« December 2007 | TOP | February 2008 »

January 31, 2008

「 いざフランスへ 」

本日よりフランスへと旅立ちます。

昨夜、40%の準備を完了させようと試みたのですが睡魔に負けてしまい、
毎朝セットしている5時半のアラームで目覚めてしまいました。
またまたやってしまった大ショックー!!

自業自得とはいえ、毎回こういった展開になるため、学習能力のなさに呆れます(汗)

フランスへは、諸事情からペナンから直接飛ばず、本日深夜の便でまず成田へ。
そして翌朝成田からシャルルドゴールまで・・・って無駄にフライト時間長すぎー!

そんなこんなで波乱を含んだフランス~結局準備は60%まで~ツアーのはじまりです。

ちなみに小生フランス語は一切話せません。

当初の予定からいくと、おとといには準備は完了。
昨日と今日で、フランス語を少しでも暗記しようと思っておりました(泣)

とりあえずガイドブックを見たけれど、発音がわからんー!!!

カタカナの読み方が書いてあったところで同じ。

と、とにかくフランス語より何よりチケットの準備を今からします(汗)

あと、フランス情報をご提供して下さった皆様に感謝致します。
きちんとメールでお礼が言えず、申し訳ございません・・・・

それでは、しばらく留守にします。

by terumi : 11:32 AM

January 30, 2008

「 ついに明日 」

ついに明日からフランスへと旅立ちます。

今回は全くツアーはノータッチの完全個人旅行。

自分で計画を立てて思った事・・・それはツアーってなんて素晴らしいんだ・・・

今のところは完成度60%となっております。

個人で海外へ一度たりとも行った事がなかったツアー大好きっ子のいわば温室育ちの私が、
これまた一度も足を踏み入れたことのないフランスツアーを作成してみた結果・・・

以前から言ってるように、情報量の多さにウンザリ、見所多数でガイドブックですでに満腹。

フライトを明日に控え、楽しみどころか不安すぎて半分恐怖感が・・・

どこをどうしていいか悩みに悩みまくってようやくツアー全体の概略が決まったのは昨日(苦笑)

そこで、昨日初めて概略を夫に話してみたところ・・・苦笑い。

そして、フランスに訪れた事もあり、フランス語が少し話せる母に言ったところ

ありえないプラン・・・・・と苦笑いさえしてもらえなかった・・・(汗)

OL時代は、同期とよく自分が計画した国内旅行に出かけたものだが、
国内旅行と海外旅行では規模が違う・・・と痛感していた所に元同僚からメールが。

フランス計画はさすがに無理~

と返信したところ、

笑うわ。行った事もないくせに毎回生意気にも完璧なプランを練ろうとして
時間まで設定したりするからそうなるねん。そういえば毎回同期旅行の旅程メールに
ダッシュ、ダッシュの旅となっております~とか書いてあったよな・・・

うっ・・・さすが元同僚。長年連れ添って来ただけに、私の性格を理解しておりますな・・・

うまくいく可能性は限りなく低いですが、とりあえずスリ、詐欺、置き引きには気をつけます。

その前に準備ですね、、、これから残りの40%をなんとかします。うーん、遅すぎ(苦笑)

by terumi : 06:15 PM

January 29, 2008

「 チャイニーズニューイヤー 」

部屋のオーナーからチャイニーズニューイヤーという事でプレゼント。

こんなに親切なオーナーでいいの?と驚いてしまいました。

普段、借り手と貸し手(つまりオーナー)とは直接会ったり話したりはしません。

ほとんど不動産屋を通じて話す事が多く、稀なケースなのかもしれません、、、

こちら、チャイニーズニューイヤーに食べるというマンダリンとクッキー。

かなり大きなマンダリンオレンジにビックリ!

私がいつもスーパーで見るのは本当に小さなみかんなので、、、

味は、日本のポンカンのような感じで美味。

クッキーは大量に頂いたのでまだ食べていませんが、お正月にみかんを食べる習慣が
あるなんて、なんだか日本のようだなぁ・・・と懐かしく思ってしまいました。

ただ日本と違うのは・・・・とにかく暑い!毎日、部屋にいるだけで汗をかきます。

by terumi : 04:32 PM

January 28, 2008

「 ルクルーゼ 」

ルクルーゼ

妹からプレゼントでもらったルクルーゼ。

カラーは鮮やかなオレンジ。それがまた可愛くて、なんともオシャレ。

私が説明するまでもなく、ルクルーゼの優秀っぷりは皆さんご存知かと思いますが、
本当にお鍋料理から蒸し料理まで多岐に渡って大活躍。

ただ、ほうろう製なのでかなり重いのが難点ですが・・・(苦笑)

ペナンに来る際、わざわざ日本から運んで来たのですが持って来て大正解!!

張り切ってルクルーゼで作るオシャレな料理ばかりが掲載されたレシピ本を買ったのですが、
未だ使っておらず・・・ペナンで手に入る食材に限りがあるので・・というのは言い訳ですが、
こちらで見かける優秀鍋は、TEFALがいいところなので大変重宝しております。

ありがとう、妹。

by terumi : 06:39 PM

January 27, 2008

「 シンプルイズベスト 」

最近、毎日のように人が来ます。

それは、友達ではなく部屋の修理やらその他諸々のセットアップのため。

夫は仕事に出かけているので、1人で対応となるのですが、
一番困るのが、電子機器の使い方の説明を聞く事・・・・・

これが結構わからない・・・というか、全然わからない・・・

大勢で話している時は、わからなければ話をスルーすればいいのですが、
ここは適当にスルーする訳にはいきません・・・一歩間違えると大変な事に(汗)

改めて語学の重要性を実感させられる訳なのですが、なかなか上達しないものです。

さて、たくさんのエンジニアが入れ替わり立ち代り家に来てくれるのですが、
あるエンジニアが、私の部屋に入って”う~ん、シンプル~”と言いました。

そんな簡単な言葉を聞き取れても意味ないんですけど(笑)トホホ・・・(苦笑)


by terumi : 06:44 PM

January 25, 2008

「 朝焼け 」

ペナン島は、その名の通り”島”です。

マレー半島とペナン島との間にはおよそ13kmに及ぶペナンブリッジが架けられています。

これが結構長いので、間違って橋に乗ってしまうとちょっとブルーになります。

日本の橋のように華やかなライトアップは施されていないので、夜のペナンブリッジは、
ただの橋となりオシャレ感は一切ありませんが、朝夕の景色はなかなか素敵です。


by terumi : 04:39 PM

January 24, 2008

「 もうすぐ旧正月 」

今年の旧正月は2月7日~8日だそうで、街中も一気に旧正月ムードが漂って来ました。

マレーシアなのに、マレー系マレーシア人のお正月よりも盛大だと感じる今日この頃。

中華系といえどもマレーシア人に変わりはないのでいいのですが、そもそも人種によって
祝日を別々に設定してる事自体、なんだか変だと思ってしまうのですが・・・(苦笑)

やはりそれは私が日本人だからでしょうか?

スーパーやデパートでは、ヘビーローテーションで旧正月を祝う音楽が鳴りっぱなし。

日本でいうと”もう~い~くつ寝~る~と~~おしょうがつ~♪”のような音楽なのか・・?

あけましておめでとう!を中国語に直すとGong Xi Fa Caiと言います。

ヘビロテ音楽は、ずーーっとこの単語がリズムに乗って歌われています。

ゴンスィーファーツァイ~♪ゴンスィーファーツァイ~♪

それもエンドレスで・・・

そして私の住んでいるコンドミニアムでも旧正月の飾りつけがここ最近からスタート。
エントランスには赤い提燈、ヤシの木には赤のライトアップ・・・
景観を損ねる事この上ナシです。

安っぽく見えるので早く終了して欲しいと願う私でした。

by terumi : 03:59 PM

January 23, 2008

「 ニューカメラ 」

引越しでカメラを失ってはや1ヶ月・・・

荷物の整理が落ち着いたら、ひょっこり出てくるわよ・・・という母の励ましも虚しく、
やはりどこかに落としてしまったようで、結局見つからず。

違うカメラで代用していたものの、やはり手頃なミニカメラの損失は痛かった・・
失って初めてわかる大切さ・・・もっとかわいがってあげれば良かった・・・(涙)

ところが、幸運な事に天使が私に微笑んでくれたのであります。

先日来馬された先輩が、ペナン来日時に何でも持って来てあげようというではありませんか!

