緒にいなかったけど、育児の大変さがよくわかりました。

そして思った事。

子供が小さい間、育児しながら共働きなんて絶対ムリー!!!

by terumi : 05:34 PM

July 16, 2006

「 祇園祭 」

祇園祭に行きた~い、という友人Mちゃんの願いを叶えるべく行ってきました京都!

祇園祭とは京都の三大祭りの1つで名前はモチロン知っていたのですが、行った事はないし、周囲に行った人も少ないし・・・せっかく行くのだから調べなきゃ~と前日徹夜の勢いでネットサーフィンしたものの、結局よくわからず。。。要は、それはそれは歴史あるお祭りで、1日で理解しようというのが間違いである事に気付きました。

祇園祭とは長門鉾(山車のような感じ)に乗るお稚児さん発表から実に2ヶ月程もかけて行われるいわば歴史的な行事のようなもの(だと私個人は思うのですが)。しかもこのお稚児さんに選ばれた人は大変とか。。祭りのスケジュール優先はもちろんの事、着物の新調、行事後の宴会費用から参加者のハイヤー&謝礼代を負担しなければならないという、非常に経済的な負担が大きいという事がわかりました(祭りの事を調べたつもりが気付くとお稚児さんのページばかり見てた(苦笑))着物は仕方ないにしろハイヤー代や宴会費までとはねぇ・・・と他人事ながらちょっと同情。

そんなどうでもいい知識だけを身に付けいざ京都へ。

すでに京都は人でいーっぱい。明日が本番で今日は宵山という事で、知人に聞いた所、宵山が一番人手が多いとか。

とりあえず昼食を・・という事で、烏丸でおいしいと評判の味禅というお蕎麦屋さんへ。
からみ大根のおろし蕎麦をオーダーしたのですが、細麺かつコシがあり、めちゃくちゃおいしいっ!!そしてこのからみ大根が、めちゃくちゃツンとした辛さでうま~い!!烏丸の事を「からすまる」と呼んでたMちゃんも大満足。

満腹になったとこで、烏丸から河原町までとぼとぼと歩くものの、人が多すぎて全く進まない!山鉾が所々に設置されており、見学してる人も多数いたりで混雑極まりなし!ちなみにこの山鉾。どうやらお店で何か購入したら上に乗れたりするそうです。ただし、山鉾によっては女性は登れない所もありますので要注意を(祭りは女人禁制の世界なのであります)

山鉾には、それはそれは見事な刺繍が施された織物がかけられており一見の価値あり!

宵山は夜が盛り上がる(という風に誰かから聞いた)らしいので、それまで清水寺を参拝する事に。

いつ来ても観光気分になれる清水寺。

人は多かったものの、緑に囲まれた清水の舞台でいるとなんだかとっても落ち着きました。あぁやっぱり京都はいい。

2人で必死に願掛けをしていると突然雨がー!!!

こういう時に限って屋根が少ない場所なんですよね。ほんとツイてない。

蒸し暑いは大雨は降るはで悲惨な参拝に。。

河原町に戻ってきた頃にはクタクタになっちまった私達は、そのまま吸い込まれるように電車に乗り帰路についたのでした。

え?祇園祭はって??それは・・・一応雰囲気だけ味わえたって事で(苦笑)

by terumi : 05:33 PM

July 12, 2006

「 かなり昔の作品ですが・・ 」

ISOLA 多重人格少女 [DVD]ISOLA 多重人格少女 [DVD]
貴志祐介

PI,ASM/角川書店 2001-01-26
売り上げランキング : 77248
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

GYAOにてホラー映画「ISOLA多重人格少女」鑑賞。

テレビも見なくなった今日この頃、映画なんて実に何ヶ月ぶりでしょう??

