« January 2007 | TOP | March 2007 »

February 25, 2007

「 高級家具に囲まれながらホっと一息 」

IXY CAFE

大阪市中央区南船場4-2-4
TEL:06-6253-3450

INFOMATION

心斎橋のブランド通りにある「カッシーナ・イクスシー」。

イタリアのインテリアデザイナー・ピエロ・リッソーニ氏によるモダンな内装デザインに、
完成度の高いシンプルかつハイセンスな高級家具が揃うインテリアショップ。

その中に併設されているカフェでなんとピエールのマカロンが楽しめるという。

早速、フールセックを添えたスタッフおすすめの「本日のマカロン」2種と
ティー(もしくはカフェ)がセットになったマカロン・ティーセットをオーダー。

マカロンを選べられないのが悲しい所だが、贅沢は言ってられない。

今日のマカロンはバニラとチョコらしい。

それにしても、ショールームのような落ち着いた空間で飲む紅茶は格別においしい。

アールグレイの上品な香りに、エルメのなんとも言えないマカロンの食感。
言葉で言い表せないほどの幸福感が口いっぱいに広がる。

こんなアフターファイブもたまにはいいかもしれない。

by terumi : 03:37 PM

February 23, 2007

「 チーズ大好き!? 」

SAUCE・POT

心斎橋筋1-5-31 心斎橋ラ・シーンビルB1
TEL:06-6244-6106

INFOMATION

グル友OLのIちゃんとチーズフォンデュIN心斎橋。

チーズ大好きな私達。
去年の暮れからチーズフォンデュを食べに行こうと2人で大盛り上がり。

でも・・・なかなかチーズフォンデュがおいしい店がわからない。

調べたものの、これがあまりないんですよね、、、チーズフォンデュ専門店。

とりあえず、こちらのお店からせめていこうということで行ってまいりました。

予約をしたものの、お店の中はガラガラ。
大丈夫かな・・?と2人で心配しながら入店。

チーズというと、臭いがあるせいか苦手な人もいるはず。
こちらのお店は、チーズフォンデュを専門に扱っているだけにお店の中から臭います。
チーズ嫌いな人には厳しいお店かも・・(最初から行かないとは思いますが)

早速チーズフォンデュをオーダー。

事前にチーズフォンデュを調べてみると、エメンタルチーズやグリュイエルチーズなどを
白ワインで煮込んだソースを使ってるんですね。
白ワインがベースになっているので食べ過ぎると酔っ払うとか。

えぇ~ウソでしょう??と冗談半分でまずはブロッコリにからめて食べてみると・・

これが以前食べたオクロックのチーズフォンデュとは全く違う味!

あまりの空席ぶりに焦りましたが、フォンデュソースは私が予想していた
チーズの質感でお味もなかなかおいしく満足といった所でしょうか。

今度はパン生地につけて食べてみたのですが・・・

ブロッコリの時には感じなかった強烈なワインの味が!

食べ過ぎると酔っ払うというのはオーバーかもしれませんが、
体の芯から熱くなるというか、その表現もあながちウソではなかったなと実感。

かなりワイン効いてます!

ただ、チーズフォンデュ・・

おいしいのですが、同じ味ばかりが続くせいか最後は飽きてしまうのが難点。

それ以外は、あまり混雑していないのでゆっくり食事を楽しめますし、
チーズ好きな人にはもってこいなお店だと思います!

by terumi : 02:14 PM

February 18, 2007

「 衝撃マカロン 」

東京NO1スイーツで有名なPIERRE HERMEのマカロン。

マカロンは、はっきり言って好きではなかった私・・・

見かけはとってもかわいらしいけど、とっても甘い!ひたすら甘い!!

そういうイメージを180度変えてくれたのがピエールエルメのマカロン。

さすが東京NO1。

先日青山に行った際、せっかくなので本店に連れて行ってもらった。

店先に並ぶマカロンは、バレンタインデーという事もあり、
単品売りは残念ながらしておらず3個セットのチョコマカロンを見る事に。

それにしても、マカロン3個で1000円だなんて・・・

かなりの強気価格の設定に一瞬ひるんだものの、
東京でしか買えないというプレミア感が更に私の購買意欲をかきたてた。

とりあえず、試しで購入してみよう!