カメラはさすがに申し訳ないと思ったのですが、ありがたくご厚意に甘えてお願いを。

まずはインターネットのクチコミサイトで、ランキング上位の中から5分で決定。
そしてオーダー&先輩宅へ送付依頼・・・先輩来馬までたった数日。
折りしもオーダー翌日からは成人の日を含む3連休。
業者に事情を説明し、なんとしてでも○○日まで届けて下さい!という
無理なお願いメールを送りつけ、なんとか無事ペナンまで運んで頂きました。

それにしても言葉が通じるって本当にありがたい。
いつもなら英語が話せないのでここで諦めが入ります・・・(苦笑)

たった5分で決めたカメラがこちら。

LUMIX-F33。ちなみにPanasonic製カメラを買うのは今回が初めて。

パナは手ブレ補正が優れているイメージがあったのですが、まさにその通り!
とにかくシャッターを押してからの動作が全て速い、そして液晶が綺麗!
とても撮影しやすいカメラだと思います。

ただ、今思えば結構Optio君もなかなかいい仕事をしていたなぁと思います。
防水対応のカメラだったので、普段使いはどうかなと思ってたのですが、
私好みの綺麗な色合いの写真が撮れてました。特に風景写真が綺麗だったかな。

新しくカメラを購入した後で、前のカメラの良さがわかるなんてなんだか皮肉デスネ。

でもこのカメラのおかげで、また日々のカメラライフが楽しめそうです。

先輩に感謝!

by terumi : 02:11 PM

January 22, 2008

「 奇祭 」

もしタイプーサムに興味があるようでしたらご案内しますが・・・・

というありがたいお誘いを受け、インド人の祭りタイプーサムに行って来ました。

タイプーサムとは、ヒンドゥー暦の10月である「タイ」月の満月に行われる南インド発祥のお祭り。
今年は、23日がタイプーサムで22日からお祭りの行進が行われるとの事。

そういえば、昨年YAHOOのニュースでタイプーサムの写真を見て驚いた記憶があるのですが、
まさかそのタイプーサムのお祭りがペナンでされてたとは・・・・

あまりに危険なお祭りゆえ、本場インドでは禁止、現在はマレーシアとシンガポールだけとか。

会場近くになると、渋滞に加え、頭に御供え物をのせたたくさんのインド人の姿が!

もともと何のお祭りなのか?

その昔、シヴァ神が2人の息子ヴィナヤガール神とムルガ神にどちらが先に世界一周出来るか?
と知恵比べをした所、兄のヴィナヤガール神はシヴァ神と母のパールヴァディ神の周りを一周し、

私の両親は私の世界。私にとって世界という観念と両親という観念は同一です。

と父シヴァ神を喜ばせたという。

一方、弟のムルガ神はそんな事になっているとは露知らず、孔雀にまたがり世界一周を無事終了。
これまでの経緯を聞き、怒ったムルガ神はバラニ丘の上に立てこもってしまいました。

そんなムルガ神を哀れに思ったシヴァ神は、ヒンドゥー教徒にタイ月の満月の日にムルガのために
祈れと言われたのが起こりだそうです。余談ですが、孔雀ってそんなに走れるのでしょうか???

その後、タイプーサムの日には、ヒンドゥー教徒たちは、身を清め、ムルガ神の神輿などを担ぎ
行列を作ってお祈りに出かけるのですが、中でも何かをムルガ神に祈願してそれが成就した信者、
または願い事がある信者は神輿の他に頬や背中に鉄串をさすなどの苦行を行いながら歩きます。

たぶん、その行為があまりに危険なため、インドでは禁止されたのではないか・・と思われます。

話は戻ってタイプーサムの会場へ到着した訳ですが、物凄い人込み!

普通の道路が通行止めになっていて、まるで歩行者天国のような盛り上がり。
道の両サイドにズラーっと並ぶ神様の祠。どうやらその祠は、スポンサーが出資しているようで、
インド様式の看板の下にはバッチリメーカー名が入っていました。伝統的な行事なのに笑えますね。

そしてインドといえばミュージック。

地響きするくらいの音量でインド系ダンスミュージックが至る所から流れています。

あまりの音量に耳が壊れそう~

こちらは、伝統的なインドのダンスらしく、若者達が竹馬に乗って踊っていました。さすが器用。

その周りには、たくさんのインド人の男性が首を振って踊り狂ってました。

まさにトランス状態とはこの事!

途中、移動する祠に遭遇。どうやらこの祠に乗っている人が、一番偉い人らしく、
巡礼中のインド人達は、この祠の人達からもらえるモノを喜びながら手に取ってました。

それにしても、この祠の周りは物凄い人だかりです。まるで日本の花火大会のような人込み。

人生上、これほどのインド人に囲まれる事は、今回が最初で最後となるでしょう・・・

どこを見てもインド人インド人インド人・・・。ワタシ相当目立ッテマース・・・・みたいな。

祠の前には、なんと牛さんが!!!そういえばヒンドゥー教では牛が神様でしたね。

この牛さん、この祠を引くために綺麗な花の飾り化粧をしてもらってました。なんともラヴリー♪

そして、出ました!!!鉄串さしの巡礼者の一行が続々と・・・・

痛そうなのと、やはりあちらは巡礼中なので・・・という事で、アップ撮影は自粛する事に。
しかしながら撮影される事に慣れているようで、たくさんのフラッシュがたかれてました。

それにしても痛そう!本気で痛そう!!!!

なんてったって、背中にフック船長のような鉄のくさびがいくつも引っかかってるんですから!!
しかも、それをわざわざ人がこれでもか~!!というくらい引っ張る引っ張る引っ張る・・・・

案内人曰く、神への苦行なので全く痛みは感じない・・と言っていましたが、絶対痛いはず!

最終地点までに行く途中、お祈りを終えた巡礼者とすれ違いましたが、
どうやら鉄串巡礼だったようで、口の周りが布で巻かれてたのですが、血がべったりと・・・
そりゃ血も出ますよね。口だけならまだしも、背中にこれだけの針となると、本人も
何がなんだかわからなくなるのでしょうか・・・・ばい菌が入らないか個人的には心配です。

中には、鉄串をさしたまま、音楽に合わせて踊っている人もいます。
そのガッツ・・・尊敬いたします・・・・・・

そんな中、またもや鉄串巡礼者に出会いました。

こちらは、背中だけではありません。

暗いのできちんと写っていませんが、この若者はなんと顔にも鉄串が~~~

まずは額に直径5ミリのような串がグサリ・・・
頬には各サイド20箇所くらい小さな飾りのある針が突き刺さり、、、
そして口には唇の端から端まで串が貫通しておりました・・・・

右端に写っている男性が、どうやらこの巡礼者をリードしているらしく、
若者に一生懸命何か話しかけているのですが、どうやら針を刺した若者は、

ちょっと・・・痛すぎて無理・・・・

とでも言ってるような雰囲気で何度も首を横に振っていました・・・

右端の男性は「おまえなら出来る!!」とでも励ましているのでしょうか・・

なかなかその若者は前には進みませんでした・・・

そりゃ、痛いよね・・・あんなに派手にしなくてもね・・・

なんて思いながら貴重な夜を過ごしたのでした。

確かに奇祭!

by terumi : 01:48 PM

January 21, 2008

「 盆栽その後 」

数日前、コケの間からきのこが発見された我が家の盆栽。(詳しくはこちらを)

とりあえず盆栽をベランダの影に置き、丁寧にきのこを伐採して終了したのですが・・・

翌朝、観葉植物に水をあげようとベランダで目にしたものは・・・・・

大量のきのこの山(大汗)

あまりのおぞましさに絶叫。

一度は写真を撮ろうかと思いましたが、ここに掲載するとなるとモザイクが必要かも、、、
ということでやめました。今思い出しても鳥肌が立ちそうになるくらい酷い光景でした・・・

かわいいなんて言ってられない・・・まさに”きのこの山”状態。

このままだと、大切な盆栽どころか他の観葉植物まできのこの山にされてしまう・・・

そう思った私は、泣く泣く盆栽を処分する事にしたのでした。

あぁ・・・一番高かったのに~~~あまりにも悲しすぎる・・・(涙)

by terumi : 01:39 PM

January 20, 2008

「 ペナンアテンド最終日 」

あっという間にペナン最終日。

さぁ、今日は先輩が行きたいと思った所、全部連れて行きますよ!と言うと、

マッサージにもう一度行きたい!!!

