« November 2007 | TOP | January 2008 »

December 31, 2007

「 おおみそか 」

今日は大晦日。

私の毎年の年末の過ごし方は、仕事納めをした翌日から毎日実家の大掃除を手伝い、
大晦日前日くらいからお正月用のお華を各部屋に活け、前日はおせち料理作りをします。
おせち料理は、ほとんど母が作るのですが、今思えば引越しパーティーのちょっとした料理に
うろたえた私に比べ、3日分の豪華な御節料理を1日で作ってしまう母には本当に感服です。

男性(といっても父と弟だけですが)は、大晦日前日までは大掃除を行い、大晦日に
しめ縄作りと各部屋に鏡餅をセッティングします。

1年の最後はやはり年越しそばで。

家族みんなでおそばを食べた後、こたつで紅白やテレビを楽しみながら年越しします。

12時を過ぎた頃に、とりあえずみんなで「おめでとう~」と言い合い、寝ます(笑)

今頃はおそばを食べている頃かなーなんて羨ましく思いながら、夫の友人と年越し鍋。

実は、昨夜より更に風邪が悪化していたので鍋どころではなかったのですが、
クリスマスのお誘いも断ったので、なんとしてでも行きたかったのです・・・・。

ペナンで一番高くて微妙にさびれたビル、コムターが新年を祝うためか?いつもとは違う
ライトアップがされていました。そのコムター近くのスチームボート店で鍋を楽しみました。

意識が朦朧としていたので、いつも以上に何の会話をしてるかわかりませんでしたが、
終始意味不明な微笑みでなんとか乗り切る事が出来ました・・・・

NHK紅白を見るつもりが、家に着いたのは日本時間12時半。

紅白を諦め、とりあえず実家に新年おめでとう電話をして部屋でゆっくり。

ペナンで迎える新年はどんなものかな?とワクワクしていたのですが、ちょうど日付が変わる頃に
同じマンションの部屋から「ハッピーニューイヤー」と大きな声が聞こえてきた以外は特に何も
ありませんでした。あとは小さなプライベート花火が各所でちらほらあがってる程度。たぶん、
以前住んでいたマンション周辺であるジョージタウンは凄い盛り上がりだったかもしれません。

ペナンでの新年は、日本でいうクリスマスのような感じで特に重要視されてないとの事。

やはり本番はチャイニーズニューイヤーである2月とか・・・

今年のチャイニーズニューイヤーは日本に帰国する予定なので、残念ながらその様子を
見る事は出来ませんが、なんとも新年を実感する事なく大晦日は終わったのでした・・・。

by terumi : 05:32 PM

December 30, 2007

「 幸せのシンボル 」

昨日より体調は更に悪化。
日に日に悪くなっているような気がするのですが・・・

そういえば、去年の年末も風邪を引きました。

最悪な1年のはじまりでしたが、終わりも同じく風邪で終了とは・・・

なんともツイてない私です(笑)

そんな2007年も残すところあと1日。

来年も幸多き1年になるよう、ナイトマーケットで象を買いました。

なぜ、象・・・・?と思われるかもしれませんが・・・

タイに行って以来、象のかわいさにすっかりノックアウトされてしまった私達。

象は幸せの象徴という事で、どうしても象が欲しくなったのです。

ペナンはタイと同じ東南アジアなのに、アジアン雑貨は全て割高。

タイとは陸続きなのになぜ?と疑問に思う私でした。

by terumi : 05:29 PM

December 29, 2007

「 引越しパーティー 」

今日は、我が家で引越し祝いパーティーをしました。

夫の仕事仲間の方々とのパーティーなのでかなり緊張しました(汗)
パーティーといっても小さなものですが。。しかも風邪は昨日より悪化。

なにせペナンに来てからの初めてのホームパーティー。
どういった要領で進めればいいのかわからないまま、とりあえず食べ物を用意しましたが、
どれだけ作ればいいかもわからなかったので、微妙な感じに仕上がってしまいました。

本当は、前日から用意出来るものはするつもりだったのですが、昨夜は薬を飲んですぐに
眠気が襲ってきたため、そのまま就寝してしまったのです。あぁ、、、、反省。

6時から起きて、寿司飯を作り、焼き海苔があと少しで切れてしまうので10時からJUSCOへ行き、
20人分のポテトサラダ、筑前煮、にくじゃがなどなど・・・日本食っぽいものを作りました。

一番しんどかったのが寿司飯と思いきや(これも相当しんどかったですが)、ポテトサラダ。
今までにないポテトの量に苦戦しながら、1時間かけて柔らかくなるなでボウルで混ぜました。
たかがポテトサラダに2時間もかかるなんてありえない(汗)

集合時間は午後4時。

1時間刻みで、煮物を次々と作り、ラストは巻き寿司を作って終了。

なんとか奇跡的に3時に全ての工程が終わり、無事パーティーに間に合いました。

幸い、パーティーに来て下さる皆さんはローカルフードを手土産に持って来てくれると
聞いていたので助かりました。こんなに大変だと思ってもみませんでした(笑)

テーブルは日本食とローカルフードで賑やか!かなり異様な香りが漂っています。
こちらの食事には、たくさんの香草やスパイスが使われているので特殊な匂いがします。
以前住んでいるアパートでは、毎朝ラクサやトムヤムクンの香りがしてかなり臭かったです・・・
どれもおいしいのですが、さすがに・・・毎朝あの匂いは厳しいものがあります(苦笑)

様々な香りにつつまれた我が家で、3時間ほどトークと食事を楽しんだのでした。

終わったと同時に、安堵と疲れがドっときましたが、とても楽しい1日でした。

by terumi : 05:31 PM

December 28, 2007

「 風邪っぴき 」

どうやら風邪を引いてしまったようです。最悪。

友人NPのメールで今日が会社営業日最後の日だと知った私。

もう1年経過してしまったのか・・・とお世話になった方々にメールを書き、
またまたインターネットに繋げるべくスターバックスへ。

本当に部屋にインターネットがないのは不便~(T-T)

時間がなかった為、全ての方々にメールを送れなかった事を、心からお詫び致します。

by terumi : 05:29 PM

December 27, 2007

「 インターネット 」

引越してきてから部屋にはまだ電話回線を開通させていません。

なので部屋で一切インターネットが出来ないので不便きわまりない日々を送っています(涙)

インターネットは私の貴重なライフライン・・・ある意味死活問題です。

ネットに接続したい場合は、マンションのWiFiと呼ばれるLAN回線が通っているスポットに行くか、
この回線が使えない時は、スターバックスのLAN回線を拝借してメールをチェックする毎日・・・

ここ数日、インターネットに接続していなかったので、今日久々にメールを流してみると
1400通以上に上るメールが届いており、ダウンロードするのに苦労しました(苦笑)

やはり定期的にメールはチェックすべきだと反省。
ほとんどがスパムメールなのですけどね・・・とほほ。

by terumi : 03:40 PM

December 26, 2007

「 やっぱりここはマレーシア 」

住み始めて2週間目ですが、マレーシア建築の造りの甘さに呆れる日々を送っています。

今日はふと見上げると天井のファンが・・・・・・

一瞬、見間違いであって欲しいと我が目を疑いました・・・

吊り下げられているファンの機械のコードが知らない間に露になっているではありませんか!!!

天井ファンに慣れてない上に、マレーシアの適当な国柄から以前からファンが落ちてこないか
心配しておりましたが、まさかのまさか・・・・本当に落ちてきているとは(大汗)

ありえないですよね。本当に全てが雑!

新築なのに、何から何まで大雑把な仕上がりで呆れ果ててしまいました。

特に白のトイレや浴槽。越して来た当初、最初に全て掃除したのですが、設置した際、
錆が落ちたようでその時に錆を取っていればすぐに取れただろうに、
そのまま放置されてたらしく、こすっても取れない!
浴槽も嫌ですが、トイレはもっと嫌~!!新築なのに私が掃除してない人だと勘違いされるじゃん!
みたいな・・

一生住む訳ではないのでいいのですが、これが日本で自分で建てた家なら取替えモンですよ!
壁の塗装も酷くて、きちんと塗った後に残ったつなぎ部分を綺麗に拭かなかったせいか、
白い塊がベッタリ。白い壁には、うっすら人の手の跡なんかもあったりで、
これが拭いても取れない代物なので困りました。

だからこの国の建物はすぐに老朽化が来るんですよね。
見栄えだけを優先して中身は実にカラッポ。その事実にマレーシア人は気付かないんでしょうかね・・

by terumi : 03:37 PM

December 25, 2007

「 真夏のクリスマス 」

夫の同僚の御家族と一緒にクリスマスを楽しみました。

ペナンで一番オシャレだと思うフレンチレストラン「Thirty Two」でランチ後、
我が家でささやかなワインパーティー。

以前、私がペナンに赴任した際、結婚祝いとしてワインをプレゼントして下さったのですが、
それがCHATEAU D'ISSANのMARGAUX1999年物という高級赤ワイン。
もったいないので、今日の日まで取っておきました。そして今日オープン~♪
ちなみに写真は違う安い白ワインです(笑)

ワインを知らない私が飲んでもいいのだろうか・・・と思いながら一口。
さすが年代物のワインだけあって、香りが違う~!それだけはわかりました・・・
普通の安いワインと比べて濃くて苦い味。口に入れると樽の風味が広がり後味は意外と爽やか。

まだまだ口がお子チャマなので、どうしても甘口白ワインやシャンパンの方が似合う私・・・
ワイン理解への道は険しそうです。。。滅多に飲めないワインなので良い記念になりました!

by terumi : 03:35 PM

December 24, 2007

「 タイ3日目 」

今日の旅程は9時から開園するジム・トンプソンの家。
昨日の朝は早すぎたので、今日はゆったり外のテラスで朝食バイキングを楽しみました。

8時過ぎにホテルを出て対岸まで船で行き、タクシーでジム・トンプソンの家へ。
サイアム・スクエアからほど近い、奥まった路地にあります。

ジム・トンプソンは、タイシルクを世界に広めた有名人。今もなお、タイシルクの代表として、
ジム・トンプソンブランドとして世界各国の高級ブティックなどにショップがあります。