という事で、バレンタイン特別仕様?の3個セットを購入。
関係ないけれど、ショップのバックが木の葉の切り抜きデザインで超キュート!

これが・・・ビックリするくらいおいしかった。

さくっとした歯ざわりの次にしっとりした感触。
最後は中に挟んでいる適度なやわらかさのチョコレートが口いっぱいに広がる。

こんなにマカロンっておいしかったの?

決して甘くない。

まるで高級なチョコサンドを食べているかのよう・・・

以前食べたマカロンは、なんだか甘くて硬いクッキーのようなイメージだった。

このマカロンは・・・まるでマジックのようなマカロン。

マカロンは、ある意味食感が命なのだと初めて気づいた。

みながおいしいというピエール・エルメのマカロン。

確かに納得!恐れ入りました。

by terumi : 02:54 PM

February 17, 2007

「 ハンドケア 」

寝る前にハンドクリームをたっぷり塗ってベッドイン。
これが私の日課になりつつある今日この頃。

ここ最近、外泊が続きでハンドケアをしてなかったせいか、
知らない間に手の甲がカサカサになってしまっていてショック!

今日は午後からゆっくりネイルケアに勤しみました。

お気に入りのクリームは、友人NPより頂いたウィリアムズソノマのハンドバーム。

以前までずっとクリエイティブセンセーションのローションだったのですが、
こちらのハンドバームはもっちりとしていて、就寝中に肌にじっくり浸透する感じ。

ちなみに奥に小さくうつってるのは、先日勢いで購入したLUSHのマッサージバー”華”。

マッサージバーなので開封後の保管方法をどうするかが悩みの種なのですが・・

爽やかな柑橘系の香りで癒されます。

さて、効果はいかほどなのでしょう??楽しみです。

by terumi : 01:42 PM

February 16, 2007

「 表参道カフェ 」

LOTUS

渋谷区神宮前4-6-8
TEL:03-5772-6077

INFOMATION

こちらも連れて行ってもらった表参道ヒルズ近くにあるカフェ”LOTUS”

まず店内に入ると、オシャレなグッズがお出迎え。

案内されたのは地下席。

ショッキングピンクの壁と柔らかな白熱球の灯りがマッチし、
まったり空間を演出していて素敵。

ちょっとしたオシャレな隠れ家に来ているような気持ちになれるカフェ。

なんだか変わったティーがあったので挑戦してみました、ドライフルーツティー!

透明ポットに入った紅茶の上にはドライフルーツがたんまりと。
見かけ普通の紅茶なのに、カップに注ぐとピンク色に!
あまりの美しい色と香りにうっとり~

はてさてお味は・・・

す、すっぱーい!!!!!

よく紅茶を飲みますが、あまり砂糖は入れない派。
なので今回もストレートで飲んだのですが、ストレートはあまりオススメ出来ないかも。

このティーと一緒についてくるのが蜂蜜。
お砂糖じゃないんです。これって何か特別な蜂蜜なのかな?

それを入れて飲んでみると・・なんともマイルドな味に大変身!

なかなか美味なフレーバーティーでした。

ケーキももちろんおいしく、時間を気にせずゆっくり楽しめました。

やっぱりカフェっていいなぁ~

by terumi : 12:13 PM

February 15, 2007

「 六本木休日のレストラン 」

1830

東京都港区赤坂9-6-28アルベルゴ乃木坂
TEL:03-3402-1831

INFOMATION

関東に行って思った事。

オフィス街だからか、ほとんどのお店は休日オフだという事が判明。

関西ではありえない~!!

そんな中で発見したお店がこちらのPIZZERIA”1830”

中では本格的な窯でピザが焼かれてました。

あまりの大きさにビックリしてしまい、私はパスタランチにしてしまったのですが・・・

カニのショートパスタだったのですが、カニのうまみが存分に出ててなかなかGOOD。

いい感じの雰囲気のレストランでした~

by terumi : 11:59 AM

February 14, 2007

「 バスタイム 」

出張中、ビジネスホテルに泊まる時の必須アイテム入浴剤。

シャワー後にひとっ風呂は面倒だけど、なぜか湯船につかるとホっとする。

今一番お気に入りの入浴剤はTHE BODY SHOPのバス&シャワージェルMANGO。

甘いマンゴーの香りがバスルームに漂い、更にお肌はツルツルに♪

狭すぎるバスタブだと辛いけど、1日の疲れがスっと取れてオススメです。

by terumi : 09:46 AM

February 12, 2007

「 久々トーキョー 」

先月六本木に出来たばかりの国立新美術館に行ってきました~

メンバーはというと、、、、

ケンタっち、マリリン、アイちゃんサトコちゃんオノトモさんのクリエイター集団。

行きたい行きたいと思ってたスポットなのでかなり感激!