とおっしゃるので、朝からマッサージ屋へ。それほどお気に入りされたとは・・私も嬉しい。

マッサージを堪能した後は、フレンチレストランThirty Twoへ。

なんだか食べてばっかりなツアーですが、それほどペナンは食の町なのです(汗)

このレストランはいつ来ても本当に素敵。内装もさることながら、料理ももちろん美味しいです~

外に出ると青い海が・・・。海を見たいと言っていた先輩は大はしゃぎで砂浜へ。

もちろんペナンではあちこち海を見れますが、残念ながら綺麗な海ではありません。

バトゥーフェリンギの辺りは比較的綺麗な砂浜が広がっていますが、
レストラン裏に、結構綺麗な海が広がっていてこちらがビックリしてしまいました・・・

今まで気付かなかったのですが、なかなかの景色。

その後、自宅に戻ってから買い残しがないかチェックし、またまたスーパーへ。

てんこ盛りに盛られたお土産の数々は・・・なんとかスーツケースに入ってひと安心♪

・・・かと思いきや、なんと空港で重量オーバーで超過料金~(苦笑)

30キロなので、オーバー分の5キロ350RMをお支払い下さい。

えーーー!?!?20キロ以上はあると思ったけれども、まさか30キロいってたとは・・

先輩は、この3日間で覚えてしまったのか思わず、、、

ト、トゥーエクスペンシブ・・・・

先輩・・・残念ながらここで言ってもまけてもらえませんよ・・・(涙)

あまりのショックに途方にくれている先輩を見て、スタッフも同情したのか

5キロ、手荷物で運んだらどうでしょう?とのアドバイス。

なるほど!先輩、5キロ手荷物でいきましょうー!!

とフライト時間が差し迫る中、チェックインカウンター横の床にスーツケースをおっぴろげ、
片っ端から重いものを出す出す出す・・・・その様子を見て横に並ぶチャイニーズが苦笑い。

これも重いから手荷物にしましょう・・これも!あっ、コートは手に持って下さい。

横にあった体重計のような量りを勝手に使い、5キロ減量に成功。
あぁ・・・良かった・・・と自分の事のように喜んだのは言うまでもありません。

先輩、この度は本当にはるばる日本からありがとうございました!
食い倒れのようなペナンツアーでしたが、満足して頂けたでしょうか?

それだけが心配です・・・・

翌日、先輩から無事日本に到着したとのメールが・・・

KLの乗り換えで、無理やり手荷物にしたマンゴープリンが・・・・捨てられました・・・

との一文が。

あぁぁぁ・・・そういえば、マンゴープリンも液体の一部に入るんでした(汗)

うっかり忘れてました・・・先輩・・・あの時は必死だったもんで・・・。

最後の最後までオチいっぱいな先輩・・・本当にお疲れ様でした。

これに懲りず、これからもどうぞよろしくお願いします。

by terumi : 10:36 AM

January 19, 2008

「 ペナンアテンド2日目 」

ペナン2日目、本日は朝より先輩の大好きなスーパー巡りから・・・

まずは、島で一番大きなショッピングモール、JUSCOへ。

JUSCOは日本にもあるのでペナンに来てまでどうかなーと思っていたのですが、
あくまでご当地スーパーに行くのが目的なので日本にあろうがなかろうが関係ないとの事。

あえてそうしたのか・・・?先輩の入る店は、とにかく怪しいものばかり・・・

怪しいというか意味不明。こんなものを売っているお店があったなんて・・・
とにかく目的のない商品が多すぎます。たまに見る分には楽しいですが、、、
ペナンには、このように”一体誰がこんなものを買うの?”というお店がたくさんあります。

ウィンドウショッピングをしていると、”妻夫木に似てる~!”と先輩が言うのでパシャリ。

こちらでよく見る携帯の広告。ブルーカラーが綺麗。妻夫木より年老いていると思いますが、、、

そんなこんなでランチタイム。JUSCO内にあるDRAGON-iで小籠包~

以前、鼎泰豊に行きすぎ!と先輩に突っ込まれた私・・・

鼎泰豊もおいしいけれど、こちらも大きめで美味でございます。

でもやっぱり私としては、鼎泰豊のあの小ぶり具合が一番しっくりきますね。
いえいえ、ペナンでおいしい小籠包が食べられるだけ幸せなのですが・・・・

その後、またまた買物に没頭・・・気付けば夕方に!!!

帰宅後は荷物整理。恐ろしい量の菓子や土産類がベッド上にてんこ盛りになってました・・

夕食はジョージタウンのBALI HAIへ。

ここでは、水槽に入っている魚介類をその場でお買い上げ→調理→お召し上がりできます。
競り市場のような雰囲気が漂う、ある意味新鮮ないけす料理屋とでも言いましょうか・・・。

魚介類によって重さで値段が決まるしくみで、ピチピチの魚が量りの上で飛び跳ねる・・・。
値札は残念ながらマレー語。よって毎回何の魚かわからないのでいつもジャケ買い。
雰囲気の割にはお高めレストランですが、おいしいので許せちゃいます!
ただし、ここに来る時は大人数で来る事をオススメします。少人数だと堪能出来ません。。

夕食でまたもや満腹になった後は、島最北端のバトゥーフェリンギのナイトマーケットへ。

道沿いにたくさんのお店がズラーっと並ぶ景色はまるで日本の夜店のよう。

伝統的な染物からお土産、アジアンテイストな雑貨に、CDからコピーブランドまで・・・
とにかく色んなものが売られています。値札がついていない商品がほとんどなので、
まずは店主に値段を聞いてから3分の1の価格からまけてくれと交渉します。

英語力に加え、交渉力のない私ではございますが、コツとしては、とにかく金額を言われたら
間髪いれずに高い!と言うのがポイントです。これであなたも値切り名人♪

帰り道、海沿いのクラブで乾杯~。

本日も朝から晩まで遊び倒しな1日でした。

by terumi : 10:36 AM

January 18, 2008

「 ペナンアテンド1日目 」

とりあえず観光でもしましょう!という事で、朝からジョージタウンへ。

予め先輩のリクエストを聞いて旅程を立てた今回のペナンツアー。

おもしろい事に、先輩の燃えスポットはスーパーマーケットだとか。。。

さすがにペナンに来て初日からスーパーはマズイと思い、今日はちょこっと観光。

まずはドリアンを求め市場へ・・・が、あいにくドリアンは見つからず。。
駐車場で、ホームレスらしき人にお金をせびられ終了。

寺院に行ったものの猛烈な暑さにダウン。とりあえず観光は後回しでショッピングセンターへ。

ここでのお目当て商品は、日本ドラマや映画のDVD。

古いものだと、1作品700円からと信じられない安さで売られているのですが、
タイトルが中国語になっているので、何のドラマかわからない~

あまりテレビを見なかったせいか、何のドラマかいまいちピンと来なかったのですが、
ドラマツウな先輩は、キャストと中国タイトルを見ただけで日本タイトルを一発当て。
しかも、おもしろい事にジャケットの写真は、全然主役と関係ないとの事~