ジム・トンプソンは、戦争でタイに兵隊として赴任したアメリカ人。
終戦後、タイシルクの美しさに着目し、たくさんのシルク製品をデザイン&作成し、成功を収めました。
と同時に、彼は建築家でもあり、このジム・トンプソンの家はタイ建築様式を用い、
自らディティールに拘って設計デザインしたとても素晴らしい邸宅でした。

9時に到着したのですが、日本語ガイドツアーが9時25分からあるという事で、
タイ人スタッフによる日本語ガイドツアーでトンプソン邸を楽しみました。

アメリカ人でありながら、アジアに興味があったようで、カンボジアや中国からアンティークの仏像を
購入したり、中には日本の伊万里焼のコレクションなんかも飾ってあり、その統一された
アジアンテイストの美しい室内デザインに思わずため息が出そうになりました。

ジム・トンプソンはその後休暇中に訪れたジャングルで消息を絶っています。
誘拐か?失踪か?ただの行方不明か?未だに謎のベールに包まれています。
そのジャングルが実はマレーシアのキャメロンハイランドだったとパンフレットで知り驚きました!
結局、この家に住んだのは消息を絶つまでのたった8年間だったと言われています。

ジム・トンプソンの家の横にはショップとカフェが併設されています。
ブランドですので、どれも高額ですが、洗練されたデザインシルクはやっぱり素敵。
思わずクッションカバーを2枚購入。物価の安いタイでは考えられない高額商品ですが、
日本人の私達にとっては、デパートで買物するような感じで決して買えない金額ではないと思います。
本店に行かなかったので品揃えの具合はわかりませんでしたが、十分だったと思います。

その後、徒歩で近くにあるMBKセンターへ。
本当はエンポリウムに行きたかったのですが、時間がなかったので仕方なく近場のMBKへ・・・
TOKYU(もしかして日本の東急デパート?)横に大きなショッピングセンターがあるのですが、
昨日訪れたパラゴンとは違い、カジュアル感漂うちょっとひなびたショッピングセンターでした。
あまりに広すぎて行きたかった雑貨店を探しきれず終了・・・下調べはやはり重要ですね(苦笑)

一度ホテルに戻ってからチェックアウトをし、空港へ。
最後の空港へのタクシーはどうやらボラれたみたいです・・・・。本当にバチが当たるぞ!!(笑)

こうしてタイ3日間の旅は幕を閉じたのでした。

ガイドブックには、タイ観光には5日は必要と書いてありましたが、まさにその通りだと思います!
ここまで楽しいとは思いませんでした。やっぱり歴史がある国はおもしろいですね。
シンガポールやマレーシアとの国民性の違いも実感出来、勉強にもなりました。
古い建造物や屋台などは日本人にとっては汚いと思う部分も多々あるかもしれませんが、
ナイトマーケットにしろマレーシアに比べて断然綺麗!ゴミが一切見当たらないんですよね。
調べてみると、タイはポイ捨て&禁煙国家で、ポイ捨ての場合罰金が科されるとか・・・・
まるでシンガポールのような制度に思わず関心してしまいました。
きっと観光に力を入れているのでしょう。

それにしても、本当にタイは楽しかったです!!
仏教の国なので、日本に通ずる部分もありますし、合掌で出迎えてくれるスタイルは好意的!
そして物が豊富。実に豊かな国だと思いました。ただ、英語が通じないのが不便でしたが・・・・

タイの元々の国名はシャム。タイ人はサイアムという発言で呼んでたそうで、
タイという国名は実は1949年からのもの。

飛行機に乗る時、ふとアユタヤ遺跡を案内してくれたガイドさんの言葉を思い出しました。

国名である「タイ」の意味は、「自由」。

活気に溢れた魅力的な国タイ・・・また機会があれば行きたいと思います。

by terumi : 03:33 PM

December 23, 2007

「 タイ2日目 」

今日はタイ出国前日に電話予約したアユタヤ日本語ツアーに参加!

ミレニアム・ヒルトンとは川を挟んで対岸にあるロイヤル・オーキッド・シェラトンで7時集合。
6時からホテルのバイキングを慌てて食べ、ヒルトン専用の船に乗って対岸へ。
それにしてもホテルのバイキングは本当に凄かった・・・さすがヒルトン!

申し込んだ際のツアーデスクの会社名は違ったのですが、どうやら参加するツアーは
パンダバスという事が判明。日本人女性が迎えに来ると言ってたのですが、日本語が堪能な
現地ガイドスタッフが迎えに来てくれました。ちなみにアユタヤ往復バス(昼食付)は1200THB。

車に乗り込んでまずはガイドさんの自己紹介。見た感じかなり若い女性の方!
日本語が堪能で、目的地に到着するまでタイの国や歴史を簡単にわかりやすく教えてくれました。

タイは農業が盛んで、バンコク以外の人はほとんど農業で生計を立てているので、
もしサラリーマンになりたければバンコクに来ないとなれない・・・とか、
大卒の初任給は月給4~5万円。高卒だと3万円になるので一人暮らしは厳しく、
家族と一緒に住まないとやっていけないとか・・・家賃は平均月1万5000円。
しかし、1万5000円は人気があるのでなかなか見つける事が出来ず、ほとんどが
2万円になるとか・・・食事は、ほとんど外食で作らない人が多い・・・などなど。

タイの歴史は実は浅く、日本の鎌倉時代にタイ王国が誕生。最初の都がスコータイ、
第二の都が今回訪れるアユタヤ。
1350年に開かれて以来、417年に渡って続いたアユタヤ王朝の都だが、長い歴史の中には、
何度もミャンマー人(旧ビルマ軍)の侵略を受け、敗北によりたくさんの仏像や財宝を奪われ、
アユタヤの痕跡を絶つべく、全ての資料、建造物に火を放たれ全てが失われた都。

まずは、アユタヤに到着する前にあるアユタヤ郊外にあるバンパイン宮殿へ。

広大な敷地の中に、様々な建物が点在。1632年アユタヤ王朝26代王が、典型的なタイ建築の
王宮を建てたのがはじまりで、一時は荒廃していたものの、ラマ4世、5世が復興。
特にラマ5世は、ヨーロッパに留学していたらしく雪が大好き。
しかしタイは常夏・・・という事で、タイで一番涼しい場所を探した所、
このバンパイン宮殿の土地が一番涼しいという事で、避暑地として愛用したとか。
昔は、陸続きではなく孤立した島になっており、船でないと来れない不便な所だった為、
体調を崩してからは一度も訪れる事は出来なかったそうです。
中にはヨーロッパらしい建物がたくさんあり、一瞬タイにいる事を忘れてしまいそうになります。

王宮は王様や王妃の寝所の他に応接室や接見所になっており、長い休暇ここで過ごす時は立派な
ヨーロッパ様式の建物に家族、留学時代の友人、愛人を招き楽しんだそうな。
昔タイ人の身長はとても低く、150センチ以下が当たり前。ラマ5世はヨーロッパに留学していたので、
栄養のある物を摂取していたらしく長身と言われてたのですが・・・それでも実は152センチ。低い・・

バンパイン宮殿の次は、ワット・ヤイ・チャイモンコンへ。

典型的なアユタヤ様式の礼拝堂や寝釈迦仏にテンションアップ!
メインの仏塔の周りには、黄色い衣装を身につけた数十体の仏があり大興奮~

実は、昔写真雑誌でこの仏様の姿を見てから是非とも見てみたいと思ってました・・・
カンボジアにあると勘違いしていただけに、タイで見れて大感激。

アユタヤにはたくさんの仏塔があります。そのほとんどがなんとお墓!
昔タイは、死んだ時に必ず仏塔に安置する習慣があり、
死ぬ前に必ず仏塔を作らないといけなかったらしいです。
それでアユタヤにたくさんの仏塔があり、遺跡となって残っています。
ただ、このヤイ・チャイモンコンはお墓ではなく1592年19代王が象にまたがって
ビルマ王(現ミャンマー)に勝利した事を記念して建てられたもの。
その証として、仏塔には階段があり中に入る事が可能。
お墓である仏塔には一切階段は取り付けられておらず、決して登ってはいけませんのでご注意を。

次は、象に乗るべくアユタヤ・エレファント・ライドへ。

タイ王朝の昔の乗り物が象。なので昔は皇族でしか象に乗る事が許されませんでした。
タイ人にとって象に乗る事は幸せの象徴。タイ人は、国家と国王を敬愛しています。
現国王のラマ9世は名君で、父親のように愛されており、現在体調を壊しているので
国民全員が心配しているとか・・・・。
タイでは、生まれた日、生まれた曜日で自分の守護仏とラッキーカラーが決まります。
なのでラッキーカラーは全部で7色あるんですよね。
その色を身につけると幸せになれると言われてます。
ラマ9世の生まれた曜日は月曜日でラッキーカラーは黄色だそうです。
バンコクにいると、たくさんのラマ9世の看板が目に入ります。
背景が黄色なのもきっとその要因でしょう。
バンコクで黄色のものを身につけている人が大勢いますが、実はそれは黄色が流行色ではなく、
ラマ9世の幸せのために、国民全員が自ら月曜日には黄色のものを身につけ、
ラマ9世の体調の回復を願っていると聞き驚きました。
タイ人の平均寿命は60歳と短く、現在国王は80歳。
もしも亡くなれば国民は泣いて悲しみ、バンコクは洪水になるでしょう・・・
とガイドさんが言っていたのが印象的でした。

さて、象さんの話に戻りますが、現在私が訪れた所は35頭の象さんがいる大型キャンプ場。
その中でオスはなんと4頭だけなんですね。ほとんどがメス!
象は妊娠すると人間と同じくたった1頭しか子供を産みませんが、なんと生むまで2年もかかるとか。
なのでメスが断然多いという理由らしいです。あとビックリしたのがエサ代!
象さんの主食は草ですが、本当は甘いものが大好き!!特に好みはさとうきびとか・・・
でもさとうきびは高いので、滅多に与えてもらえません。たかが草だと思ってたのですが、エサ代は、
子象で1日4~5万円、大人になると1日10万円もかかるらしく、ビックリ仰天ーーー!!!!!
なのでオーナーはエサ代を捻出するのに四苦八苦とか・・・・・そりゃそうですよね。
よく観光客から、なぜ象に乗るのはお金が高いのですか?と聞かれるそうなのですが、こういった
背景があったんですね・・・これほど経費がかかっているとなると、観光客相手に象乗りをさせた所で
あまり儲けになるとは考えられないような気がします。。。

さて象に乗ってみました。

はっきり言って・・・・凄い揺れ!!!!!