黒川紀章デザインの美術館。

建物は全面ガラス張りの波のようなうねりが美しいフォルム。
まるで大きな波動エネルギーが伝わってきそうなくらいの迫力。

中に入ると4Fまでの吹き抜けスペース。
窓からは惜しみなく太陽光が降り注ぎ、まるでファッションビルのような空間。

ここ最近、安藤忠雄設計の美術館ばかりに行ってたせいか、
各所に設けられているエスカレーターやバリアフリー対応に関心。

安藤忠雄さんは大好きな建築家ですが、いまいち機能性に欠ける美術館も多かったりで・・

美術館は、チケットを購入しなくても入ることが可能!
ギャラリーは、倉庫のような扉がついていてなんだかユニークでした。

美術館の楽しみ方はいろいろあると思います。

絵画鑑賞はもちろんのこと・・
美術館のパンフレットを見たり、カフェでまったりしたり。

この美術館の素敵な所は、窓際のベンチ!
これがなんとも素敵なんですよね~

そして更に美術館内に併設されている図書館が凄い!!

たくさんのデザイン書がわんさか~!

一般のものからレアなものまで結構な種類の本が用意されてました。

クリエイター魂がくすぐられる本がたくさんあったせいか興奮しちゃいました。

アイちゃんが一言。

「1日いても飽きないよね~」

ほんとにその通り!!今度は時間のある時にじっくり来たいなぁと思いました。

その後、場所を移動して青山~表参道に。

ここも来たい場所だったので、連れて来てもらったみんなに感謝!

絶対1人じゃ来れないよ・・こんなところ・・・

都会の空気を思う存分堪能。

田舎モノ丸出しでお恥ずかしいのですが、表参道ヒルズも無事見学出来て大満足。

ここは、安藤忠雄さんの設計なんですね。

真ん中が吹き抜けでゆるやかな坂のスロープになっている両サイドに店舗が立ち並ぶスタイル。

この建物は、シンプルでオシャレでかつショッピングもしやすかったように思います。

そんな感じで盛りだくさんな東京観光が終了。

みなさん、貴重なオフの日に相手してもらってごめんなさい。

2年前に一度会ったきりだったけど、まるで昨日会ったかのような和気藹々とした感覚。

あの頃は・・
まるで青春の1ページと呼べるくらいWEBデザインやHPにハマってたなぁ・・・
と懐かしく思いました。

みんなと久々に会って、あの時の情熱が戻ってきそうな感じ!

とってもとっても楽しい1日をありがとうございました。

また関西来る時は遠慮なく声をかけてネ☆

by terumi : 10:23 AM

February 10, 2007

「 都会の中の静観な美術館 」

大阪市立美術館に行ってきました。

天王寺駅から徒歩3分ほどの場所にあるこちらの図書館。

まわりには天王寺動物園があり、周りに緑も多いからか、全く天王寺っぽさを感じさせない。

その昔、住友家の本邸があった所で、庭園とともに大阪市に寄贈されたものだとか・・・

重厚な建物の中は豪華絢爛な大理石のタイル。

常設展のみだったので、ほとんど閲覧する人はナシ・・

知らない画家の絵画がほとんどでしたが、昔の仏像や書状など普段目にしない物も多々あり、
ゆっくりじっくり楽しみながら鑑賞出来ました。

館外には大きな日本庭園もあり、いつもと違った形で楽しめ、
和と洋がミックスされた素敵な美術館だなぁと思いました!

by terumi : 02:36 PM

「 カウンターでおいしいおでんを 」

たこ梅

新梅田食道街1F
TEL:06-6311-3309

INFOMATION

以前から行ってみたかったおでん専門店「たこ梅」に行ってきました~。

休日なのにカウンターは満席。さすが人気店!!