どうやら、中国人に認知度が高い芸能人がピックアップされているようで、例を挙げると
そのドラマのオープニングソングを歌っている藤井フミヤが主役級の勢いで大きく表紙を
飾っている様子には驚きました。。。さすが正規品ではないだけあります・・・・・。

そんな怪しいDVDショップ巡りをしてから、お次はマッサージへ。

マッサージが大好きな先輩・・・・この日は足ツボと肩もみの1時間コースをチョイス。

決してオシャレでラグジュアリーなお店ではないけれども、安い上に腕は確か。
先輩は、台湾の足ツボよりとっても良かったとご満悦~♪
確かに台湾の足ツボは痛かったような・・・(経験アリ)

マッサージで至福のひとときを過ごし、お次は先ほど後回しにした寺院観光へ。

タイ式寺院のWAT CHAYAMANGKALARAMへ。ここには世界で3番目に大きな寝釈迦仏があります。

ペナンに来た当初、仏様の大きさに驚いたのですが、それ以上に驚いたのがこのお寺の意味。

この寝釈迦仏の後ろにはビッシリ亡くなった方々のお骨が並べられているのであります。。。

透明ボックスの間仕切りされた部屋の中に骨壷がおさめられ、遺影が飾られています。
初めて見た時には、壁一面に骨壷が並ぶその光景に圧倒され、言葉を失ってしまいました。

タイ式寺院の後は、その前に建てられているビルマ寺院へ。

寺院に入るとまず目に留まるのが巨大な金箔ブッタ様。残念ながら今回は修理中なので見れず。

背後のは、国別に分かれたたくさんのブッタ様が並んでおります・・・ちなみに手前が日本らしい。

奥にすすむと、漫画のようなお顔の仏様がズラリ。あまりのチープさに思わず苦笑い、、、

寺院参拝後は、Eastern&Oriental Hotelでハイティー。

贅沢は主婦の敵なのでペナンに来てから1度しか訪れた事がないのですが、
やはり最高の雰囲気で味わう紅茶は格別。相変わらずボリューム大なハイティー。
親切なスタッフが、何度も”おかわりはいかがですか?”と聞いてくれましたが、
これだけあれば”もう食べられないよ~”状態。ランチを抜いて正解でした。

満腹になった後は、少しでも食べた分を消費しようとインド人街を散策。

今回初めてインド人街をじっくり歩いた訳なのですが・・・ディープすぎる~!!!

さすがの先輩もショップに入る時には躊躇しておりました。私でさえ躊躇するほど・・・

しかし、ここまで来たのならばせっかくなので数店舗がんばって入ってみました。

まず、とにかくどのお店もお香の匂いが強烈。
CDショップの音量がやたらとデカイ。
一般店舗は一体何を扱っているか不明。

本当に謎が多いインド人街のショップ群・・・

一般店舗の品揃えには?マークがたくさんつくくらい、意味不明な商品が陳列されていました。
店内は狭めなので、入りにくく一度入ると出にくいのも難点。結構入店にはガッツが必要です。
オススメのお店があればいいのですが、あまり来た事がないのでわからず。
しかしながら、さすがに今後インド人街を1人で開拓する事はないでしょう・・・というか無理。

ディープなショップ群を練り歩いた後は、街中にあるヒンドゥー寺院を拝観。

今でもこの写真を見ると、忌まわしい思い出が蘇ってきそうです・・・・・

中に入って良いものかどうかわからないので、とりあえず外から記念撮影をしていたのですが、
奥からサリーを着たおじさんが「入っておいで」と言うので、靴を脱いで中へ・・・・・

こじんまりとした寺院内には、小さな(たぶん)ヒンドゥーの神様がいくつか祀られており、
聞いてもいないのに、おじさんは丁寧に1つ1つ神様の名前を教えてくれました。

ペナンの人は皆親切なので、今回はやや警戒しつつも、きっとこの人も親切な人なのだろう、、、
と思っていると、最後の神様の名前を言った後、いきなり私と先輩の額に赤の粉で点を
つけるではありませんかー!!まさにインド人がしているような赤の点がおでこに・・・(汗)

一気にインド人になってしまった私達。

内心、この点は綺麗に取れるのだろうか・・なんて心配をしていると、おじさんがいきなり

ヒンドゥー神への祈りのために1人10RM(330円)のお金を払え

と言うではないですか~!!!くそーーーやられたーーーーーー!!!!!!

一瞬、何が起こったのかわからず思わず「はっ?」と言ってしまいました。

おじさんはなおも赤い粉がのせられた台に10RM払えと言ってきます。

これは一大事、、、(たかが330円ですが)英語が話せないなんて言ってられません。

なにより神様を理由に、お金を無理やり要求する精神が許せなかった。

もちろんナメられた事も・・・・・

なんであんたにお金払わなアカンねん!!(関西弁に直すとこんな感じで)
誰も案内なんてお願いしてへんし、だいいち10RMって高い金、何考えとんねん!!

まさか逆らうとは思ってなかったようで、おじさんは一瞬ひるみながら

じゃ、じゃぁ特別に1人5RMでいいよ・・・

はっ??5RM?なんでお金払わなアカンの?私らヒンドゥー教ちゃうっちゅーねん!
(もちろんこんな流暢には話せません。雰囲気はこんな感じで。。。)

わかったわかった、じゃぁ1人2RM。これ以上は無理!!!

お金持ってない・・と言って逃げようかと思ったのですが、他のインド人も集まって来たので
渋々2RMを支払い寺院を後にしたのでした・・・あぁ・・・悔しい~!!!

というか、賽銭のディスカウントってどうよ?おじさんもおかしいと思わないのか?

まさか料金が下がるとは思ってなかったのでこちらもビックリなのですが、
理由は理由といえども、途中からなんだか賽銭を値切っているような気がして
神様に対して申し訳なかったです。。。この場で謝罪。

後ほど・・・先輩が持っているガイドブックを見ると、その寺院も掲載されており、
入場料は無料、との但し書きが。そんな事してると地獄に落ちるぞー!!!

寺院を出てすぐに赤の点をぬぐい取り、散策続行。

同じくガイドブックに掲載されているカピタン・クリム・モスクへ。

1801年、南インドからやってきた貿易商人によって建てられたイスラム教寺院。

中に入るには、事務所への許可が必要との事で記念撮影だけ。もうトラブルはこりごり~

その後、ペナン観光名所にもなっているブルーマンションことCHEONG FATT TZE MANSIONへ。

目が覚めるような真っ青な壁に思わずウットリ。こちらのマンションは1日2度だけ(11時と3時)、
観光ツアーが組まれており、それ以外は中に入る事は出来ません・・・・。

時計の針はすでに7時をまわっていたので、この日は外観だけを楽しみ終了。

まだまだ満腹継続中ではございますが、軽い夕食をという事で、屋台でロティ。

ロティはインド料理の1つで、生地を薄く薄く伸ばし、何枚かに重ねたクレープ状のような食べ物。

ペナンに来る前、会社の同期が連れて行ってくれたマレー料理屋さんで初めて存在を知り、
そのおいしさのとりこに~プレーン味しかないと思っていたのですが、こちらの屋台では、
プレーンはもちろん、チーズ、チキン、ミート、甘系ではバターシュガー、チョコ、バナナと多種。

今回は、チーズとバナナ、そしてちょこっとつけるカレーをオーダー。

焼きたてロティは最高!!!