昔、アユタヤ王子がビルマ軍をやっつける為に象で半年かけて敵地に行ったそうなのですが、
とてもじゃないけど無理~~!!!しかも遅い!遅すぎる・・・・これで敵地なんて・・・
途中でやられるだろう・・・みたいな(汗)

でも、さすが教育されているだけあって、賢い象さんばかりで関心してしまいました。
カメラを向けると象つかいが合図を送って鼻をパオーンとしてくれます。超キュート♪

その後、象のショーを見ましたが、小さな台で逆立ちなんかしてビックリしてしまいました。
大きな体なのに、こんなに器用だったなんて・・・・それにしても本当にかわいらしいです。
思わずエサのさとうきびを購入して象さんにあげました。めっちゃ喜んで食べてたのが印象的(笑)

お次は、ワット・ロカヤ・スターへ。

草原の中に横たわる巨大寝釈迦仏。本当に何もない所に大きなブッタ像があるので驚きます!
ちなみにガイドさんイチオシの仏様。タイ人から見ると、とても美しい仏様らしい・・・・
顔がほとんど黒ずんでたので、私にとってはチャイモンコンの方が遥かに綺麗だと思うのですが・・・

お次は、ワット・プラ・シー・サンペットへ。

アユタヤで最大規模を誇った王室専用の寺院跡。アユタヤ王朝時に焼失した境内跡や、大きな
3つの仏塔が残っている。大戦中、火事でほとんど失ったものの、アユタヤの仏塔はレンガや漆喰で
出来ていた為、残ったものもあったとか・・・。
行った事はないですが、雰囲気はカンボジアのアンコールワットのような感じで大満足!
自分達で訪れるのも楽しいですが、やはりガイドさんがいると色んな知識を教えてくれるので
勉強になりました。特に私のガイドさんは背景をわかりやすく説明してくれるのでおもしろかったです。

お次はウィンハーン・プラ・モンコン・ボピットというタイ式建築の美しい礼拝堂へ。
ここでも金キラキンの仏像が拝めます・・・。

お次は観光客に一番人気のワット・プラ・マハタート。有名な木の根に覆われた仏頭がある所。
境内には、たくさん頭部がない仏像がたくさんあります。
これはアユタヤを侵略したビルマ軍によって奪われました。最初は、宗教破壊かと思ったのですが、
そうではなく頭部をビルマに持ち帰る為。
あちらの国で飾るために、頭部だけを持ち帰り、ビルマで新しい胴体を作りくっつけたそうです。
全て仏像を持ち帰りたかったものの、重いので頭部だけにしたらしく、なんだかバチあたりな光景に
しばし言葉を失ってしまいました・・・・いくらなんでもこれはちょっと・・・・

そこで頭部を取っている時に、有名な木の根に覆われた頭部の鼻が取れてしまい、
鼻の取れた仏様はいらないという事で、そのまま頭部だけ放置されたのがはじまり。

その後、長い年月を経て木の根が頭部を覆い、不思議な存在感を放っています。

なんとも優しい顔で、鼻はその後修復されたそうです。よく見るとそこだけ新しいのがわかります。
思った以上にこじんまりとした場所だったのですが、ここも行ってみたい所だったので
自分の目で実物を見れて幸せでした。

これでアユタヤツアーは終了。昼食付だったので、アユタヤ近辺のホテルでバイキングを頂きました。
かなり閑散としたホテルで大丈夫か?と思ったのですが・・・お味のほどはまずまず(苦笑)

その後、バンコク内の大きな宝石工房兼ショップに連れて行かれましたが、もちろん何も買わず。

3時半頃解散し、ひとまずホテルに。ホテルでしばし休憩してからディナーに!

本日のディナーは、バンヤンツリー51階にある創作タイ料理Saffronへ。

ワインに合うタイ・フードが売りのレストランなのですが、本日は選挙デー。なのでお酒は飲めず・・
屋内席、テラス席から選べ、テラス席をチョイス。リバーサイドもしくはダウンタウンの夜景を見ながら
ホテルタイ料理を楽しめます。どの料理もおいしかったのですが、いきなりほとんどの料理が
一気に出されたのが残念でした・・・前菜だけは最初に出てきましたが(苦笑)
ホテルなのでちょっとマイナス。
一番印象に残っているのが前菜の盛り合わせ。どれも趣向に凝っていて美味!オススメです。

ディナーが終わってからは、ショッピング!本当は昨日のナイトマーケットにもう一度行って
みたかったのですが、バンコクも残すところあと1日。せっかくなので違う所に行ってみる事に・・・・

バンコクで一番賑わいを見せるサイアム・スクエアにあるサイアム・パラゴンへ。

大きくて綺麗!世界各国の高級ブランドが勢揃えし、衣類から雑貨、レストランまで何でもアリ!
あまりの美しさにウットリ。入口には、空港のチェックイン時に通る探知機のゲートが・・・
徹底したセキュリティに驚いてしまいました・・・(汗)
KLのSriaKLCCよりは小規模かもしれませんが、品揃えの凄さにビックリしてしまいました。
4階には、高級タイ雑貨が集結したコーナーがあり、見ているだけでも楽しかったです!
閉店は10時。到着したのが9時だったので、もっと時間があれば良かったのに・・と悔やんだほど。

閉店ギリギリまでパラゴンを楽しみ帰路へ。今日は歩き疲れた1日でした。
日差しがきつかったので、日焼け止めを塗っていたにもかかわらずかなり焼けてしまいました・・・

マレーシアでいるので日焼けは慣れっ子ですけど(笑)

by terumi : 03:25 PM

December 22, 2007

「 タイ1日目 」

今日から3日間バンコク旅行。
ペナンからだと、飛行機で約1時間40分と近距離フライト。
直行便も出ているので大変便利です。

ちなみにタイを訪れるのは今回が初めて。
ペナンに住む前は、東南アジアに来た事がなかったので、タイというと
治安が悪くて食事は激辛!衛生上も悪くすぐ食中毒というイメージが強かったのですが、
ペナンである程度東南アジアに慣れていたので、カルチャーショックはほとんどありませんでした。

まず驚いたのが空港。去年9月にオープンしたスワンナプーム国際空港に着いたのですが、
あまりの大きさと美しさにビックリしてしまいました。ドイツ人建築家ヘルムート・ヤーン氏設計の
ガラス張りのターミナルは、どことなく関西国際空港の雰囲気と似ているような気がします。
総床面積が世界一の広さというだけあって大変広く、荷物を取りに行くのも一苦労しました(苦笑)

公共タクシーは、空港を出た所でタクシー乗り場にいる係員にどこに行きたいか伝えます。
タクシー乗り場には人が並んでたので混みあってるなと思ってたのですが、実はお客ではなくて
ドライバーの人達。一番先頭の人が呼び出されてようやくタクシーでドライブです。
非常に効率的でおもしろいなと思いました。マッチングなんですよね(笑)

タイ人の友人が「外人はタクシーをボラれる」と聞いていたので、やや不安だったのですが、
今回のドライバーさんは良心的で、たぶん正規ルートを走ってくれているようでした。

タイのタクシーはメーター制。特徴はカラー。ピンクや黄色やグリーンなど、普通の色ではなく、
蛍光色に近いビビッドカラー。初めてこんな色の車を見ました(笑)
車は比較的綺麗で、シンガポールやマレーシアのタクシーより断然美しく快適。
バンコク内はシンガポールやKLと同じく常に渋滞していますが、シンガポールのようにタクシーを
拾うのに苦労はしません。ただし流しのタクシーはないので必ずタクシー乗り場でつかまえましょう。
ただ、英語が通じない事がほとんどなので、出来ればホテルなどで行き先を伝えてから乗った方が
ベターです。目的地を口頭で伝えても、発音が若干違うようで伝わらない事が多かったです。

今日のホテルは、昨年オープンしたミレニアム・ヒルトン。空港からホテルまで40分くらいで、
タクシー料金は240THB。かなり安いです。新しいのでとても綺麗!エントランスの逆ツリーが素敵☆

ただ、昨年オープンしたばかりなので、ドライバーにあまり知られていなかったので苦労しました。
ヒルトンは、チャオプラヤ川沿いにあり、対岸にはロイヤル・オーキッド・シェラトンが建っています。
シェラトン側が主にバンコクの中心街になるので、橋を渡らなければいけないので空港で乗った
タクシー以外のドライバーはみんな迷って焦りました。

後で気付いたのですが、ヒルトンに宿泊される場合は無料の船がホテルから対岸まで出ているので、
タクシーでシェラトンに送ってもらってから、船でホテルに行くのがベストだと思います。
その方が断然早いですし、ドライバーのほとんどはシェラトンを知っているので好都合です。

さて、バンコクとペナンの時差は1時間。マレー半島をそのまま北上するとバンコクなのに1時間の
時差はおかしいなぁと笑ってしまいました。ちなみにバンコクの方が1時間遅くなります。

到着したのが昼過ぎ。まずはタクシーで王宮へ。
タイのタクシーで有名なのがトゥクトゥク。暑い上に排気ガスを全身に浴びそうなので
結局移動は全てタクシーでしてしまいました。一度試してみるのもいいかもしれません。

王宮着くと、いきなり門前にいるガードマンらしき人が笛を吹いて何か言ってくるではありませんか!
タイは仏教の国。王宮やお寺を参拝する時には、露出の高い服やビーチサンダル、半ズボンは禁止と
ガイドブックに書いてあったので、私は半そでGパンで参拝したのですが、おじさん曰く
夫の半ズボンがダメなので入れないと言ってきたのです。入り口を見ているとおじさんの
背後でたくさんの半ズボンの観光客が王宮に入っていくのになぜ?と思いながら、
その旨指摘すると他の係員が中で更に追い出すと一言。