しかしながら回転が早いおかげですんなり入店。

かなり窮屈な場所ですが、味は折り紙つき。

今HP見たのですが、相当長い歴史があるんですね。ビックリしました。

かなり種類が豊富で、色々楽しめました。

一番好きなのはやっぱり聖護院の大根かなぁ・・・

とても大きな大根に、しみ込んだだし汁といいホタホタ感といい大満足!

おでんとは関係ないですが、カウンターの中で会計をしていたお兄さん。

なかなか見ごたえのあるそろばん捌きの指使いでした。

こちらも要チェックかも(笑)

by terumi : 09:31 AM

February 09, 2007

「 チョコをもらいました 」

先日会ったK先輩より・・・

そういえば、昨日出会った時に驚いたのが先輩の手荷物の量。

両手いっぱいにショッピングバックを持っていたK先輩。

あまりの多さに”きっと観光客であろう・・”と、
真横にいたのに3分間先輩である事に気づかなかった私。。

実は会社で配るバレンタインデーチョコを購入していたらしく、
知らない間に両手いっぱいの荷物になっていたという。

「私って、女性男性に関わらず貢ぐのが本当に好きなのよねぇ~」

先輩がはにかんで言った。

「これ、あげる~」

と早速私にも下さったのがこちらのチョコ。

ロイスのポテトチップスチョコと京都差野松原「手鞠ショコラ」。

おぉーなんてオリエンタルなグラフィック!
思わずパッケージをしげしげと見てしまう私。

「このチョコ、あなたの好きそうなデザインだなーって思ってビジュアルで選んだの」

さすが、先輩・・・思い切りストライクゾーンです~~!!!

帰宅してから中を見てビックリ!

手鞠ショコラと書いてあるけれども・・繊細で美しい手鞠がズラリ。

外も和風なら、中も和風モダンテイストに。

なかなか芸術度の高いチョコレートでした。

なんだか食べるのがもったいないので当分飾っておく事にします。

先輩、どうもありがとうございました♪

by terumi : 01:12 PM

February 08, 2007

「 濃密な時間 」

オクロック三番街店

阪急三番街北館B2
TEL:06-6374-6078

INFOMATION

去年の暮れ6年ぶりに劇的な再会を果たした、学生時代のバイト先で知り合ったK先輩と夕食。

予想以上に仕事が長引いてしまい、時間変更をお願いするため慌ててコール。

連絡先の番号を押す・・・どうやら職場の直通電話のよう。

実はK先輩・・携帯を持ってないのだ。かなり痛手。

「○○株式会社の○○です。お世話になっております。K様いらっしゃいますでしょうか?」

「少々お待ち下さい。」

「すみません、先輩・・遅れそうなんですけど・・1時間ずらしてもらえませんか?」

「お世話になります。例の件、了承致しました。それではどうぞよろしくお願い致します。」

とまるで不倫カップルのような怪しい会話を繰り広げ電話終了。

まぁ、お互い同性だったから良かったけれども、一体他の人とはどうしてるのだろうか?
ちょっと気になる。そして想像すると笑っちゃう!!

そんな感じで無事再会。ぶらぶら歩きながら目の前にあったオクロックへ。

ジェノベーゼパスタとチーズフォンデュなど。

チーズフォンデュはおいしかったものの、なんだか想像と違った感じ。

「もしかしてチーズフォンデュってチーズが固まらないしくみですか?」

変な質問をされたK先輩は、キョトンとした顔でこちらを見ていた。

考えてみれば・・確かにチョコフォンデュでないのに固まるはずがないか・・(苦笑)

ジェノベーゼパスタは、程よいアルデンテにバジルとガーリックが効いて美味でした~

突然のお誘いかつ短い時間でしたが、相変わらず濃い時間を過ごせました。

いつも会って思う事は、たった2ヶ月のド短期バイトだったのに、
よく今まで交流が続くなぁという事。こんな事もあるんですね。

それだけお互い衝撃的な印象を残しあったって事なのでしょうか・・(笑)

今度は1日フルで思い出話に花を咲かせましょう~!