帰りは先輩の燃えスポット、スーパーで大興奮。

こうしてペナン2日目が無事終了したのでした・・・

by terumi : 10:28 AM

January 17, 2008

「 初めての来客 」

本日より、大学時代にバイト先でお世話になった先輩がペナンに遊びに来られました。

昨年6年ぶりの再会を果たし、その後バタバタしてしまった事もあり、ほとんど会えず状態で、
時たまメールを送りあう状況の中でペナン生活がスタート。

ペナンに来てからようやく事の経緯を電話で伝え、またもやメール交換がスタートしたのですが、
昨年末あたりからパッタリ連絡が来なくなったかと思うと、年明けにメールが1通。

どうやら大切なパソコンを暗闇の中で踏まれたらしく、液晶画面が他界された模様。
よって、今まで一切連絡が取れなかったらしく・・なんとも先輩らしいエピソードに爆笑。

その年明けに来たメールには

ペナンに行くなら1月か3月がいいと思うんだけど、やっぱ1月がいいかな。

との一文が~!!!!

えーーー!?!?メールの送信日時は1月4日。
先輩そんな急にお仕事大丈夫なんですか?状態。

昨年、電話で話した時に”いつでも遊びに来て下さいね”とは言ったものの、
まさかこんなに早く実現するなんて、あまりの急展開にビックリ!

やはりみんな仕事や家族を持つ身。。。

国内ならまだしも海外ともなれば経費も時間もかかってしまうので、
社交辞令で終わってしまう事がほとんどなのですが、先輩の思い切った行動に感謝~

しかも、聞く所によると2年ぶりの海外旅行に加え、今まで1人で海外に行った事がないとか・・
到着するまで不安だったとかで、そんな中で本当によくぞペナン行きを決断されました(涙)

ペナンははっきり言ってあまり観光名所もなければ、美しい海があるという訳でもない
ちょっと中途半端な所なのでツアー内容に困りました・・・

出来上がったスケジュールは、食べて食べて食べまくりのような内容に仕上がってしまい、
本当にペナンは食の町だなと改めて実感した次第でございます。

そんな先輩が、無事来馬。なんとか到着して良かった~と言い合い、我が家へ。

早速、夕食に。

私が大好きなチェーン店のカフェOLD TOWNで有名なトーストとマレー料理を。

さてさてどんな3日間になるのでしょうか?ペナン旅行の幕開けです。

by terumi : 11:05 PM

January 16, 2008

「 日課 」

観葉植物を購入してからはや半月。私の朝の日課に「水遣り」が追加されました。

ところが、部屋の中に置いている盆栽にまたもや水をあげすぎたようで、
気付くと床が水浸し・・・あぁ・・・またやってしまった~と学習能力のない
自分に呆れつつ床掃除をしていると、ふと目に留まる物体がポツンと・・・・

なんとコケの間から得体の知れないきのこが~!!!!

ヤバイ・・これは非常にヤバイ・・・

まるで私がきちんと手入れしていないかのような有様ではないですか・・・

なにせコケつき盆栽を育てたのは初めて。

いや、そんなに力む事はないのでしょうけど、とりあえず実家の父に電話で相談。

両親は、私がちょうど中学生の頃から園芸にハマり、今では趣味で蘭を育てている・・・
いわばガーデニング(そんなにかっこ良くないけど)の師匠のような感じなのです。。。

当時、週末には必ず早朝から園芸番組を真剣に見入っている両親を理解出来ず、
どうしてさしておもしろくもなさそうな(失礼)園芸にハマるのか?問いただした所、

花や植木は、育て親を決して裏切らない

・・・それってワタクシに対してのお言葉でしょうか・・・?(汗)と、
今でもあの時のヒトコマが鮮明に思い出されるほどの名言を残しました。。

まさか盆栽相談で電話がかかってくるとは予想もしてなかった父。

きのこが生えてるんだけど、どうしたらいいの??と焦りながら質問する娘に父は、

きのこか~きのこが生えてきたか~
まぁ、そのまま生やしておいてもいいけど(え?ほんとにいいのだろうか・・)
その前に、水のやりすぎちゃうか?

ギクっ。さすが父。

さすがお父さん。実は水をやりすぎてたみたいで・・・
そのまま生やしておくのはマズイと思うねん。だって何の盆栽かわからなくなるし。
そんな盆栽飾るの嫌やし・・・

そうやな~じゃぁやっぱ抜くか・・・小さくてかわいいけどなぁ・・・

確かにかわいいけど・・・きのこには悪いけどやっぱ抜く事にするわ・・・

それより元気にしてるんか?用件は??今日はどうした??

きのこが用件だなんて言えないので、元気だよ、みんなにヨロシクーとだけ伝えて終了。

お父さんごめんね、、、どうしても早急にきのこの処理をしたかったの。

その後、丁重にきのこを抜き取りました・・・が、
今まで綺麗に生えていたコケもゴッソリ一緒に抜けてしまいショック。

まだまだ盆栽育成の道は険しそうです。

by terumi : 12:18 PM

January 15, 2008

「 勘違い 」

ショッピングをしていると、よく店員から話しかけられます。

しかも凄い早さの中国語で・・・・

あの、、、私、日本人なんですけど、、、、、、(汗)

とりあえず商品について英語で質問すると決まって

中国人かと思ったよ~ははは~みたいな。

欧米人にチャイニーズと間違われるのは仕方ないのですが、中国人に中国人と
勘違いされるのは、なんだかちょっと複雑な心境。

最初はショックでしたが、最近はそう言われるのにも慣れてしまい、
実は日本人なんです~ははは~みたいな感じで適当に返します。

今日は思い切って、間違えた店員に日本人のイメージを聞いてみた所、
どうやらその女性は英語が苦手らしく、”アイムチャイニーズ”と意味不明な回答。

そんなん見たらわかるっちゅーねんーーーー!!

一体、中国人が思っている日本人のイメージはどんな感じなのでしょうか?

この前はシンガポーリアンと間違われた私でした。

って、シンガポーリアンも中国人やん・・・

by terumi : 05:48 PM

January 14, 2008

「 息抜き 」

相変わらずフランス旅程に悩まされている日々・・・

息抜きをしようと、久々に絵を描いてみました。

ペナンに来て書くのは今日が初めて。

日本にいた頃は、趣味でよく書いてましたが、こちらで描くことはないだろうと、
実家にイーゼルから絵画道具一式置いてきた私。。。

しかしながら、越して来た部屋はシンプルすぎてなんだか寂し気。
せっかくなので部屋に飾る絵を描くことにしたのですが、いい絵の具がない~!!

スーパー、デパートで置いてあるのでは全て水彩絵の具とポスターカラーばかり。
こっちの人は絵を描かないのでしょうか。。。

私が欲しいのは油絵の具かアクリルガッシュ。

悶々とする中、夫の会社の方が絵の具を扱う文具ショップを教えて下さり、
行ってみると、小汚くて古い(←めちゃ失礼)店内にはたくさんの絵の具が!

テンション急上昇で絵の具を買ったのですが、さすがに油絵は部屋を汚してしまう
リスクがあるので、アクリルにしてみました。

ただ、今までアクリルで絵を描いた事がなかったので不安だったのですが、
まぁなんとか・・・・それにしても凄いですね、、アクリル。

さすがどの素材にでも描けると言われるだけあって、吸着力抜群!

ただ、乾くのが早いので急いで塗らなければならないのが難点。

パレットを洗う時なんて、ペロッと皮のように絵の具がむけたのが驚きでした。

なんだか新鮮で非常に勉強になりました。

たぶん正しい方法で描けてないと思いますが、出来上がりが楽しみです。

by terumi : 04:47 PM

January 13, 2008

「 ミキサー 」

昨日ミキサーを購入。

使うのが楽しみで、早速朝からスーパーにフルーツの買出し。

ちょっと買いすぎて帰り持ち運びに苦労しました(汗)

バナナにりんご、マンゴーに牛乳まで!子供のようにはしゃぎながら作りました。

たくさん氷を入れたのでスムージーのような出来を期待したのですが、
どうやら牛乳が少なすぎたようで、バナナとマンゴーの超濃厚なもっちりした
ミックスジュースの出来上がり。

日本ではこんな盛りだくさんなミックスジュースは飲めないんだから・・・
と自分を励まし、最後はスプーンですくいながら飲みました(苦笑)

今後、ミキサーにハマりそうです!

by terumi : 04:29 PM

January 12, 2008

「 お料理教室 」

夫の同僚の方と一緒にクッキング。

さかのぼる事、昨年末・・・・

引越しパーティーをした際に出したポテトサラダが彼女にとってヒットだったようで、
作り方を教えて欲しいと前からお願いされていたのですが、すっかりレシピを書き
忘れており、昨日いきなり「明日自宅で教えてもらえませんか?」と連絡が!