その上「今日は仏陀のお祈り日なのであと10分で王宮は閉まる」と言うではないですか!
到着したのは1時頃。ガイドブックによると閉館時間は3時半なのにあと10分ってどういう事?
とあっけにとられているとおじさんが私に「地図はあるか?」と言ってきたのでとりあえず渡すと、
「かばんのチャックは必ず閉めるように。盗まれるからね。貴重品は肌身離さず・・こんな風に。」
と彼はズボンをチラっと見せ、そこに装着されたPOLICEというロゴ入りの小さなバッグを見せました。
ガードマンではなくて警察官だったのか・・・と思い、おじさんの後ろに立つライフルを持った
軍隊にビビってしまい、とりあえず入らない事にしました・・・・
夫はしきりと「この人、怪しいなぁ・・・」と言い、途中で真面目な質問はやめ無視する事に。
おじさんは「観光したいなら、今日はパレス以外にしろ。水上マーケットは観光客に人気だよ」なんて
言いながら、マップで行き方を教えてくれました・・・水上マーケットに行くつもりはありませんでしたが、
とりあえず、王宮は諦めようと思い道を歩いていると、なんとおじさんがついてくるではないですか・・・
「きちんと行けるか?」なんて言ってくるので、なんとか夫がけちらかし、とりあえずランチする事に。

タイに来ていきなりこんな事になるなんて・・・とややテンションダウン。
やっぱり外人は騙されやすいのか?なんて思いながらランチをオーダー。
ちなみにグリーンカレーにしました。グリーンカレーは生まれて初。

話は変わって、どうやらタイ人には私達が日本人だとわかるようです。

最初に空港で乗せてもらったタクシーのドライバーなんて凄かった・・・・
ちなみにドライバーさんに会ってから、私は一切話してなかったので日本語を聞いていないのに
「どこから来たんだ?」と聞かれて夫が「マレーシア」と答えると、「マレーシア人か?」と聞かれ、
そうだと伝えると「マレーシア人も日本人と良く似た動きをするんだね。」と言われました。
日本人は腰が低く、すぐに礼をするのでわかるそうです。当たっているのでビックリしてしまいました。

タクシーに乗ると、英語がなんとなく話せる人は「どこから来たの?」とか「タイには来た事ある?」
なんて聞いてきたりします。自分が日本人で初めてタイに来たなんて言わない方がいいです。
ドライバー全てがそうではないと思いますが、やはりボラれる対象にされると思うので・・・。

話は戻って、カフェの店員に本日の閉館時間と半ズボンについて聞いてみた所、着替える場所が
中にあるので半ズボンでも大丈夫だと一言。ただ、閉館時間は3時半だと思うけれども、
今日セレモニーがあるかどうかは知らないと教えてもらいました。

夫は、これみよがしにPOLICEを強調してくる所がおかしい!と言い、リトライする事に。

もう一度入り口に行くと、おじさんの姿はなく・・・安心しつつもやや不安な気持ちで中に。
すると半ズボンは止められましたが、入り口横の建物で長ズボンを貸してもらい
無事中にはいれました。おじさんのウソつきー!!!!!!いきなり騙されてしまいました!
ちなみにライフルを持った軍隊は本当に王宮の監視をしています。よっておじさんとは無関係。

ガイドブックには所要見学時間が3時間を書いてあるだけに、中は恐ろしく広い・・・
そしてきらびやか。とにかく金、金、金、金のマッキンキン!!

せっかく日本語のパンフレットをもらったのに、一度も読む事なく見学してしまったので、
何が何か一切わからず終了。インパクトは大きかったですが、どの建物も似たものばかりで、
きちんとパンフレットを読めば良かったと反省しました・・・・。

次は王宮から徒歩7分ほどで行けるワット・ポーへ。
ワットの意味はお寺。地図で見るとすぐそこなのに王宮が大きいので方角をつかむのに苦戦。
地図を見ながら位置関係を確認していると、今度は流暢な英語で若い男性が声をかけてきました。

どこに行くの?もしワット・ポーなら今日は仏陀のセレモニーの日だから3時半で閉まるよ。

見ると学生のような雰囲気。きっと外人に興味があるのだろうとすっかり騙されてしまった私は
思わず無視せず答えてしまったのです。本には5時って書いてあったけど今日は閉館したの?と・・・

すると彼は喜んでワット・ポーとは反対にあるお寺を猛烈にアピールしてきました。

いつも有料だけど今日は仏陀セレモニーの日で拝観料がタダだからたくさんの観光客がいるよ
地図は持ってるか?行き方を教えてあげるよ。どこから来たの?・・・・等々。

夫は完全無視。もう少し優しくしてあげたらいいのに~なんてこの時は思ったくらい。
それくらい信用してしまってました。今思えば恥ずかしい・・・

結局、とりあえず教えてくれた事にお礼を言ってワット・ポーに向かうことに。

途中、またまた変なおじさんが「今日ハ、ワットポー閉マッテルヨー」なんて声をかけてきました。
日本語です。やはりタイ人には日本人とわかるようですね・・・そんな綺麗な格好してなかったのになぜ?
ちなみにマレーシアでは、悲しい事に日本人に見られた事はありません・・・
たいてい中国人かシンガポーリアン・・・てかシンガポールって言っても中国人やん!みたいな・・・

ワット・ポーに到着。入口にはたくさんの観光バスが停まっており、閉館のきざしすら感じさせません。
また騙されたのか・・・・と悔しさを感じながらワット・ポーを堪能しました。
ワット・ポーは、王宮とは違ってとても小さいですが、大きな金の寝釈迦仏があり見ごたえたっぷり。

本当にこじんまりとしたお寺ですが、本堂の本尊もなかなか気品が溢れていて良かったです。

私はワット・ポーの方が好きかもしれません・・・王宮にはあまり仏様はなかったような気が・・
それとも私が見落としてるだけなのかしら・・・

その後、ホテルに一度戻ってディナーへ。部屋からは夕暮れ時のバンコクが・・

夕食は、タイシルクブランドで有名ジム・トンプソン社が経営しているサラディーン・カフェへ。
入口にはライトアップされたテラス席があり、なんだか大阪ミナミのカフェテリアのよう。

中に入ると・・・何がいけないのかわからないのですが、ややチープな感じがするレストランでした。
確かにカジュアルレストランなのですが、どことなくファミレスの雰囲気と似ているのがやや残念。

料理は、創作タイ料理といった感じで、どれもまずまずおいしかったです。
確かにカジュアルなタイ料理といった感じ。揚げ物が多かったのは気のせいでしょうか?

食後は、レストラン近くにあるバンコク最大のナイトマーケット、スアンルゥム・ナイト・バザールへ。
このナイトバザール。さすが最大というだけあって凄いです。
屋台からショッピングまでタイのナイトアミューズメントのごとく色んなものが揃ってます。

東南アジアに来た事がなければ、屋台の賑わいなんかに驚いたりしたかもしれませんが、
マレーシアに住んでいると屋台(マレーではホッカーと呼ばれる)に慣れてくるので、
屋台やマーケットの雰囲気に驚かなくなりましたが、バンコクに来て思ったのがマーケットの美しさ。
もちろん日本と比べると衛生的には問題が大アりかもしれませんが、マレーシアよりも断然綺麗。
屋根のあるステージにエキシビジョン、その前にはたくさんの席があり、大きなフードコートのよう。
マーケットは洋服から雑貨、家具から食器までたくさんのお店が所狭しと並んでいます。
この国に来て思ったのが物が豊富。ペナンではなかなかインテリア用品をゲット出来ないので、
思わずテンションが上がってしまいました・・・
ただ、現金がなかったのであまり買えず不完全燃焼(涙)
もちろんナイトマーケット内にも両替所はあるのですが、時間が遅かったようでクローズしてました・・・
お買物前には、必ず両替しておくことをオススメします・・・

とにかく!このナイトマーケットにはタイ雑貨や屋台、綺麗なレストランまで何でも揃ってます。
翌日バンコクで選挙があった為、一切アルコールが飲めないのが辛かったですが最高の夜でした。
選挙の前日~当日までは、例え選挙に関係ない旅行者であってもアルコールは厳禁。
タイ人って意外と真面目・・・と思う反面、騙す人が多いのはなぜなのかなと思ったり(苦笑)

こうしてタイ1日目の夜が更けていくのでした・・・

by terumi : 03:18 PM

December 21, 2007

「 卒業式 」

今日は学校の卒業式でした。

さて私達クラスの運命は!?「ブルースリー&シンデレラ&スノーホワイトストーリー」の行方は??

アレンジされたストーリーがこちら。

その昔、シンデレラと白雪姫は大の仲良しでした。

ある日、パーティーでシンデレラと白雪姫はブルースリーと出会い、同時に恋をしてしまいます。

ただ、ブルースリーは大層なプレイボーイでとりあえず美しいふた姫と同日デートする事に。
(だいたい、同日デートってのがありえないですよね。プレイボーイなのに抜けありすぎ(笑))

まずはシンデレラと午前中会い、午後から白雪姫と別の場所で会う予定でした。

あまりにもシンデレラとの時間を楽しみすぎたブルースリーは、慌てて白雪姫の元へ。
シンデレラには数時間で戻ってくると伝えました・・・・。

ちなみにシンデレラとのデートは映画、白雪姫とのデートはショッピング(笑)超ベタ~

白雪姫と別れ、もう一度シンデレラに会いに行ったのですが、数時間で戻ってくると
思っていたシンデレラはあまりに遅いブルース・リーにご立腹!

「胃痛が痛くて病院に行ってたんだ・・・」

という意味のわからない理由でシンデレラに許しを請います。
更にシンデレラのために花束をプレゼント!
そんなの買ってる暇があったら早く帰って来いよっ!てな話ですが、
花束ですっかりシンデレラは気分上々。

そのまま仲良くシンデレラ宅まで送ってもらい再会を約束したのでした。

さて同時に恋をしてしまったシンデレラと白雪姫。
ブルースリーの気持ちはシンデレラ一直線。

浮かれ気味の白雪姫はシンデレラに今日の出来事を電話で報告してしまいます。
胃痛で病院に行ったとばかり思っていたブルースリーがまさかの二股。。。
その事実に驚いたシンデレラはまたもや怒り、ブルースリーに電話で責め一方的に切ります。

焦ったブルースリーは、なんとか許してもらおうと何度も電話をかけるのですが、なかなか
シンデレラは出てくれません・・・・そんな中、何も知らない白雪姫からの電話・・・
ブルースリーは愛しているのはシンデレラだと伝え電話を切ります。

ショックを受けた白雪姫は、毒の入ったりんごを食べて自殺。

白雪姫には7人のBABYがいました(小人なのに子供になってるのが笑える~)

ベッドに冷たくなって横たわったお母さんの白雪姫を見てBABY達はビックリ!!