また遊んでくださいね、先輩♪

by terumi : 09:31 AM

February 07, 2007

「 裏神社 」

「おもしろい神社がこの近くにあるらしいねんけど、行かへん??」

聞けば悪縁を断ち切り良縁を結んでくれる神社だとか・・

「えー。。なんか怖い感じするから行きたくない・・」

悪縁と聞くとどうしても人と人との悪い縁を想像したのですが、
病気や悩み事、悪い物事全ての縁を断ち切るという意味もあるらしい。

「だからさっ!せっかくだからいろんな悪事を断ち切ってもらおうよ!」

嫌がる私を尻目に、颯爽と足を進める友人。仕方なく従う事に・・・

祇園から徒歩5分ほど。
古びたラブホテル街に小さな神社がポツン。
どうやらこれが噂の縁切り神社である“安井金毘羅宮”らしい。

なんか場所からしていわくつき度満点~!!なぜにラブホテル街!?

一見普通の神社なのだが、なんだか違う。
入り口にはたくさんの縁切りを願う御札が貼られた古墳のような山が!!
真中には穴があいていて、参拝者がそこをくぐっている。

御札に願い事を書いてから前からその穴をくぐってまず悪縁を断ち切り、
さらに後ろ側からくぐって良縁を祈願するのだとか。

悩み事がなくなりますように
人間関係がうまくいきますように
今の職場から良い職場に転職出来ますように

なるほどねぇ・・そういう縁切りねぇ・・・と思ったのも束の間。

境内にある絵馬をチラっと見るとそこには恐るべし内容が!!

○○と□□が早く別れますように
○○と□□がすぐに離婚しますように

こんな内容が延々と絵馬に書かれているではありませんか・・・
見ていて気分がいい訳がありません。
逆に見てはいけないものを見てしまったと瞬時に後悔。

欲望と嫉妬が入り混じった絵馬。
嫉妬というより悪意と言った方がいいかも・・・
酷いものになると、離縁させたい夫婦の氏名から住所まで明記されててビックリ!

いくらなんでも・・・・絵馬に書く内容じゃないっしょ。。

こんな所で個人情報流出だなんてかわいそすぎる。

「怖い!この絵馬怖すぎるーもう帰ろうよー!!」

昔はこんな陰険な神社じゃなかったかもしれません。
メディアが人と人との「縁切り神社」として紹介したものだから、
こういう絵馬が多くなったのかなぁ・・と思ってみたり。

「こんな絵馬書いて祈願もクソもないやん。だいいち良縁なんて無理やろ。」

友人と2人暗い気持ちになりながら帰路につくのでありました。

by terumi : 05:31 PM

February 06, 2007

「 気づけば映画漬け・・ 」

小さな中国のお針子 [DVD]小さな中国のお針子 [DVD]
ダイ・シージエ

パンド 2003-11-07
売り上げランキング : 15219
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

知らない間にGYAO強化週間になりつつある今日この頃・・

昨夜、ヒトラーで衝撃的な映像を真夜中に見てしまったので、
今回は慎重に選びました「小さな中国のお針子」。

文明改革の最中にある1971年中国。
毛沢東により、「反革命分子」とみなされた医者の息子達が、
共産主義を称える山奥の農村に”再教育”を受けさせるために送り込まれる。
先の見えない肉体労働の日々に意気消沈していたある日、
文字が読めない村一番の美人お針子と出会う。
彼らは娘に恋をし、彼女もまた聡明な彼らに惹かれてゆく。
そして様々な文学と思想を通して切ない三角関係が描かれた物語。

最初に思った事。

映像がとても美しい。

まるで、夢の中に出てくる山水画の世界。

牧歌的な雰囲気に、アジアンテイストがふんだんに盛り込まれたセット。
山々に響くモーツァルトのヴァイオリンの音色。
2人の文学少年が語るドストエフスキーやバルザックの魅力。

全てが計算しつくされた非常に芸術センスに溢れる素晴らしい一作。

最後のシーンは、色んな思いがこみあげてきました。

フランス映画が好きな方にはもってこいな映画です。

by terumi : 12:24 AM

February 05, 2007

「 またまたGYAO 」

ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]
ベルント・アイヒンガー

日活 2006-11-10
売り上げランキング : 3278
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんだか暇だったので帰宅後GYAO。

たまたま選んだのがGYAOイチオシ「ヒトラー~最期の12日間~」

敗北色が濃くなった1945年ベルリン。
ヒトラーが自殺をするまでの最期の12日間を秘書ユンゲの視点で描かれた衝撃作。

重いーーーーーーーー!!!