すぐに書かなかった私が悪いのですが、そんなにヒットだったのかと驚きました。

ポテトサラダは日本食ではないと思っていましたが、れっきとした日本食らしいです。
マレーシアに来るまで知りませんでした・・・・。

私が人様に料理を教えるなんて100万年早いと思うのですが、とりあえず朝から買出し。
ついでに味噌汁の作り方も教えて欲しいとか。。。

教えるのはいいのですが、私、英語話せないんですけどーーーー!!!

一体どうしろと?

まぁ、成せばなる精神で、同じ単語並べまくって伝授しました。味噌汁を。

彼女を今まで出汁というものを知らなかったらしく、ひたすら水の中に味噌を入れて
煮込んでたとか・・・そりゃおいしくないなぁ・・・と出汁の重要性をジェスチャーで
伝えたのでした・・・変な日本人みたい(苦笑)

そしてポテトサラダ。きゅうりを柔らかくするために塩でもんで~(こんな流暢には
話せませんが)と教えたのですが、なぜ塩できゅうりが柔らかくなるかまでは説明
出来ませんでした。浸透圧って英語でなんて言うんでしょう・・・??

更にカリフォルニアロールも教えて欲しいらしく、またの機会という事になりました。

彼女は、日本食の秘密がたくさん聞けたわ!!と喜びながら帰って行きました。。。

ちなみに、私もカリフォルニアロールは作った事ないんですけど・・・

by terumi : 04:14 PM

January 11, 2008

「 新しい英会話学校 」

1ヶ月のフルマックス授業の学校は昨年卒業し、新しい学校に通う事にしました。

先生はウェールズ出身のネイティブ~

これで変な例題文の英語ともオサラバです。

しかしネイティブなのでかなり緊張しました。

やっぱりリスニングわからず・・・(汗)
がんばります。。。。

ところで、今度の学校のクラスメイトは、ローカルの方々がほとんど!

しかも半分が私の母親と同じくらいの年齢のお母さんだったので驚きました。

勉強する意欲があるのは素晴らしいことです。

とりあえず自己紹介。

どうしてもお互い語学力がないので、お決まりの質問ばかりになってしまうんですよね。

趣味は何?だとか、仕事はしてる?とか・・・・

中でも兄弟はいる?という質問の回答が凄かった!

4人の兄に2人の姉・・・とか・・・

子だくさんーーーーーーーー!!!!

そうすると、あなたを入れて7人兄弟ですか?ってな具合。

マレー系マレーシア人は大家族の子だくさんだと噂には聞いてましたが、
これほどまでにビッグファミリーだったとは・・・・・。

そういえば、マレー系の住宅の軒先にはたくさんの洗濯物が干してあります。

それもこれも大家族だからなんでしょうね・・・

by terumi : 04:07 PM

January 10, 2008

「 もうすぐ旧正月 」

今日は祝日。

マレーシアには、よくわからない祝日がたくさんあります。

しかもマレーシアには3民族いるわけですから、それぞれの民族によって
お正月も全て違うので、祝日も必然的に多くなります・・・

そして来月は一番大きな中華系のお正月「旧正月」が控えております。

旧正月はフランスに行くので、ペナンでそのイベントを体験する事は出来ないのですが、
スーパーには来月に備え、盛大に旧正月の飾りやグッズが所狭しと並べられており、
日本の正月ムードな勢いに、旧正月の凄さを実感させられている今日この頃です。

中でも台湾で見た大きな獅子舞のお面・・というか被り物?

頭からスッポリ被るカラフルな獅子舞の頭なのですが、それも販売されていて驚きました。

私がちょうど発見した時、30歳くらいの男性がそれを手に取り商品をチェックしてました・・

買うのでしょうか・・・?

そんなこんなで、ショッピングセンターではいたるところで赤カラーを目にします。

中華系の人々は、赤がラッキーカラーのようで・・・。

そういえば、私のマンションの部屋の住人で赤のカーテンをつけている人がいます。

なにせ深紅なのでとても目立ちます・・・。

昔、同期旅行で訪れたペンションの1部屋が赤のカーテンの部屋で、
そこに宿泊した同期が興奮しすぎて眠れないと言っているのを思い出しました。

一体内装がどんな風になっているか非常に気になる私でした。

by terumi : 03:54 PM

January 09, 2008

「 さよならマラッカ 」

早朝にチェックアウトを済ませ車で空港へ。

またまた閑散としたKL。朝は更に静けさが目立つような・・・

行きも帰りもマレーシア航空で。フライト時間は片道45分なので楽チン移動。

暇なので機内にあった新聞を見ていると興味深い写真が~!!

ハリウッドスターのダイエット記事なのですが、そこにジェニファー・ロペスが、、、

モザイクとともに登場。

最初見た時には、写真の意図が読み込めませんでした。

なぜにモザイク?

もしかしたら、胸の谷間がいけなかったのでしょうか・・・

確かにイスラムは肌を見せてはいけない国。しかしながら、マレーシアはそこまで戒律は
厳しくない上、中華系の人達も住んでいるので露出の多い格好の人もたくさんいます。

ひょっとすると、公共の出版物は規制があるんでしょうね。

胸の谷間にモザイク・・・日本や欧米では考えられない写真ですね。

こんな所でマレーシアを実感するとは思ってもみませんでした。

by terumi : 03:44 PM

January 08, 2008

「 マラッカ4日目 」

今日も朝から部屋にこもってフランスの情報収集。

フランスは見所がありすぎて困りますねぇ・・・
欲張りな私がいけないのでしょうか?
一体どんなプランに仕上がるか、、楽しみではなく非常に怖いような気がします。

この2日間、あまり動かなかったのでホテルのジムとプールをとりあえず見学。
小さいながらも結構いい感じでした。プールは夜をお勧めします!
夜の方が建物の古さを感じさせませんので・・・ライトアップもいい感じです。
私は、残念ながら泳ぎませんでしたが(これ以上焼けてはヤバイ~)、一度ホテルの
テニスコートでテニスをしました。1時間、ラケット&ボール(3個)付きで10RM。
10RMというと320円くらい。激安もいいところ。日本では考えられない金額です。

マレーシアの国技はバトミントンで、テニスはマイナーで人気のないスポーツ。
だから安いのでしょうか?謎ですが、ありがたい事です・・・・。

夕食は、ババ・ニョニャ料理で。

実は、、、昨夜、みんなで食事をしよう~という事で、戸惑ったのですが断ると失礼だと
思い行ってみると、なんと一緒に出張に来ている会社の方達だけでなく、取引先の
会社の社長サンや部長サンも一緒だったのです・・・・一瞬冷や汗。そして場違いな私。

私の席の横が取引先の課長サンが座っており、話せないのでとりあえずお決まりの笑顔で。

何も話さないのは失礼なので、とりあえず「これはニョニャ料理ですか?」と聞いた所、
課長サンは「これはニョニャじゃなくて中華料理だよ。じゃぁ明日はニョニャで」
それにしてもなんたる中学英語・・(苦笑)ほんと笑われてしまいそうっす・・・

ここが日本ならば「一緒にお食事させてもらうなんて恐縮ですので、明日はご遠慮させて
もらいます」と言えるのに、ここでは言葉につまり、NOと言うのは失礼か?なんて頭で
考えているうちに話題が終了。

そんなこんなで、今日はニョニャ料理になったと思われます。。

一度はお誘いは断ったのですが、結局ご一緒させてもらう事になりました。。
あぁ申し訳ない、、、かえって相手に気遣いさせてしまった上に、
しかもニョニャ料理になった理由って私ですか?状態で・・・・