泣き叫びながら体を揺らすと白雪姫は一言「シンデレラ・・・」と言って絶命。

シンデレラと仲が良かった事を知っていた彼らは、シンデレラに殺されたと勘違いし、
母親の復讐を誓うべく、シンデレラの館に出向きます。

さて、何も知らないシンデレラ。
二股をかけられていた事に衝撃を受け、友情と愛情の板ばさみで悩んでいる所でBABY登場!

「お母さんを殺した仇を討ってやる!」

と驚く間もなく殺されてしまいます(なんてブラックな内容なんでしょう・・・)

その時、ブルースリーから電話が!

シンデレラではない声にビックリし、シンデレラを出せとBABY達に言います。

「もうシンデレラはこの世にはいない・・・ケケケ~(みたいな感じ)」

慌ててシンデレラの下に駆けつけるブルースリー。そこには無残なシンデレラの姿が・・・

彼は泣き崩れ、結局一生ロンリーライフを送ることになりましたとさ・・・

チャンチャン♪

とても子供たちには見せられない劇の内容です(苦笑)
でもなかなかコミカルに仕上がっていて安心しました~ただ、かなり長かったので時間が押してしまいましたが(苦笑)

とにもかくにも1ヶ月間、自分なりによくがんばったなと思いました。

100%理解するのは不可能でしたが、楽しかったです。

継続する事も考えたのですが、やはり主婦との両立はやや厳しいのでとりあえず終了。

まだまだ英語は話せないので、勉強は継続しなければいけませんが・・(苦笑)

by terumi : 02:50 PM

December 20, 2007

「 ナショナルホリデー 」

今日はハリラヤ・ハジという祝日。

朝からJUSCOで新居に必要な備品を買い揃えました。

JUSCOの駐車場はとても込むのでいつも早朝に行くのですが、どうやら開店時間は10時半らしく、
フライングしてしまいました・・・・。。。。
しかも店舗によってはハリラヤハジのために休業しますなんて張り紙が。

一体ハリラヤハジとは何の祝日なんでしょうね。さっぱりわかりません・・・

きっとムスリムにとって重要な祝日なんでしょうけど・・・休業はさすがに困ります。

by terumi : 02:47 PM

December 19, 2007

「 テスト週間 」

今日も朝からテスト、テスト、テスト・・・
今回、グラマーの勉強内容が難しく理解出来なかったので、テストが怖かったのですが、
なんだか意味のわからない問題で、どうやら他のみんなも質問自体が理解出来ず、
途中他のクラスメイトが先生に質問攻撃。
テストどころじゃないうるささ・・・・

テストは神聖で一切の発言は許されないという環境で育った私にとって、
なかなか理解しがたい風景でした(苦笑)

とりあえず今日でテストは終了です。あぁ嬉しい・・・・

1ヶ月、英語力がついたか?と聞かれると答えはNOかもしれませんが、
色んな国の人達と話せた事は幸せでした。
きっと今後の原動力になると信じています・・・(汗)

明日はハリラヤ・ハジという祝日で学校はお休み。

金曜日が卒業式なのですが、実はクラス対抗でみんなの前で催しをしないといけないんです・・・

私達は劇をする事になったのですが、、、かなり不安(苦笑)なにせ時間がほとんどありませんでした。

劇練習に許された授業の時間はたった3時間。限られた時間内で全てを決めなければいけませんでした。

3グループに分かれてまずは何の劇をするかディスカッション。

結局、全てのグループの意見を取り入れる事になり、劇のタイトルは

「ブルースリー&シンデレラ&スノーホワイトストーリー」

ミックスしすぎやろ・・・てな感じですが・・・・また物語が凄い(苦笑)
とてもディズニーとは無関係な内容に仕上がってしまいました・・・

さて金曜日どんな感じに仕上がるか・・・冷や冷やドキドキものです。

by terumi : 02:47 PM

December 18, 2007

「 ラストスパート 」

今日は2連続でテスト。
手ごたえはナシ。まぁいつもの事なのですが・・・。

1週間前にした中間テストに比べて明らかにグレード上がってるんですけど~(汗)
きっと現役の高校生だと、なんなく解ける問題なんでしょうけど・・・・

1ヶ月通ったものの、相変わらずついていない英語力にガックシです(苦笑)
もっと努力が必要ですね。。


業務連絡

現在、引越し先の部屋には電話回線がつながっておらず、メールを頂いてもリアルタイムで
確認出来ない日々が続いております。開通予定は来年1月中旬になる見込みで、すぐに返事が
出来ない事をお詫び申し上げます。

by terumi : 02:43 PM

December 17, 2007

「 引越しで失ったもの・・ 」

引越しでバタバタしていたせいか、大切なデジタルカメラを紛失・・・(汗)

石垣旅行の際に購入したウォータープルーフのPENTAX・OPTIOクン。

どこでも使える事から、手荒にヘビーローテしていたのでボロボロになっていましたが、
なかなか使い勝手の良いカメラで非常に残念(涙)

こちらで購入する手もあるのですが、コンセントの違いから購入しても日本で使えず。
日本帰国まで、ミニカメラはお預けなのが悲しいです・・・

あぁ、どこに行ったの~(泣)

by terumi : 02:41 PM

December 16, 2007

「 引越し翌日・・・ 」

昨日搬入した荷物のお片づけ。

場所も変われば使い勝手も変わるもの・・・・慣れるまで時間がかかりそうです。

そういえばペナンに来た当初、たくさんの怪我をしました(汗)

慣れない環境に、慣れない家事・・・・・。

早速、玄関とベランダの隅に塩を盛って厄払い。

どうか新居では怪我のない楽しい毎日が過ごせますように・・・

たくさんのご友人のご来訪、楽しみにしております!

by terumi : 02:40 PM

December 15, 2007

「 お引越し 」

朝から汗だくになりながらお引越し。

荷造りは自分達で行い、引越しはローカルの人達にお願いしました。

予定時間より30分ほど遅れて引っ越し業者到着。まぁ、ローカルで30分遅れなら優秀な方でしょう。合格。

引越しなのに現れたのは2人の英語が通じない国籍不明なおじさん。
小さな小さな台車一つで登場し、本当に大丈夫なのか?と焦ってしまいました。さすがローカル!

特に気をつけたかったのがデスクトップパソコンと食器。
わかりやすく、壊れ物には赤いテープをダンボール箱にぐるぐる巻きにしてから丁寧に説明。
箱にいくらFRAGILEと書いても、それを理解しているか定かではない為、冷や冷やさせられました。

しかも、大量の荷物を台車1つでたった2名でするなんて・・・さすがです。

13階からトラックまで、何往復もし1時間半後にとりあえず終了・・・・。

引越しは3時半からで終わったのが6時頃。

最初は、狭い島内だし、自分達だけで出来るんじゃないか?と思っていましたが大きな間違いでした。

怪しい引越し業者でしたが、プロ?に任せて正解でした。

とりあえず荷物の荷解き。食器が大変苦労しました・・・自業自得なのですが(食器ツアー参照)

所持品が壊れないか心配していましたが、どれもそういった事がなく無事終了しました!

ホっとしたら急に疲れが出てきました(笑)引越しってなかなか疲れますね。

by terumi : 02:39 PM

December 14, 2007

「 さよならジョージタウン 」

明日はついにお引越し。
数ヶ月でしたが、思い出のつまったジョージタウンも今日で最後だと思うとやや寂しい・・・。

部屋で最後の夕食を食べ、ジョージタウン周辺を散歩してみました。

今まで何度も来る機会があったのに、ほとんどと言っていいほど夜は出歩きませんでした。

こうしてみると、海は汚いですが、本当にジョージタウンは一番の繁華街というだけあって華やか!

ショッピングモールのガーニープラザや屋台、ホテル街にと・・・観光地を感じさせてくれました。

ありがとう、ジョージタウン!

by terumi : 11:03 PM

December 13, 2007

「 マクドナルドINマレーシア 」

アパートが断水で、お弁当を作れなかったのでクラスメイトとマクドナルドでランチ。

クラスメイトはイラン人男性。

実は、マレーシアに来てからマクドナルドは初めて。
というか、マクドナルドなんて大学以来ほとんど口にしていなかったので数年ぶり。

ここ最近、マクドナルドに行っていなかったので、日本のメニューがどのようなもの
だったかわかりませんが、こちらも日本のマクドナルドと同じような感じ。

小さな字のメニューを見るのに必死だったのでスマイルがあったかどうかは未確認ですが、
こちらでもマックバリューセットメニューがありました。

ひとつひとつメニューを選ぶのは面倒なので早速セットをオーダー。
フィレオフィッシュ、ポテトM、ドリンクMで300円ほど。
安い~朝マック並みの値段に驚き!!
でもマレーシアの物価から考えると決して安くはないと思います。

イラン人の友人は、マクドナルドを愛用しているだけあってオーダーもスムーズ。
なので先に座って食べてもらうようにお願いしたのですが・・・

私がオーダーする際に、わざわざ席から立って何やら話しかけてきてくれました。
どうやら支払いは自分がすると言っているようなのですが、丁重に断りました。

私は昔から、男性におごってもらう事が大の苦手。
なんだか申し訳ないというか、恐縮してしまいます・・・

さすがに上司になってきますと、断り続けるのも逆に失礼にあたるかもしれないので、
ありがたくご馳走になったりしますが、今回は同じクラスメイトという立場。

なので笑顔で普通にありがとうと気持ちだけ伝え、自分で支払ったのですが・・・・

その後、午後のクラスがはじまってからなぜか彼の元気がないのです。

彼はいきなり私に向かって、ご馳走出来なかった事を後悔していると言ってきたのです。

もちろん、後悔なんて単語を使ってませんがニュアンスはそんな感じでした。

自分から昼食を誘っておいたのに、あなたに払わせるのはおかしい。
テルミの国ではそうではないのか?
私の国では、誘った男性が女性にご馳走するのが当たり前のこと。
なのでそれが出来なかった自分はとても不幸で気分が悪い・・・。

ふ、不幸って・・・(汗)

お互い語彙力や表現力が不足しているので、そういった言葉になってしまうと思うのですが、
もしかしてこれってイラン人男性にとってはとても不名誉な事で、私に対して怒ってるとか?