重すぎるーーーーーーーーーーー!!!

暇だったから映画でも見よっかな~なんて軽い気持ちで見る映画じゃなかった。
仕事帰りにこの映画はかなりミスチョイス。しかも2時間半という超大作。
秘書ユンゲの視点からという触れ込みだったので、
独裁者ヒトラーの優しい側面でも描かれた映画かと思ってましたが、
完成度の高い戦争ドキュメンタリーでした。
ある意味最後まで手に汗握る映像・・・根性入れてきちんと見ました!

見終わると時計の針はすでに2時前。
夢にあのおぞましい手術シーンが出てきそう・・・
それくらいリアルすぎる映画でした。

それよりもリアルといえば、ブルーノ・ガンツのヒトラーでしょう。
本物を映像で見た事はありませんが、ソックリだと思ってしまいました。

熱く語る無謀な作戦展開話と、狭苦しい地下要塞でのヒステリックな叫び声が、
理想と現実、そして極限まで追い込まれたヒトラーの狂気を見事に表現していました。

それにしても戦争はやっぱり怖い。これは誰もが感じる当たり前の感覚だと思います。

でも一番怖いと思ったのが、ヒトラーを神のごとく崇めているドイツ人の忠誠心。

特にヒトラー亡き後、「反ナチス社会で子供を育てたくない」と自分の子供達を毒殺し、
自らも夫と自殺したゲッベルス夫人の行動があまりにも恐ろしすぎました。

by terumi : 12:21 AM

February 04, 2007

「 京都にて久々のおめん 」

どうしても「おめん」が食べたくなり京都へ。

なぜなら、つい最近テレビで「名代おめん」の創業者が取材されてから。

激動の時代と呼ばれた戦時中、とある事情で家族を養う為に40回以上もの
転職を繰り返した「名代おめん」創業者の品川 登美さん。
1日の食に困る事も何度もあり、道端の野菜を拾っては食べる日々も続いたとか。
あまりの辛い日々に自殺を考えた事もあったが、これは人生における試練であると
自分に言い聞かせ、その後は前向きに全てを考えたらしい。

ピンチはチャンス!と常々自分には言い聞かせてますが、これはその域を超えてしまってます。
やはり上に立つ人は考え方が違うと実感しました。その精神力の強さに感服。

以前は銀閣寺に行ったのですが、今回は鴨川近くのおめんNIPPONへ。
銀閣寺や河原町店と比べ、和モダンのシックな内装でダイニングバーといった感じ。
スイーツなんかもあったりで、ちょっと違った「おめん」の雰囲気を味わえます。

そして久々の「おめん」はやっぱりおいしかった~。

生暖かいおつゆに、しんなりした京野菜。
しょうがとネギのシャキシャキ感にゴマの風味!!

全てが絶妙なコンビネーション。

今度は自宅でチャレンジしてみたいかと思います!

by terumi : 05:33 PM

February 03, 2007

「 私の頭の中の消しゴム 」

私の頭の中の消しゴム [DVD]私の頭の中の消しゴム [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2009-07-08
売り上げランキング : 2312
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

GYAOにて前々から見たかった「私の頭の中の消しゴム」鑑賞。
主人公の2人がとっても美男美女カップルで、見ているだけでウットリ。
韓流ブームに興味がなかったせいか、韓国の俳優さんの名前はほとんど知らない私。
だってみんなよく似た名前なんやもん。覚えろという方が無理。

さて、映画の感想なのですが、期待が大きすぎたせいかイマイチでした。

お互いが出会って恋に落ちるまでの前半部分は、
甘めの音楽に軽やかに弾む展開がとても心地良くて
見ているこちらまでが幸せな気分になりとっても良かったのですが・・・

終わりに近づけば近づくほど、かなり無理のあるストーリー展開になっていき、
最後は”えー・・・ありえないでしょう”という感じで終了。
途中、心にグっとくるセリフもあっただけに非常に残念でした。