今日は違った課長サンがおもてなし。どうやらマラッカのレストランは火曜休業が多いらしく、
行く店、行く店、全てお休みで私がなぜか焦りました。

まさに「あの・・ニョニャじゃなくてもいいんですけど、、ごめんなさい」状態。

そんなこんなでようやく営業しているニョニャ料理でディナー。

さて、初ニョニャの感想は、中華?いや、インド?いや、タイ?
とてもおいしかったのですが、とにかく東南アジアの料理といった感じでした。
私にとって、マレーシア料理もニョニャ料理も一緒。区別がつかない~

どれも同じように感じてしまうのですが・・・・

でもそれくらい、どの料理もマレーシアはおいしいです。

相変わらずパクチーは食べられない私ではありますが・・・

こうしてマラッカ最後の夜もひたすらスマイルで終了したのでした。

by terumi : 05:41 PM

January 07, 2008

「 マラッカ3日目 」

今日は1日部屋にこもって調べモノ。

実は来月フランスに行く予定なのですが、ツアーではないので全て決めなければ
ならないのですが、フランスまでの往復チケット以外は何も決まっていない状況。

もう1ヶ月も切ってるのにどうしよう!!!!

と気持ちだけは焦るものの、情報量の多さに半ばうんざり。。。

なにせ今まで訪れた事のないフランス。
その私が旅程立てるってかなり無理なのでは?と思ったり・・・。

TGV(フランスの新幹線)も今日初めて知った状態。
これは相当勉強が必要のようですねぇ・・・

いつも同期旅行のツアー計画はしてましたが、今回は規模が違いすぎる(涙)

とにかくがんばります、、、だいたい地理感覚もわからないのが痛い!

結局、この日はパリからモンサンミッシェルまでの行き方を調べて終了したのでした。

by terumi : 05:40 PM

January 06, 2008

「 マラッカ2日目 」

朝食を取ってから、ガイドブックで色々調べ、午後からマラッカ観光へ。
今日は昨夜の大雨と打って変わって晴天でラッキー!

ガイドブックに載っている史跡を片っ端から制覇する事に。

まずは、いきなりなのですが昼食時だったのでランチを。。。
マラッカはチキンライスが有名とかで、早速お店に。

中でも、夫の同僚の方がすすめてくれたチャイナタウンの入口のお店に行ってみました。
さすが人気というだけあって、店先から長蛇の列・・・・。

入口では店主らしき人が、ガンガンッ!と蒸しあがった鶏をさばいています。
ようやく順番が来て中に。小さい店内はこれでもかというくらいギュウギュウ。

明かりもない自然光の中で、狭いテーブルかつ相席でチキンライスと飲み物オーダー。

飲み物を聞かれ、とりあえずレモンジュースを。

こちらのフルーツジュースは、甘いのが多く、時たま激甘だったりするので、
あえて蜂蜜と明記されてないものにしたのですが、これが目が覚めるくらいすっぱい~~。

マレーシアのチキンライスは、日本のチキンライスとは違います。
日本のチキンライスはケチャップでからめたものですが、こっちはご飯にチキンがのってるだけ。
そのままやん・・・と思わず突っ込みたくなるような代物です。

ですが、ここのチキンライスは違いました・・・何が違うかというとご飯~

手前の丸いボールは、練り物ではなくてれっきとしたご飯。おにぎりのお団子みたいでキュート。
このお団子ご飯、実は鶏を蒸したダシで炊いてるらしく、マラッカのチキンライスは、チキンが
有名ではなくて、あくまでこのライスが有名らしい。(後日発覚)

ほのかに塩の味がして、なんだかジューシーでとてもおいしかったです!これはオススメ!!
ただ、汚い店の割にはちょっとお高かったような気がします。やはり観光地だから?

ようやく観光スタート。

まずはカンポン・クリム・モスク。

ペナンでもよく見かけるモスク。モスクとは、ムスリム(イスラム教の人達)がお祈りを捧げる所。

しかしながら、モスクというとタージマハルのような形がほとんどなのに比べ、こちらは東洋チック。
どうやらスマトラ建築様式を取り入れたモスクに仕上がげたらしく、とても珍しいとか。
近くにあるお店の店主曰く「この辺りは、マレー人女性と中華系男性が結婚したババ・ニョニャ文化が
根付いているので、このモスクは中華系の建物で作られてるんですよ」だとか。あくまで私の推測翻訳
なので間違ってたらごめんなさいーー。その近くに歴史あるカンポン・フル・モスクも同じだとか。。

ちなみに私達はイスラム教徒ではないので、中の礼拝堂には入れません。あしからず・・・

更に先に進むとお寺が!なんだか台湾チックな寺院。そういえば年明けにどこも参拝しなかったの
こちらで参拝・・・・。何の神様かも理解せずに合掌。今年も良い1年でありますように・・・

その後、チャイナタウンを出てから対岸にあるサン・フランシス・ザビエル教会へ。

社会の教科書でおなじみのフランシスコ・ザビエル。どうやらマラッカにも縁があったそうで、
この教会はザビエルに敬意を表して建てられたカトリック教会だとか。

その後、オランダ広場からほど近いサンティアゴ要塞へ。
ポルトガル軍がオランダとの戦いに備えて16世紀初頭に建設。
作られた当時は巨大な城塞だったものの、現在は門だけが残されています。

それにしても今日は暑い・・・晴天で助かりましたが、暑すぎます。。。

めんどくさがりや、かつ、日焼け止め嫌いな私はこのマレーシアで一度も日焼け対策はしておらず・・・

昨夜、久々に鏡で自分の顔をしげしげと見ていると大きなシミが顔に出来てて大ショックー!!!!
やっぱりすべきだったと・・・後悔先に立たず・・・・。。
今日も更に焼けてしまうやんー!!と一人焦りつつも、要塞横にあるマラッカ・スルタン・パレスへ。

マラッカの史跡めぐり(たいした事はないですが)は、小規模だからか入場料無料の所がほとんど。
ただし、このマラッカ・スルタン・パレスは3RM(およそ110円ほど)と有料。
中に入ると、キンキンに冷えたクーラーの冷気が・・・さすが有料だけあります・・・・。

スルタンパレスの中には、昔の王様の部屋などが展示されており、これといって見所はありません。

でもクーラーで疲れた体を癒すことが出来ます。いわば休憩所のような感じでしょうか・・・

そろそろ夕食時になってきたのでレストラン探し。
これが結構大変で・・・ホテル周辺で探そうと思っていたので、なかなか良い所にめぐり合えず・・・

とりあえずチャイナタウンを歩いていると、週末に開催されるナイトマーケットがされてました。
人ごみもまばらで、非常に静かなナイトマーケットかなと・・・屋台なんかは活気づいていましたが、
非常にのんびりとしたナイトマーケットでした。

せっかく見つけたニョニャ料理のレストランには「閉店しました」と断られるし、仕方なくニョニャとは
全く関係のない、橋を渡ってすぐ左にあるオシャレなバー、HARPER'Sへ。

オシャレでしたが、どの料理もちょっと高かったような・・・気がします。
雰囲気はマラッカイチだと思いますが、、

夕食後は、チャイナタウンを散歩。ナイトマーケットもされていますし、治安も良いとおもいます。

通りにある美しいババ・ニョニャ建築の家がライトアップされていました。が、ピンクってどうよ??