・・・・・と、こちらが逆に焦ってしまいました。

なんだかそれぞれの文化の違いが引き起こした問題のようでやや緊迫・・・。

私は男性におごってもらうのが嫌いな事、そして昼食はとても楽しかった

と伝えたのですが、彼は最後まで不幸だと言い続けてました・・・・

相当怒ってるとか???

怒っているかどうかストレートに聞いてみたのですが、怒ってはいない模様。

まさかここまで気にするとは思ってませんでした。

帰り際、彼は「今度はご馳走させてくれ」と言ってましたが・・・

文化の違いを肌で感じた1日でした。

by terumi : 09:14 PM

December 12, 2007

「 断水 」

月曜日、学校から帰ってくると何やらエレベーター前に張り紙が。

どうやらタンクを修理するらしく、明日1日断水しますという連絡。

しかも、時間が朝の10時から夜の10時まで12時間。

ありえない~長い・・・長すぎる~!!!

日中は学校なので問題ないですが、さすがに夜は困りもの。

仕方なく、学校から帰宅後はデパートで過ごすしかないな・・と対処策を考えながら
帰宅してみるとまたまたエレベーターに張り紙が。

どうやらタンクの修理は、明日あさってに延びたらしく2日間断水に変更とか。

ありえない~ありえなさすぎる~という事は今日は断水ではなかったのか・・。

きっとローカルの人が突然来れなくなった・・とかそういった理由なんですよね。

ほんとに呆れてしまいます。

by terumi : 09:44 PM

December 11, 2007

「 もうすぐお引越し 」

今週末はついに引越し。

今住んでいる所は、ペナン島で一番華やかで栄えているジョージタウンという所。
窓からは海とホテルの夜景が見渡せ、大きなデパートまで徒歩3分と本当に便利。

不満は一切なかったのですが、少々狭く感じてきたので心機一転引越しする事に。

かなり前に、ペナンの不動産事情を話したかと思いますが、ペナンに来て間もない頃から
新居探しをしたのですが、1日4~5軒以上の物件を見て各オーナーから話を聞いたり。

色んな物件を見れたのでとても楽しかったのですが、やはり体力的にかなり疲れました。
しかも、どれもこれも一長一短という感じで、なかなかいい物件に巡り合えず、
今のままでもいいかなと思ったのですが、悩みに悩んだ末、結局引っ越す事にしました。

決めたのは10月末。

実は、改装中だったのですぐに入る事が出来ず今週末引越しとなりました。

一番の決め手は、部屋のコーディネートを自分達でカスタマイズ出来る事。

いくら造りが良くても、部屋の決め手はやはり家具。

オーナーが部屋を作る段階で、デザイナーに内装を依頼したケースなんかだと
カッコイイ仕上がりになっていますが(今の部屋がそうでした)、と言ってもデザイナー料も
バカになりませんから、オーナー自ら家具や内装を決める人がほとんどだと思います。

家具を選んでいいとは言われなかったので、内装の配置デザインや家具の雰囲気など、
全て指示したのですが、オーナーが選んでくれた家具はどれもこれもイマイチ。
自分達で家具を選んだものの、オーナーの提示する予算の3倍という事もあり一時は却下。

家具の他にも部屋の配置について、配線等々すでに変更出来ない部分があったりと、
最後まで交渉、交渉、交渉の連続でした。もちろん、交渉したのは全て夫ですが(苦笑)

仲介してくれた不動産業者と何度も交渉してくれた夫のおかげで、ほとんどの要求を
受け入れてくれるようになり、今回自分自身でデザインした部屋が出来上がりました!
要求を聞き入れてくれたオーナーには本当に感謝しないといけません・・・。

出来上がりは、自分達で家具や配置を選んだだけあって大変満足。

高校時代の夢は、インテリアデザイナーでした。
なので久々にインテリアに対する情熱がわいてきたり・・・・

でもなかなか難しいんですよね。

インテリア雑誌なんかを見ていると、目に入るもの全てが斬新でかっこよくて、
どれも取り入れたくなってしまうんですよね・・・特に惹かれるのがアジア。

でも、全てアジアは難しいし・・・・で、結局シンプルな内装を目指す事にしました。

途中、しんどくなってオーナー任せにしようかと何度も考えましたが、
やりがいがあってとても楽しかったです。やっぱりデザインっておもしろい!!

どんな感じに仕上がるか、今からとても楽しみです。

by terumi : 08:49 PM

December 10, 2007

「 チーズ大好き♪ 」

今日もテストで泣きそうでした。旅行明けは自業自得とは言えども辛いッス。

テストだったのであまりネタもない事から違う話題を。

私は、大のチーズ好き。

こちらのホテルでは朝食ビュッフェに必ず豊富なチーズ類が揃えられてあります。

チーズ好きとは言うものの、種類はあまり知りません。
ただ、普通のチーズが大好きなだけど、ちょっと変わったものや高級チーズは
そう多くは食べられないのですが、とにかくチーズを見ると目の色が変わってしまいます。

シンガポールのホテルに泊まった時のお話。

一人で朝食ビュッフェを食べに行ったのですが、そこで見たのはたくさんのチーズ達。
あまりに嬉しすぎて、チーズ好きの私はもちろん片っ端からチーズを試しました。

その中に、BABYBELというとてもかわいいチーズを発見!

後で調べてみると、かなり有名なチーズのようですね。
きっと日本のスーパーでも頻繁に販売されていると思うのですが、
私はそれまでそのチーズの存在に気付いていませんでした・・・

あまりのかわいさに最初チーズだと気付かなかったほど。
これもチーズなのか~と、もちろん喜んで手に取りました。

食べた方はご存知だと思いますが、セロハンを開封すると鮮やかな赤色のコーティングが!

実は私は食べ方を知りませんでした・・・・

なにせBABYBEL初体験。

あまりの鮮やかさに一瞬怯みましたが、手でツンツンしてみるとなんだか柔らかい。

海外ブランドだからオシャレなつくりにしてるんだろうな・・・と思い、
その赤コーティングのものを口に運んだのです・・・・・

口に入れるとソフトな舌触りに、中には真っ白でプレーンなチーズが。

この赤大丈夫かな・・・なーんて気にしながら二口、三口食べていたその時!!!

それはちょうどチーズの真ん中にさしかかろうとしたいた時、気づいてしまったのです。

何か目印のような突起物を・・・

も、もしかして・・・・と気付いた時には既に遅し(汗)

慌ててそっと手でその突起物を引っ張るとクルクルクルッと綺麗に
赤色のコーティングしたものがはがれたではありませんか・・・・

しばし無言

もしかして、私、今チーズ以外のものを食べたとか?

焦って口から出そうと思いましたが、時すでに遅し。

しっかり私の胃におさまってたのであります・・・・

ダッシュで部屋に戻り、BABYBELをインターネットで検索。

丁寧にも日本のウェブサイトに食べ方が載っていました。

確かにおかしいとは思ってましたが、酷い・・酷すぎる・・・

初めての人は絶対間違えますよ!!!(って私だけだと思うけど)

どうやら赤のコーティングは蝋でした。

蝋は元々木から出来ているので大丈夫だとは思いますが・・・

かなりショックだったのは言うまでもありません。。

どなたか、私と同じ体験された事ありますか?


by terumi : 07:24 PM

December 09, 2007

「 クアラルンプール2日目 」

ホテルステイの楽しみの1つが朝食。

ほとんどのホテルがビュッフェ形式になっていて、どれもこれも美味。

食べる事が大好きな私にとって、いろんな種類が食べられるビュッフェは危険がいっぱい。

自分でも驚くほど、食べる食べる食べる・・・(汗)

今までマレーシアで泊まったホテルの朝食はどれもこれもハズレなし。
しかも日本より種類が豊富で本当においしいです。

マレーは3つの文化がある事から、たいていのビュッフェには
マレー、中華、インドにたっぷりのフルーツが揃っています。
さすがに日本食はありませんが、毎回大満足!

こちらトレーダーズホテルの朝食も最高でした!

ニョニャのデザートまであったのでトライしてんいましたが、
ココナッツういろうのような感じで不思議な時味がしました。

さて、今日も午前中はKLCCでウィンドウショッピング。

ペトロナスツインタワーに是非とも登ってみたかったのですが、
日曜は登れないらしく、諦めました。。

その後、マレーシアにはKLしかないIKEAに。

実はもうすぐ引越し予定なのですが、部屋の備品がまだまだ揃っていない為、
足らないものは自分自身で調達しなければいけないのです。

日本のIKEAに行った事はありませんでしたが、KLのIKEAはそれはそれは大きく・・・
きっと日本のIKEAも立派なんでしょうね。あんなに大きいとは思いませんでした。

KLからペナンまで片道車で5時間かかるので、すぐに買い物を終わらせるつもりが
気付けば時計の針は4時を差していました。慌てて買い物を切り上げ帰路に。。。

ペナンに着いたのは9時前。ペナンブリッジを見たとたん安心してしまいました。

夕食は、家の近所にある日本食レストラン”日本屋台村”で。
実は、この日本屋台村がペナンに来て初めての日本食レストラン。

中に入ると居酒屋風の店内の真ん中には回転すしのレーンにボックス席。
ボックス席の入り口には、なぜかメニューが書かれた赤提灯がいくつも。
雰囲気は和食レストランというより昔の居酒屋チェーン店のような感じ。
ラグジュアリー感を一切感じさせないくせに、値段はそれなりにハイプライス。

ボックス席に座るとすしの醤油入れが!
なんて懐かしいの~と思い、手にとってしげしげと見ていると・・・お皿の裏面には

のぞき

と一言。これ、きっとメーカー名で”のざき”の間違いかと思われます。
それにしても酷い間違いすぎて苦笑。

さて、オーダーを取りに店員がやってきました。
ルックスは、おぎやはぎのやはぎとソックリなユニセックスな女性。

丁寧にもがんばって日本語で話しかけてくれました。なかなか教育されてますね~

何ニシマスカ?