もちろんウルっとくるシーンはありましたけど(トランプシーンにグっときました)、
若年性アルツハイマー病をテーマに扱う映画としては、
少し軽すぎる内容だったのではないかなと思いました。

最後に、映画を見ていて気付いた事を少々。

挿入曲がNHK連続テレビ小説「あすか」のオープニング曲とソックリだったこと。
不倫相手への理性を失った過度の暴力シーンが相当怖かったこと。

これって大丈夫なのでしょうか??

by terumi : 11:45 PM

February 02, 2007

「 JELLY FISH 」

大学時代訪れたヒーリングバー「MOON JELLY

今でも記憶に残る苦楽園の素敵なバー。

あの頃はまだオシャレな居酒屋やダイニングバーは少なく、
ピンクのライトに照らされたクラゲの美しさに思わず感動!!

クラゲってこんなに綺麗なんだ・・・私も部屋で飼ってみたい・・・
(実質エサやり等々、水族館で生々しい飼育方法を見てからは無理だと気付きましたが)

クラゲといえば、海水浴で刺されると痛いという悪いイメージしかなかったので、
ムーンジェリーのクラゲに出会ってからは180度見方がチェンジ。

そんなある日、大阪南港にて。

薄暗いテナントからぼんやりと輝くクラゲ水槽が!!

近くに寄ってみると、クラゲだけどクラゲじゃないような・・・
よぉ~く目を凝らすとゴムのような物体がフワフワと動いている・・・

誰もいない真っ暗なテナントにインテリアクラゲ水槽が4つほど。
横にはアドレスが書かれたボードがポツン。

帰宅してから早速そのURLを入れてみると・・・
なんとそれは浮遊体アートと呼ばれるものだった事が判明。

これにはビックリ!アートインテリアだったなんて・・・
見かけは本当にクラゲそのもの。
私も目を凝らさないとわからなかったほど(心臓の有無で判明)

見かけは騙せても、あのクラゲ特有の動きはなかなか実現出来ないもの。
どのような原理で動いているのか最初は全く想像もつきませんでしたが、
どうやらHPを見ると水槽にしかけがされているようです。
これを考え付く想像力が素晴らしいですよね。デザイナーの域を越えてます。

で、部屋に1つ置いてみたい!と検索すると・・・普通タイプで10万円・・・

とてもじゃないけどまだまだクラゲは飼えそうにないようです(笑)

※写真は海遊館での本物のクラゲです。

by terumi : 08:48 AM

February 01, 2007

「 あの日を忘れない 」

今日は仕事で伊丹に行ってきました。

電車で伊丹に行くのは実に2年ぶり。あのJR福知山線脱線事故後初めての乗車。

一緒に同行していた先輩が一言。

「もうすぐ2年になるんやなぁ・・・」

事故現場を初めて通りましたが、祈りを捧げている方がいらっしゃいました。
その瞬間、あの時のニュースがフラッシュバックし、悲しい記憶が蘇りました。

夜通し行われた懸命の救助活動
親族からの問い合わせ電話の着信音が無数に鳴り響く現場
何も出来なかった、自分だけが助かってしまった・・と自責の念に駆られる少年

2005年4月25日、大勢の尊い命がこの事故によって奪われました。

今思い出してもゾっとするような酷く痛ましい事故。

今日初めて現場をリアルに見て・・・
言葉でうまく言い表せないですが、とてもショックでした。
その後JR事故が頭から離れず、なんとも言えない気持ちで1日が終了。

会社から帰宅して新聞を見ると、偶然にも事故に関するJRの意見聴取が掲載されてました。

日勤教育は必要
企業体質と事故との直接的な因果関係を否定

この事故が会社とは一切無関係と言い切っているように感じ、怒りを覚えました。
確かにミスをした運転手に対する適正な罰と教育は必要かもしれませんが、
内容の見直し、そして改善を行うべきではないでしょうか?

これからも日勤教育は続ける

従来通りの教育を実施するかは定かではありませんが、
2年前の事故の教訓が全く生かされてない見解だと非常に残念に思いました。

最後に、亡くなられた方のご冥福を改めて心よりお祈り申し上げます。

by terumi : 11:50 AM