かわいいけどなんだかエロティック~非常に艶かしい一角に感じたのは私だけでしょうか?
もちろん昼間は、資料館やアンティークショップが連なる普通のチャイナタウンなんですけど。。

by terumi : 05:40 PM

January 05, 2008

「 マラッカ1日目 」

夫の出張に伴い、今日から5日間マラッカで過ごす事に。

あまりに何もない部屋なので年末に観葉植物を購入したのですが、前日になってはじめて、
不在中の水遣りはどうすべきか?という問題に直面してしまいました・・・・。
なにせ今まで5日間も無人にした事がない我が家。

どうする事も出来ないので、とりあえず朝から大量の水をあげ、やるだけの事はやった・・・
と荷物のパッキング。

さぁ出かけるか!という時点になって、部屋の戸締りをしていると・・・

どうやら大量の水をあげすぎたのか、床が水浸しでプチ浸水状態に(大汗)

あぁぁぁーーーなんでこうなるの~~~と一人情けなく思いながら慌てて拭き掃除をした私です。
それにしてもお水のやりすぎには注意ですね。。危うく電子機器まで水浸しにしてしまう所でした。

そんなこんなで、早朝から床掃除をし、飛行機でKLへ。

実は、今までシンガポール経由でしかペナン入りした事がなかったのでKLの空港ははじめて。。
ビックリするくらい人がいなくて大丈夫か?と思ってしまったのですが・・・あまりにも閑散としすぎ。
国内線だったからか?それとも国際線もこんな感じなのか?よくわかりませんが、
これでよくやっていけるなぁ・・・・と心配するほどの閑古鳥状態でした。

マラッカには鉄道が通ってないので、車に乗り換えひたすら高速道路を走ります。
空港周辺は本当に何もない所で、果てしなくジャングルのような林が続く続く・・・・。

2時間後、ようやくマラッカに到着です。

マラッカは、ポルトガル→オランダ→イギリス→日本と様々な国に占領され、
西洋風の建物も今なお姿を残す、マレーシアで一番歴史のある街。

手前に写っているのはトライショーという観光客向けの人力タクシー。簡単に言うとチャリタクですね。
ペナンにもありますが、マラッカのあまりのセンスの悪さに閉口してしまいました・・・。
なんなんだ・・・この造花の派手派手しい飾りは・・・しかもユーロビートみたいな音楽付。
ペナンでも乗った事はありませんが、ペナンのものはもっと風情のあるトライショー。
もちろんここでは乗る気にもなりませんでした・・・だってダサすぎーーー
一体誰のオススメでこんな風になったのでしょう・・・(苦笑)誰か教えてあげればいいのに~

マラッカは予想通り小さな小さな町でした。1日あれば徒歩で十分観光出来る広さです。

ホテルに荷物を預け、とりあえずガイドブック通りに観光してみました。

ここがマラッカ観光の中心部であろうオランダ広場。

広場にはたくさんのトライショーが客待ちをしており景観を損ねています(笑)
しかも、各トライショーから好きな音楽を流してるのでうるさいのなんの・・・
音楽のほとんどがユーロビートやハウスもの。なぜにマラッカでダンスミュージック??

お次はオランダ広場の前を流れるマラッカ川の対岸にあるチャイナタウンに。
ちなみにマラッカ川クルーズというのがあるそうで、45分間のボートタイムをお楽しみ出来るとか。
実は、私達以前に夫の同僚夫妻が訪れたそうなのですが、「乗らなくてもいいかも」とのご感想。

マラッカのチャイナタウンは非常に観光地化されており、とても綺麗でした。

中でもジョンカー通りは骨董品街で有名で、多くのアンティークショップが店を連ねています。
年代モノの仏像が所狭し並ぶ店内は異様な空気につつまれています・・・。

タイに行ってから、アジアンテイストの雑貨にハマった訳ですが、心惹かれる仏像はありましたが、
さすがに見えぬ何かがついてそうな勢いだったのでやめておく事にしました。。
店主に聞く所によると、ほとんどがタイ、カンボジア、ベトナムからのアンティーク輸入だとか。

なんだか賑わっているお店があったので入る事にしました。

場所は橋を渡って真っ直ぐ徒歩5分くらい歩いた右手にある「大宝」という看板のお店。

どうやらこのお店では、店先でスタッフが作ったものを自分で運ぶ・・セルフサービスのお店でした。
セルフとは言えないくらい、内装は古き良きマラッカの雰囲気が漂いとっても素敵。
よく目を凝らして見て見ると、あちこち壊れてたりと小汚いのですが、そこはご愛嬌。。

ここではアイスカチャンが有名らしく、1つ食べてみる事にしました。

ペナンとまた違った感じで、こんもり盛られたスノーアイスに黒糖のような蜜がかかってて美味。

吹き抜けの天井から自然光が燦燦と降り注ぐ中、頭上ではファンがまわっています。
その回転するファンの影がテーブルに映って、なんともノスタルジック。
決して綺麗ではないけれども、香港映画に出て来そうなシーンにうっとり・・・。

その後、チャイナタウンを一周し、ホテルへ。今日のお泊りはエクアトリアル・マラッカ

目の前にカルフールや大きなショッピングモール、オランダ広場まで徒歩5分と好立地。

外はバケツをひっくり返したような大雨だったのでホテルで夕食を。

ガイドブックにも掲載されている、勘八という日本料理屋。
日本食が食べられると思うと嬉しくて嬉しくて嬉しくて・・・それほど恋しい日本食。
毎日、日本食を作ってはいるのですが、生魚は滅多に食べられないのであります。

入店するとなんだか様子が変・・どうやら今日はビュッフェデーらしく、ビュッフェという
言葉に反応してやめようかどうか悩む事しばし2分・・・ビュッフェはどうしても食べ過ぎて
しまう、もしくは料金ほど食べられないという理由で悩むのですが、せっかくなので勘八で
食べる事に。ぐるっと店内を見回すと、、、ありました!お寿司に刺身の盛り合わせ~!!

席についてから、ひたすら寿司、刺身、寿司、刺身攻撃。

刺身はなんだか水っぽいけどそれでも満足~~~~!

昔はそこまで寿司も刺身も好きではなかったのですが、、
さすがに食べられなくなると、どうしても恋しくなるものなんですかねぇ・・

これでもかっ!と言わんばかりに寿司食いだめ。至福のひとときを過ごしたのでした。

by terumi : 05:38 PM

January 04, 2008

「 年賀状 」

昨年出した年賀状、、、

年始早々に着いた人もいれば、まだ着いてない人も。。。

ムラがあるようですみません。

by terumi : 05:17 PM

January 03, 2008

「 おしるこの後始末 」

元旦に作ったおしるこ。

そのおしるこを飽きる事なく、昨日も飲んだのですが、さすがにもう賞味期限が
ヤバイのでは??と思ったので、今日は後始末を、、、、

おしるこを利用したあずき寒天。

昔、母が作ってくれたあずき寒天の味を思い出しながら作ってみたのですが、
母の味には及びませんでした・・・やはりレシピを伝授してもらうべきだったか??

作り方は簡単。

水でふやかした寒天に、あずきを入れるだけ~

ただ、母はおしるこから作ってはいませんでしたが(苦笑)

缶詰のあずきを使うとうまく出来るそうです!

あとは水加減。この水加減が寒天の柔らかさを左右するのでコツをつかむまで
まだまだ時間がかかりそうです。実践あるのみですね・・・

by terumi : 05:10 PM

January 02, 2008

「 相変わらず風邪っぴき 」

ペナンは今日から仕事初め。

え?昨日正月でしたっけ?と言わんばかりのフツーな1日。

どうやらお正月は、マレー人にとってはクリスマスのような感じらしく。

結局、寝て、寝て、寝て、、、な1日でした。

早く良くなりたい・・

by terumi : 09:40 PM

January 01, 2008

「 A HAPPY NEW YEAR 」

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします!

昨夜より更に風邪が悪化しました~最悪な年明けです~!

おかげで、昨日おせち料理も作れず、そして朝から御雑煮も作れませんでした(涙)

なんだか全然お正月らしくない新年・・・・。

さすがにお正月なので、夕食に御雑煮とぜんざいを作りました。

それ以外はずーーーーっとベッドで死人のように寝てました。

これぞまさに寝正月!?(苦笑)

こんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって素敵な2008年でありますよう・・・

by terumi : 05:33 PM