ワン鍋焼きうどんプリーズ

ソレダケ?

え?今なんて言った?と一瞬耳を疑うような言葉が・・・
そ、それだけって・・・あまりにも素で聞かれたのでビックリしました。
おかしい。おかしすぎる。まるでコントのような唖然。。
慌ててイエスとは言いましたが、動揺を隠す事は出来ませんでした。。

誰が教えたのかわかりませんが、後になればなるほどおかしくて大爆笑してしまいました。

こうして私の初KL旅行は幕を閉じたのでした。

by terumi : 09:59 AM

December 08, 2007

「 クアラルンプール1日目 」

昨夜から訪れているクアラルンプール。

ステイ先は、マレーシアのシンボルとも呼べるツインタワーが見渡せるトレーダーズホテル

新しくてオシャレで低価格。ツインタワーは徒歩圏内と立地条件も言う事なしのオススメホテル。

クアラルンプールのガイドブック片手に、今日も1人で練り歩くぞ!とヤル気満々だった訳ですが、
想像以上の暑さと人ごみの多さにやる気ダウン・・更にショッピングの誘惑に負けとりあえずKLCCへ。

SURIA KLCCとは、ペトロナスツインタワーに隣接した大きなショッピングモール。

天井まで吹き抜けの明るく開放的なショッピングモールには、高級ブランドショップから、
マレーシアのデパートや伊勢丹、レストラン、シネコン等、ローカルにも旅行者にも人気のスポット。

久々にウィンドウショッピングを楽しみました。目の保養に最適!

マレーシアの物価は日本に比べて安いですが、やっぱり高いものは高いという事がわかりました。

今回のショッピングではこちらに来て一度も購入していない洋服だったのですが、
お目当てのブランドは、欧米ブランドだったせいか冬シーズンに突入のためセーターやコートばかり。
ペナンでは使えない、高すぎる、セールもされていない・・・と三重苦で断念する事に。

気持ちを入れ替えて、日本書籍を扱っている紀伊国屋へ。
ここではお目当ての本があったので喜んで購入。日本価格2冊で2500円のところ4200円。
やっぱり高い・・・(汗)でもなんとなくシンガポールで買うよりは安いような気はしました。
書籍は重いので、どうしても送料が高くついてしまうんでしょうね~・・・・

その後、伊勢丹にてペナンで手に入らない日本食なんかを買ってショッピング終了。

伊勢丹を歩いているとなんだかとても落ち着きました。
まるで京都の伊勢丹に来ているような感じで・・・もちろん京都の方が大きいですが。

あっという間に夕方。外に出るとペトロナスタワーが綺麗にライトアップされてました。

その後、ホテルに戻り日本の友人に電話。1ヶ月前、友人NPからこんなメールが。

12/8(土)に同期Hちゃんの送別会&忘年会をやります。
私の携帯に電話くれたら皆にはなしできるぜ!
コレクトコールで掛けてくるなよ

今日12月8日は、大切な同期の送別会なのであります。

やや緊張しながら電話を・・・

はいはい。あっお久しぶり。みんなもう集まってるよ。
ちょっとちょっと・・・興奮しすぎて声が割れて聞き取れないんだけど!(爆笑)

受話器から聞こえる馴染みある声。あまりに嬉しすぎてどうやらテンションが上がったみたい(苦笑)
退職する同期に挨拶してから、会場内にいるみんなと少しずつ会話を楽しみました。
本当に楽しかった!あっ、もちろんコレクトコールではかけてませんよ!
それにしても携帯電話にコレクトしたらどれくらい料金がかかるんだろう。考えただけで怖い・・

電話をたっぷり楽しんだ後、夫の友人夫妻とKLCCのSPRING GARDENという中華料理店で夕食。
友人というか会社の同僚の方なので、マレーシア人の旦那様とタイ人の奥様。
もちろん会話はわからないので、終始にこやかな笑顔で終わりました・・・・・
お料理はどれもこれもとてもおいしくて大満足!価格も良心的で言う事ナシ!
もちろんローカルの人達にとっては割高ですが、日本人にとっては安く感じるでしょう。

その後、夫の昔の仕事仲間だったKL在住マレーシア人の方とホテルのプールバーでお酒を。

このホテルのプールバー、かなり人気らしく2週間前から予約でいっぱいとか!!

中に入って納得。昼間はプールだった場所が、夜はムードある素敵なバーに変身!

中央のプールを挟んで奥にバーカウンター、左サイドに机席、右サイドにソファーコーナー。
限られたスペースが、フルにオシャレに活用されており、関心してしまいました。
極めつけ凄いのが、右サイドの大きなガラス張りの窓から美しいツインタワーが見える事。


それだけでも価値のあるバーと言えるでしょう。とても楽しい1日でした。

by terumi : 09:47 AM

December 07, 2007

「 嬉しい嬉しい金曜日 」

またまた待ちに待った金曜日。

今日も朝からテスト。
どうやら2週間に1度、各授業でそれぞれ大きなテストをする模様。

そこで先生にひとつ物申したい事が。

私のグラマーティーチャーは、恐ろしく訛ったタイ人。

授業の98%はヒアリング不可能で、ほぼ右から左状態な日々。

その先生が作る例文は、毎回タイっぽい人名ばかり。

お願いだからピチャっとかジューとかやめて欲しい~
最初は何の単語かわからず困りました。後に人名だとわかりビックリ!
性別がわからないので回答に悩みます。例文はケンとナンシーで十分なのでは?

だいたいピチャっとか・・・初めて見たよ(汗)

そんなテストを終え帰宅。

メールをチェックすると犬好きNPから無題のメールが2通。

開封する前から間違いなく犬関連の事だろうなと思っていたらビンゴ。
そこにはYAHOOニュースの犬の功績をたたえる内容が2つ。

さすがNP。だてに”犬狂い”ではありませんね・・・(あぁ・・怒られそう・・)
普通の記事よりもまずは犬の記事がどうしても目に入るのでしょう(笑)

その後、夜からクアラルンプールまで約5時間かけてドライブ。
途中、日本と同じくドライブインがあります。

日本にいた頃は、よく友達や家族とドライブを楽しみながら旅行をしました。

旅行の醍醐味はもちろん旅先での観光やグルメですが、それと同じくらいドライブインが大好きな私。
日本のドライブインは本当に凄いと思います。
地場産業のお土産からスパやアミューズメント施設まで、その充実ぶりには目を見張るばかり。
ドライブインという枠に納まらず、そこはまるで一種のテーマパークのような感じ。

ドライブイン好きな私として、ちょっと楽しみだったりしてたのですが、ここはマレーシア。
期待は一切しておりませんでしたが、そこには今まで見た事のない光景が広がっていました・・。

今思えば写真撮影すれば良かったのですが・・・何が凄いってお店の内容!!!

規模が小さい所だったからかもしれませんが、真ん中にとりあえず食事を食べられるような
小さな小さなフードコート(とまでいかない)が1つ、そこにたどり着くまでにお店が数軒。
そのお店が全てフルーツショップ。どこを見てもフルーツ、フルーツ、フルーツ。
しかもドリアンの季節が到来したおかげで、店先にはドリアンが並んでいてくさいーーーー!!!!
こんなにフルーツショップいらんやろ・・・と思うのは私だけでしょうか?

小さなお店で、焼き鳥のようなものとナシレマを頼みました。味はおいしかったです!

またまたカルチャーショックを受けながらドライブを。
幸い渋滞に巻き込まれず、夜の11時過ぎにクアラルンプールに到着しました。

クアラルンプールはとにかく車が多い!!
夜中でも街中は渋滞で活気づいてました。

by terumi : 09:47 AM

December 06, 2007

「 今日は木曜日 」

朝からテスト、テスト、テストで死にました。

テストの結果が悪いからといって何も起こりはしませんが、
テストというとやはり少しでも良い点を取りたいもの。。。

笑っちゃうのが、テストの内容の説明がヒアリング出来なかった~(笑)

テスト以前の問題ですね・・・(笑)あはは(苦笑)

さて、今日は宿題が少なかったので近くのデパートをゆっくり散歩。

毎日デパート内のスーパーには行くのですが、それ以外ゆっくり見る事もなかったので
店内がすっかりクリスマス一色になっていた事に気付きませんでした。

入り口には大きなホワイトツリーが!

未だに師走だという事に気付かない私であります・・・

四季がないとやっぱり変!

by terumi : 10:54 PM

December 05, 2007

「 日本からの便り 」

帰宅するとまたもや郵便局から不在通知が!!

そういえばペナンに来た時も同じような用紙が玄関先に貼られており、
知り合いの人からこの国では再配達はありえないと聞かされ行くハメに。

といっても場所がわからず困ったのですが、幸運な事にその後たまたま自宅を
訪れた親切な引越し業者の方が連れて行って下さったのでその時は無事解決。

未だに場所がはっきりわからないので今回はどうしようかと悩んだのですが、
もしかして実家から何かおいしいものが送られてきたかもしれない!!
(相変わらず食べ物の事しか考えていない私って・・・(苦笑))
と思うといてもたってもいられなくなり、地図を片手に行く事を決意。

探しました探しました・・・がんばって走ったりもしました。

日本と違い、外国の住所は通りの名前がわかればなんとかたどり着けるので、
無事到着しました。待ちに待った荷物は・・・・残念ながら夫宛でした(涙)

郵便局を探している時に非常に味のあるビルディングを発見したのでパチリ。

by terumi : 09:53 PM

December 04, 2007

「 マクドナルド 」

ランチ時、チャイニーズのクラスメイトがマクドナルドでバーガーセットを買ってきました。

そこで、隣に座っていたイラン人のお友達にマクドナルドでの食事について聞いた所、
イランにはなんとマクドナルドは一切ないらしいとの事。

えぇぇーーー??マジですかーーー?と理由を聞いてみると・・・

イラン政府はアメリカが嫌いだからアメリカ資本の会社は一切イランにはないと一言。
適当に聞いてみたらまさかの答えでビックリ!そんな事、想像もしていませんでした。

帰宅後Wikiで改めてイランを調査してみると1979年革命以降、アメリカとは断交との記述が。
今までイラン人と話す機会がなかったので、何も知らなかったというか本当に勉強になります。
というか、こういう機会がなければ一生話す事はなかったかと・・・・。

英語を学びに来ているはずが、なぜか他国の文化を学びに来ているような感じです。

なのでイランにはマクドナルドだけではなくペプシもなければKFCも危ういとか。
欧州資本の会社はあるものの、UKなどの英語圏の会社はほとんどない事がわかりました。

そんな彼は、今では大量にマクドナルドを摂取しているようです。

久々に感じたカルチャーショックでした。

余談ですが、今日彼の辞書を見せてもらいました。読めない!読めなさすぎる!!

by terumi : 09:41 PM

December 03, 2007

「 日本人は若く見える? 」

今週もはじまってしまいました英語学校・・・

毎日1日中同じメンバーで授業を受けるのですが、人数も多いので全員と話した事は今までナシ。

しかし本日、その話した事のないメンズと会話の授業でペアになってしまい超緊張!