こちらの作品は、学生時代に原作を読み、気になってはいたものの、見よう見ようと思っていて知らない間にスルーしてた作品。というと、もうかれこれ5年以上前の映画という事になります。

そういやエンディングロールの主演女優に「黒澤優(新人)」と書いてありました。
その黒澤優も今やSOPHIAヴォーカルの妻になり、そして1男1女のママになり・・・
知らない間に刻々と時間が流れてます状態。。。
そっちの方が私にとっちゃホラーなんですけど・・・

さてホラー映画と言ってる割には全然ホラー映画じゃないです。
ホラー大好き人間にとっちゃ、これホラーちゃうやん~てな作品です。

舞台は阪神大震災後の神戸。
被災地で心のケアボランティアとして活動するテレパスの由香里(木村)は、ひょんな事から多重人格者の女子高生・千尋(黒澤)と出会う。
幼少時期に悲惨な事故にまきこまれたせいで13もの多重人格者となってしまった千尋。
12の人格は悲しい過去から守る為に作られたものだったのだが、13番目は怨霊で人を殺してしまう恐ろしい人格だった。

というお話。

まず、、、

原作を先に読んだ私としては、自分が思い描いていたキャスティングと全く違ったので正直ガックシでした。
しかも、原作を読んだからこそわかる内容が多々あり、映画のみの人にとってはかなり薄っぺらく感じられたのではないでしょうか?(というか理解し辛いと思う)
あの文庫本の内容を1時間30分に収めるのは、かなり無理があったようです。
本当に原作を読んだ私としては、ありえないくらい浅ーい内容でこちらもガックシ。
原作はもっと緻密でキャストの心理描写も細かく、バックグラウンドがはっきりしてておもしろい。
なので断然原作本がオススメ!映画はオススメ出来ません。

by terumi : 09:23 PM

July 02, 2006

「 嵐山 」

三室戸寺で見た蓮のつぼみが気になり、気分転換に蓮を見に行きました。

去年訪れた台湾で生の蓮を見ましたが、日本で見るのは何年ぶりだろう・・・

アジアンカフェ等で拝見した事はありますが、こうやって池に咲く蓮は滅多に見た事がないような。。

母に「蓮は早朝に咲く花だからお昼に行っても見れないんじゃないの~」と言われましたが、
バッチシ咲いてました。(ただし、半分くたびれ気味)

なんか思ってた蓮と違うんですけど。だいいち池を柵で囲ってるのがなんだか嫌。

綺麗な蓮の写真撮れないじゃん!!と文句を言いつつズームで撮影。

やっぱり仕上がりはイマイチ。

どうにかならないかなーと池を一周してみましたが、どうにもなりませんでした。

天龍寺の中にあるだろう・・という事で入ってみたのですが・・・

一切ナシ。

仕方ないので、天龍寺のお堂とお庭を散歩して終了。

なんだか不完全燃焼なのでもう少し嵐山観光をする事に。

こちら京福電気鉄道内の嵐山駅ホーム。

なんとここでは150円の入場料で足湯が楽しめちゃうんです。
しかもタオル付でなんとも良心的♪

駅のホームでまったり足湯。気持ち良くて思わず寝てしまいそうになりました。

こういう嵐山の楽しみ方もたまにはいいかもしれません。
次回はサイクリングで訪れたいものです。


by terumi : 12:13 AM

July 01, 2006

「 旅立ち 」

同僚のNKCがサンフランシスコに赴任する事になり関空にて見送り。

彼は本当にいいヤツだった。

同僚であり、旅行仲間であり、グループ内ではムードメーカーかつ潤滑油のような存在だった彼。

関西人じゃないくせに、関西人を唸らせるほどハイレベルなギャグセンスを備え、
数回に渡る第三者からのオカマで愛車のレガシィがワゴンじゃなくなるくらい変形しても、
常に笑顔を忘れなかったNKC。

大切な同僚が世界で活躍するという嬉しさ半分と、
そんな大切な同僚が遠い所に行ってしまうという寂しさ半分と、

ちょっとばかし複雑な気持ち。

しかしながら、こんな大きなチャンスは滅多にないし、彼には是非ともがんばって欲しい。

NKCが帰任するまで、私も負けずにがんばろっと。

by terumi : 11:48 PM