カッコイイから緊張とかではなく、彼達のスピーキングは恐ろしく早く、そして聞き取れない・・・。
グラマーは苦手そうなのに、なぜここまでヒアリング&スピーキングが出来るのか不思議。

その彼と初めてという事でお互い名前と出身の自己紹介。
その後、必ず話題になるのが年齢について。

女性に年齢を聞くのはタブーだと思っているようで、とりあえずお互い何歳に見えるか推測。

彼はパッチリお目目がチャーミングなサウジアラビア出身のメンズ。
毎日暑い中長袖のシャツをビシっと着こなし登校。

以前、イラン人男性の年齢を15歳以上も間違って以来、年齢が予測不可能な
中近東の人達に対しては見た目以上に若い年齢を言う事に決めた私。

というか、見た目とかではなくて本当に中近東の人に関しては若いかどうか予測不可能!
なぜなら日本人と違って顔が恐ろしく濃いので、判断が鈍ってしまうのであります。

今回はとりあえずティーンエイジャーギリギリの19歳から言っておきました。
するとそこまで若くない、と言われ正解は22歳。セーフ!
確かに肌のつやを見てみると納得ですが、第一印象では25歳以上だと思ってました。

さて、次は彼が私の年齢を当てる番。
22歳と彼と同じ年齢を言ってきました。もしや気を遣ってるのでしょうか?

私を知ってる方はご存知かと思いますが、私の顔は決して童顔ではありません。
むしろ日本では、大学時代からなぜかマダムの貫禄があると言われており、
実際の年齢よりも上に見られる事が頻繁にありました(涙)
今はさすがに年齢が顔に近づいてきたような気もしますが・・・・・

本当の年齢を言うと彼は目を丸くしてビックリ!

うそでしょ?と何度も私の本当の年齢を確かめてきました。更に気を遣ってるのでしょうか(汗)

これが日本でなら、「持ち上げても何も出ないよ~」なんて笑顔で言えるのですが、
もちろん英語でなんて言うのかわからないので一言「ありがとう」と「真実です」だけ伝えました。

彼は納得いかなさそうな顔をしてましたが、これもきっと女性への配慮なんだろうと思っていると、
数十分後、彼がいきない「やっぱりさっきのは信じられない。俺を騙そうとしてるのか?」と
言ってくるではありませんか!配慮どころじゃなくてなんだかプチ切れぎみなんですけど~・・・

年齢以上に若く見られて嬉しいけれども、ここまで言われるとなんだか複雑・・・
彼はどうやら私にからかわれてると思ったらしく、何を言っても信用してもらえなかったので
仕方なく免許書を見せて納得してもらいました。

その後、更に今まで話した事のないメンズともペアになり、また同じ質問。

彼はリビア出身。リビアってどこ~?聞いたことはあるけれども今まで場所はノーマークでした。

この人も年齢不詳。とりあえず、さっきの人で22歳だったので20歳と言うと19歳でした。
若いーー若すぎるーーー!!!そして私の回答には、さっきの彼と同じくらい驚いてました。

結論として、アジア人はとても若く見えるのかもしれません。
特に中近東の人達にとって、アジア人の顔立ちはとても若く見えるんでしょうね。

といってもアジアの中では歳相応に見られるので、関係ないと言えばそれまでですが・・・

by terumi : 09:20 PM

December 02, 2007

「 屋台めぐり 」

今日は近所の屋台で夕食を食べました。

ペナンでは屋台をホッカーと呼びます。
こちらガーニープラザ近くのホッカーは観光人向け屋台らしく、そこそこ綺麗という噂。

ちょっとした空き地にたくさんの屋台が!!
まるでその光景は露店が立ち並ぶ祭りのような感じです・・・
もちろん連夜営業されてますが、夜は自宅で食事をするので屋台経験は今回で2度目。

以前訪れた時は断食時(ラマダン)だったので、マレー系屋台は全て休業してたのですが、
今回はバッチシ営業してたので、以前訪れた時よりもたくさんの人で賑わってました。

まずはマレーシア料理の代名詞、甘系焼き鳥”サテー”をオーダー。

おばちゃん、ブンブンうちわを振り回し、ショーのごとくサテーを焼いてくれました。

そして更にお店をまわってミーゴレンにナシゴレンに・・・

ちなみにミーは麺、ナシはご飯という意味。

そこにフレッシュ(かどうかわからないけど)フルーツジュース2個をつけてお代金400円程。

アジアの観光気分を体験しながら、安くておいしいローカルフードが食べられる屋台。

一度は体験してみるのもいいかもしれません。こちらに来られた際は是非お試し下さい♪

by terumi : 11:42 PM

December 01, 2007

「 休日の過ごし方 」

休日はほとんどといっていいほど大型スーパーに出向きます。

比較的、近所に大型百貨店がある私でさえ、やはり毎日摂取する水なんかに関しては
消費量が半端でない為、すぐになくなってしまうのでこういった機会に大量買いします。

ただし、水に関してはデリバリーサービスもあり契約すればもっと楽になるのですが、
近々引越し予定なので、相変わらず重いボトルを購入してはせっせと部屋に運んでいます。

今回は、月に2度ほど訪れる島一番の安いスーパーをご紹介しましょう。

それはイギリス資本のスーパーTESCO

オシャレ感は一切なく、見た目は大型倉庫のようないでたち。
まさに日本にあるカルフールの庶民的な感じといった具合でしょうか・・・

今回は夫が出張で不在だったので、心細くも一人でお買い物。
それなのについつい安さに魅かれてしまい、いつも通り大量買い。

帰宅してから運ばなければいけない事に気付き、部屋と駐車場を2往復するハメに(涙)

やっぱり安いものにはかないません♪

さて、そんなテスコですが商品管理はイマイチと知り合いに言われましたが、
私にとって、どこの商品管理も五十歩百歩なので特に気になりません(苦笑)

日本との違いなのですが、スーパーにもありました。

ペナン島のスーパーは、野菜、果物、魚に関してはほとんど量り売りが主流です。

テスコに関しては、丁寧に野菜果物コーナーに秤が設置され、自分で調べる事が可能。
ただし、値札は専用カウンターで重さを量ってもらいバーコードシールを貼ってもらいます。

なんか臭いっ!!!

と思うと、今日はドリアンが並んでました。今までTESCOで見た事がなかったのでビックリ。

TESCOは本当に大きいです。品物をゆっくり見ているとあっと言う間に2時間なんてザラ。

1階や2階にはちょっとしたファーストフード店や怪しい店、ドラッグストアが入っており、
3階一面フロアがTESCOマーケットになっています。

文房具から寝具、日曜大工に電化製品、そして衣類から生活用品まで本当に全て揃ってます。
とにかく安いですが、食材と生活用品以外は購入する気にはなれません・・・・。

半分が食料品スペースになっており、果物野菜が陳列されたゾーンがあります。

その横に魚や肉コーナーがあるのでいろんな匂いが混ざっていてデンジャラスです。

どれもこれも生でおいてあるので強烈~。

魚も自分の好きなものを選び、専用カウンターで値札をつけてもらいます。

コーナーでは挟むものが常備されてないのでみんな手づかみです。ありえない光景です。

さすがに私は出来ないのでいつも袋を裏返しにしてつかんでますが・・・

残念な事に、ここの魚は下処理がされていません。
なのでウロコ取りなど超超めんどくさい作業が後に待ち構えています。。それが欠点。

ペナンのスーパーでもの凄くショックを受けたのは魚の管理でした。

もちろん下処理がされた魚もパック販売されてますが、まるで猫に食い散らかされた後のよう。
下手なのか、本当に腐りかけのものをようやく処理して並べているのかわかりませんが、
とてもじゃないですが買う気にはなりません・・・目が恐ろしく充血してるし(汗)
TESCOは、まだ新鮮そうな魚が並んでいるだけマシかもしれません・・・。

話は変わって、日本でもお買い得商品があると思いますが、もちろんこちらでもあります。

全ての品物が比較的他スーパーに比べて安いTESCOですが、お買い得商品も取り揃えており、
いたる所でバリューコーナーが見受けられます。それにしてもおかしいのが設置方法。

いくらオススメだからと言って、トイレットペーパー横にケチャップはちょっと・・

日本では考えられない風景ですが、効果のほどはいかがなものなのでしょうか??

それにしてもこっちの人の買い物は半端なくスゴイです!

何がスゴイって買う量もさながら、買い物内容について。

もちろん、全員がそうではありませんが、こんなに同じ物ばかり買ってどうするの?
というくらい大量買いです。きっと安い時にまとめ買いするのでしょうけど・・・
私の前に並んでいた人はファンタを3種類で70本ほど買ってました。

私の予想ですが、自分で経営しているレストラン等で使うんでしょうね・・。
日本のレストランなんかでは、特殊な経路で食材を購入したりすると思うのですが、
こちらではそういった卸という流通経路はないのかもしれません。

でもそれが家庭で全て消費されてるとしたら??想像もつかない世界ですね(笑)

by terumi : 07:39 PM